薬味の代表格、土生姜。

一度にひとかけらしか使わないから、新鮮なうちに使い切るってなかなかできませんね。

ましてや小さな子供がいると、生姜が苦手な場合も多くてしょっちゅうは使えないし。

野菜室に入れていたのに、いつの間にか白いカビが生えていたってことありますよね。

 

お気楽ママ
あの白いカビって大丈夫なのかな?
取り除けば残りは使えるの?

 

と迷っているあなたの疑問にお答えします。

 

実際に、生姜農家さんに白いふわふわのカビについて、問い合わせてみました!

 

さらに、

  • 一度でいいから気持ちよく使い切りたい!
  • 野菜室の隅っこで干からびてるのを見たくない!

 

というあなたに、生姜農家さん直伝オススメの保存方法もお伝えします。

 

お気楽ママ
生姜の保存ってよく知らないなぁ。
先輩ママ
覚えておくと一生の知恵?!
お友達にも教えてあげてね。

生姜に白いふわふわのカビが!取り除けば食べられる?

生姜農家さんに白いふわふわのカビ、取り除けば食べてもいいのか聞いてみたところ…

申し訳ございません、判断材料を持ち合わせていません。

との返事。

 

カビさえ取り除けば食べてもいいとも、食べてはいけません、ともいわれませんでした。

 

 

とはいえ、

生姜に白いふわふわ…それは立派なカビです。

 

食べるのはやめておきましょう。

 

生姜や里芋によく生える白いカビですが、カビとカビのまわりに有害な物質が含まれているかどうかは、見た目で判断できません。

カビにはなんと8万種以上も種類があって、色や形で区別できるものではなく、目に見えないカビもあります。1)

また一度生えたカビは表面だけじゃなく、菌糸が内部にまで入り込んでいて、切り口がキレイでも安心できません。

 

ふわふわのカビが生えたしょうがのイラスト

 

お気楽ママ
火を入れてもダメなの?

カビによっては熱に弱いものもありますが、ある種のカビが作るカビ毒(カビが生みだす化学物質)にいたっては、加熱しても死滅しないものがほとんど。2)

う~ん、知らなかったですね!

たしかにカビの部分だけ取り除いて使ったことがあるし、昔おばあちゃんがカビの生えたところを取り除いて焼いて食べたいた、なんてこともあります。

でもそのカビに毒性があるかどうかは専門家でも見た目では判断しないそうですし、カビの生えていたものを食べると健康に悪影響を与えることもあります。

生姜でよく見かけるカビではあっても、カラダへの影響をゼロにするには、丸ごと廃棄するのがいちばんです。3)

表面がぬるぬるの生姜はどう?

お気楽ママ
白カビのつぎに気になるのが
生姜の表面のあのぬるぬる。

どうせスグ使うからって、買ったときのビニール袋の口を輪ゴムでとめ、しばらく冷蔵庫にいれっぱなしにしておくと…。

汗をかくというか、皮の表面が湿ってぬるぬるしはじめます。

 

先輩ママ
生姜農家さんに問い合わせたところ、そのまま放っておくと、あの白カビの原因にもなるとか!

 

なので皮が湿っていたらそのままにせず、水分を取り除いて乾燥させ、ラップして冷蔵庫に入れたほうがいいんです。

白カビが発生する前にきっちり処理しておきましょう。

 

ここでちょっと耳寄り情報!

 

生姜農家では、収穫後の生姜は一定の温度に保たれる冷暗所で保存しているところが多いそうです。

お気楽ママ
冷暗所って?
先輩ママ
その名のとおり、冷えていて暗い場所。
温度が一定(1〜15度)に保たれていて、直接日光が当たらない場所のことをいいます。

一軒家でいうと、

  • 野菜室
  • シンクの下
  • 床下

などが冷暗所といえますね。

冬であれば、乾いた生姜をラップでくるんでダンボール箱などに入れ、寒いところかベランダに出しておいてもいいですね。

お気楽ママ
じゃあ買ってきた生姜はすぐに冷蔵庫にしまわなくてもいいってことね。
先輩ママ
そうですね!
次では長持ちする保存方法を、冷蔵・冷凍・乾燥に分けてもっと詳しく説明しますよ。

生姜を長く持たせる保存方法は?

