悩めるママ
悩めるママ
回答って書いてあったり、解答って書いてあったりするじゃない?
あれって、こういう時はどっちっていうの意外と知らない人多くない?
私もだけど・・・
確かに。
本当はこの字じゃないのにっていうのも、たまにあるのよね。
先輩ママ
先輩ママ

そこで今回は、【回答】【解答】について

  • 違い
  • 意味
  • 使い分け

に分け、分かりやすく説明したいと思います。


【回答】と【解答】の違いは?

悩めるママ
悩めるママ
ズバリ、その違いって何なの?
説明するわね。
先輩ママ
先輩ママ

質問に答えることが、回答

問題に答えるのが、解答です。

つまり、聞いたこと(質問)に対して返事することが回答で、テストなどの問題の答えを考えて解くことが解答になります。

解答には答えがありますが、回答はそれぞれの考えによるものなので、正式な答えはありません。

もっと詳しく理解するために、それぞれの意味を分けて説明するわね。
先輩ママ
先輩ママ

【回答】の意味は?

質問や、こうしてくださいという要求に対して返答をするのが、回答の意味です。

似たような言葉でいうと、

  • 返事
  • 答え
  • 返答
  • 応答
  • 受け答え
  • 答弁
  • レスポンス

ということですね。

回答の「回」という文字という字自体に、まわす・まわる・めぐる・めぐらす・かえすという意味がありますが、答えは答えでも返事と同じような意味があるということです。

正式な答えがないからこそ、それぞれの考えがその答えになります。

悩めるママ
悩めるママ
確かに、回と答、答えをめぐらせるという意味では、返事というとピンと来るわね。
でしょ?
次に、解答の意味を説明するわ。
先輩ママ
先輩ママ

【解答】の意味は?

問題を解いて(考えて)、答えを出すことが解答の意味です。

回答のように返事をするのではなく、頭の中で答えの筋道を立て答えを導き出し、考えて解くこと。

こちらも似たような言葉で考えると、

  • 解く
  • 解き明かす
  • 解決
  • 解法

など、答えを「解く」と文字から考えると、間違えないかもしれませんね。

正式な答えを導き出す、答えがあるからこそ、そこを解くために考えるというものです。

模範解答という字はありますが、模範回答という字はないということを考えると・・・

そっか、回答には答えがないから、模範解答は正式な答えがある「解答」なんだということがわかりますよね。

悩めるママ
悩めるママ
おぉ〜!
納得!

【回答】と【解答】の使い分け!

じゃあ、こんな時はこっちという使い分けについて、それぞれに分けて説明するわね。
先輩ママ
先輩ママ

こんな時は【回答】

  • アンケート
  • インタビュー
  • メールに対する返事
  • 大喜利

などの時は、回答という文字の方です。

例文で出すと・・・
先輩ママ
先輩ママ

「こちらのアンケートに回答ください。」

などというような使い方をします。

こんな時は【解答】

  • テスト
  • クイズ

などの時が、解答になります。

こちらも例文を出すと・・・
先輩ママ
先輩ママ

「先日のテストの解答を配布しておりますので、ご覧ください。」

など、正式な答えがある場合に使いましょう。

最後に

ポイントをまとめますね。
先輩ママ
先輩ママ
  • 質問に答える→回答
  • 問題に答える→解答
  • 正式な答えがない→回答
  • 正式な答えがある→解答

 

いかがでしたでしょうか?

意味を知ると、そっか!

もう間違えない!

そう思われた方、多いのではないでしょうか?

ここをしっかり覚えておくと、けっこう間違えた使い方をしているものに気付けたりしますよ。

【副業に興味ある方必見】隙間時間にライターをしてお小遣いを稼ぎませんか?





関連記事はこちら!