お弁当によくリクエストされる唐揚げなんだけど、朝から揚げるのって大変なのよね。
前日に揚げて翌日のお弁当に入れてもいいのかしら?

注意する点はいくつかあるけど、基本的には大丈夫よ!
そうなのね。
前日に揚げてもいいのなら助かる~!
ぜひその注意点など教えて欲しいわ。

お弁当の定番メニューである唐揚げ。
朝に下ごしらえをしてから揚げるのは時間もかかるし、油の処理も大変ですよね。
そのため、前日のうちに揚げておいて、翌日のお弁当に入れることが出来れば大助かり!

そこで今回は、お弁当の時短を目指す方必見!

お弁当に入れる唐揚げに関して、

  • 前日に揚げて、翌日のお弁当に入れても大丈夫か
  • 前日揚げた唐揚げをカリカリに復活させる技
  • 当日揚げる場合の時短テクニック

などを紹介します。


唐揚げは翌日のお弁当に入れてもOK!

お弁当に入れる唐揚げは、前日に揚げておいて、翌日のお弁当に入れても大丈夫です!

その理由は・・・
揚げ物を当日揚げるのは、食中毒にもつながる菌の繁殖を防ぐため
そのため、菌を繁殖させないよう一手間加えることで、前日に揚げた唐揚げも翌日お弁当に入れられるのです。

それでは、菌を繁殖させないための注意点を紹介します。

菌を繁殖させないために守る注意点

菌を繁殖させないためには、以下の3点に注意しましょう!

  • 調理器具などは清潔にしておく
  • 熱を完全に冷ましてから冷蔵庫で保存する
  • 揚げておいた唐揚げは次の日中途半端に温め直さない

それぞれもう少し詳しく説明しますね。

調理器具などは清潔にしておく

唐揚げを翌日に弁当に入れる場合の注意点

お弁当作りに必要な以下のものは清潔に保ちましょう。

  • 調理器具や食器洗いスポンジは常時清潔にしておく
  • まな板・包丁・箸は使いまわさず、清潔なものを使う
  • お弁当箱もしっかり洗い清潔に保つ

また、食べ物に直接手が触れないようにし、おかずを詰める時は菜ばしを使うようにしてくださいね。

熱を完全に冷ましてから冷蔵庫で保存する

揚げたてのものを手早くしっかり冷ますことが大切です。

揚げ物の衣についた油は、空気に触れるとどんどん酸化し、油の風味が強く感じられおいしさが損なわれます。
そのため、前日に揚げた場合は、出来るだけ空気に触れないようしっかり密封した状態で保存し、できる限り早く消費しましょう。

具体的には、唐揚げをしっかり冷ましたらキッチンペーパーに包み、タッパーやフリーザーバックで冷蔵、または冷凍してください。


 このようにキッチンペーパーに包んでから、フリーザーバックに入れ冷凍するのがオススメ!

揚げておいた唐揚げは次の日中途半端に温めなおさない

揚げておいたものを中途半端に温めなおしてしまっては、菌の繁殖につながってしまうので絶対にやめましょう。

保冷バックや保冷剤を使って、冷えた状態のまま持っていくようにしてください。

保冷バックに保冷剤を一緒に入れ、お弁当の温度を10℃以下にキープ。
そうすることで、細菌の繁殖を抑え、お弁当が傷みにくくなります。
ちなみに、お弁当を挟むよう上下に保冷剤を使うとより効果的ですよ。

しかし・・・
冷め切った唐揚げは決して美味しいとはいえません。
そこで、中途半端がダメなら、しっかり温めなおし、よく冷ましてからならお弁当に入れても大丈夫です。

次に、「前日に揚げた唐揚げを温めなおし、カリカリに復活させる方法」を紹介します。

前日揚げた唐揚げをカリカリに復活させる技を紹介!

 せっかく食べるならカリカリの唐揚げが理想だけど・・・
そうよね。
そこで、前日に揚げた唐揚げをカリカリに復活させる方法を紹介するわね。

前日に揚げた唐揚げをカリカリに復活させる技!