生姜の鮮度を保ちながら長持ちする方法を3パターン紹介します。

乾いた生姜をラップして野菜室に入れて保存する一般的なやり方のほかに、オススメなのが次の方法です。

  1. 冷蔵保存…丸ごとかスライスし、密閉して冷蔵する
  2. 冷凍保存…すりおろす・刻んで冷凍する
  3. 乾燥保存…天日干しして空き瓶などに保存する

 

1つずつ説明していきますね。

1.冷蔵保存…空き瓶やタッパーに入れて冷蔵する

密閉できる容器に入れて、生姜がかぶるくらいの水に浸けておくと新鮮なまま保存できます。

丸ごとでも、スライスしてもOK、このとき2日に1度くらいお水をとり替えます。

  • 保存のめやすは2~3週間

2.冷凍保存…すりおろす・刻んで冷凍する

しばらく使わないかも、というときは迷わず冷凍しましょう!

 

 

 

生姜をすりおろすか細かく刻んでフリーザーバッグに入れます。
バッグに入れるときは平たくならし、封を閉じてから軽く区切っておくと後がラク!
凍っていてもサッと取り出せます。

いちいち刻んだりする手間がなくなり時短、風味・香味も生きてるからオススメです。

  • 保存のめやすは1~2ヶ月
先輩ママ
ほんの少しお酢を混ぜておくと、
色がキレイなままに!

3.乾燥保存…天日干しして空き瓶などに保存する

これは少し手間がかかりますが、生姜の風味が凝縮され、乾燥することで栄養価もミネラル分もアップ!

体を温める効果も倍増するとか。

 

乾燥生姜の作り方
  • 薄くスライスしてザルに広げ、2~3日ほど天日干し
    パリッとしたら空き瓶へ、乾燥剤をいっしょに入れておくとベストです。
  • 電子レンジでも作れます
    耐熱皿に重ならないように広げ、600Wで5~6分。
    加熱中は焦げないように様子をみておきます。

 

長期保存が可能です。

  • 保存のめやすは半年

ただし、自分で作る場合は完全に乾燥していない場合もあるのでカビが生える場合も!

長期保存になりそうな時は、冷蔵庫に入れておきましょう。

先輩ママ
煮魚や煮込み、風邪ひきさんのおかゆなどにお役立ち!

※衛生面および保存状態によっては体調不良を引き起こす場合があります。
必ず清潔な状態でおこない、過信せずなるべく早めに使ってください。

 

生姜と同じく冷蔵庫のすみで眠らせがちなにんにくについてはこちら→にんにくは冷蔵庫で保存する?長持ちさせるコツは?

 

参考:1)カビは加熱すれば食べても大丈夫か 出典 : 保健同人社 「暮しと健康 2007年6月号」
2)かびとかび毒についての基礎的な情報  農林水産省
3)食品のかび毒に関する情報 消費者の方へ 農林水産省

最後に

お気楽ママ
ではこの記事のおさらいを!

 

  • 生姜に白いカビが生えていたら廃棄する
  • ぬるぬるはカビの元にもなる
  • 新鮮なまま使い切るにはひと工夫
  • 冷蔵保存するなら密閉容器で水にひたす
  • 冷凍すれば時短で新鮮
  • 乾燥生姜は栄養価がアップ

 

生姜の保存方法って、そんなに特別なことはありませんでしたね。

なのでお料理の知恵としてちゃんと実行、ちゃんと生姜を使い切りましょう!

ちなみにうちの場合は冷凍保存とチューブの生姜を使いまわしています。

冷凍保存のほうが切れちゃうこともあるし、チューブ入りのほうがあっさり香味で料理を選ばないこともあるからです。

それに「わっ、生姜がない~」とスーパーに走る時間もないくらい急いでご飯を作ってることが多いので、チューブ入りがあると安心。

個人的には時短のためにも、冷凍保存とチューブ入りの併用をオススメします!



関連記事はこちら!