この一手間を朝加えるだけで、朝揚げた?というくらいカリカリになりますよ。

ポイントは、前日揚げた時にしっかり油を切っておくことです。

当日の朝、

  1. オーブントースターにアルミホイルを敷く
    →アルミホイルをクシャクシャにしておくと、アルミホイルに唐揚げがくっつきにくくなる
  2. その上に唐揚げを置き、アルミホイルでフタをするようにかぶせて温める

衣の表面をチェックして、油がフツフツとしてきたら加熱を止めます。(2~3分ほど)
そのあと3分ほどトースター内に放置し、余熱で中までしっかり火を通しましょう。
オーブントースターで加熱しすぎると焦げやすいため、目を離さないようにしてくださいね。

必ず唐揚げをしっかっり冷ましてからお弁当箱に詰めてください。

なるほど、これなら簡単なので朝でもやれそう!
でも、時間があれば朝に揚げるのもありよね。
そうね。
その場合に知っておくとよい時短テクニックも次に紹介するわ。

当日揚げる場合の時短テクニックを紹介!

当日に揚げたい方への時短テクニックも紹介します!

やはり当日に揚げた方が、柔らかみのあるジューシーな唐揚げに。
そこで、どうしても朝揚げたい方は、せめて下味だけでも前日に準備しておけば時短となるのでオススメです。

では、前日にしておける下味のテクニックを紹介しますね。

前日にしておける下味テクニック

以下の材料を全部混ぜて、しっかりお肉に揉み込みましょう

下味の調味料
  • 醤油・・・大さじ1
  • みりん・・・小さじ1
  • 酒・・・小さじ1
  • 生姜、ニンニクすりおろし・・・少々
  • 塩胡椒・・・少々

半日漬け込めばしっかり味が染み込むので、次の日に揚げるとお肉自体が柔らかく仕上がりますよ!

唐揚げをお弁当に詰める場合にキッチンペーパーは必要?

唐揚げをお弁当に詰める場合、キッチンペーパーは必要かしら?
私も気になって、なにを敷くのがいいかいろいろ試したので参考にしてね。

お弁当に揚げ物を入れると、他のおかずも油っぽくなったり、お弁当箱が油でギラギラになり洗うのも大変に。
そうならないために、以下の物を使う方法で実際に試してみました。

  • キッチンペーパー
  • ワックスペーパー
  • アルミ紙のおかずカップ
  • そのまま

「実際どうだったのか?」、それぞれの結果を紹介します!

お弁当の唐揚げを翌日に詰めるときにキッチンペーパーは必要?

以上のように、それぞれよい点・悪い点があったの。
だから、なにを重要視するかで選らぶといいと思うわよ!
そうね。
私はお弁当箱がギトギトになるのは避けたいし、見た目にもこだわりたいので・・・
おかずカップにするわ!

 

まとめ

今回のポイントをまとめます!
  • 唐揚げは前日に揚げて翌日のお弁当に入れても大丈夫
  • 前日に揚げた唐揚げを翌日に入れる場合は、衛生面に十分注意する
  • 前日に揚げた唐揚げはきっちりと油をきり、よく冷ましてから冷蔵・冷凍で保存
  • 前日揚げておいた唐揚げは中途半端に温めなおさない
  • 当日温めなおす場合は、オーブントースターを使いしっかり温める
  • 温め直した場合もしっかり冷ましてからお弁当箱に詰める
  • 当日に揚げたい場合は、前日に下味をつけておくと時短になり、味もなじむ

お弁当に人気のある唐揚げが、前日に揚げておけるのは嬉しいですよね。

それでもやっぱりジューシーさを求めるならば、下味だけでも前日にしておけば味がしっかり染み込み時短になります。

どちらにしても、お弁当に入れるのですから、衛生面や保存方法には十分注意して美味しく安全なお弁当になるよう心掛けましょう!



関連記事はこちら!