「サラダをお弁当に持って行きたいけど、どんな容器に入れるのがいいのな…。」

最近太ってしまった私。そして子連れでお出かけの際にはお弁当は欠かせない我が家。そんな時、お弁当にサラダを持参できないか気になって色々調べてみたんです!

私もサラダを持参したい主婦として知りたいです!
今や健康志向の世の中!持ち運ぶコツ教えます!!

少しでも野菜をとりたいし、かといってお弁当といえばサラダ!という概念がなかったので腐るんじゃないか?ぬるくても美味しいの?など疑問が山ほど!いい容器があればなおさらいいですよね!

今回はそんな私と同じ悩みを抱えた読者の方に朗報です!

  • こんな容器いかがでしょう?
  • サラダを持ち運ぶコツ!

などなどお教えします!

 

Sponsored Link

お弁当にサラダを持って行きたい!おすすめの容器は?

容器は持ち運ぶ用途により2つのタイプに分かれます。

  • サラダのみを持ち運べる保冷剤一体型タイプ
  • 他の具材も一緒に持ち運べるタイプ(保冷材は別)

サラダを持参する際に少量でなおかつできるだけ全体の冷たい状態を保ちたい!というあなたにオススメは保冷剤ジェルがすでについているタッパーがオススメです!

これなら全体を冷たいまま保管できるので暑い日なんかにはいいですね!なおかつ、保冷剤が溶けてお弁当袋が濡れてしまう心配もありません。

保冷剤付きタッパー 価格(税込):1,080円

保冷剤付きタッパー

rakuten

見た目も気にしたいあなたにおすすめはこちら!

クールサラダポット 価格(税込):1,480円

9875890-2

こちらは上記の商品同様前日に凍らせておいて中にサラダを入れて持ち運ぶタイプのものです。

rakuten

一般的なものでオススメは容器と保冷剤を一緒に持ち歩くことのできるもの、これは家族をお持ちの方にオススメです!容量も大きいので色々詰めて保冷剤をカバンに入れれば完成。サラダだけではなく全ての食材を一気に持ち運べます!

ランチボックスセット 価格(税込):4,087円

4973307280771_1

rakuten

持ち運ぶ用途によって容器の選択は変わってきますね!

季節によっても変わってきますね!
そうですね!どのタイミングでどのようなものを選ぶのか、あなた次第です!色々集めて用途によって使い分けるのも楽しみの一つに加えてみてはいかがでしょう!

しかし容器はきまっても、サラダをお弁当として持っていく時の注意点はあるのでしょうか?

Sponsored Link

サラダをお弁当として持って行くときの注意点は?

サラダを持ち運ぶとなると一番気になるのはその傷みやすさ!その点からもお弁当には不向きとされてきましたよね!

入れる際の注意点さえ押さえれば今はお弁当にサラダも主流なんですよ!

注意点

  • 保冷剤を使う(出先に冷蔵庫がない場合)
  • 水分をしっかり切る
  • ドレッシングは食べる直前に
  • お酢を活用
  • 腐りやすい食材は避ける

以上5つのポイントを押さえましょう。

保冷剤を使う

まず、サラダが傷んでしまう原因は熱です!夏のように暑い季節や、冬でも暖房がガンガンのところでは傷みが早く腐ってしまいます。それを回避するためには保冷剤を使いましょう。

冷たい空気は上から下に流れるので保冷剤はお弁当の上に乗せて持ち運ぶこと!保冷剤を入れているからと安心せずにできるだけ涼しいところで保管しましょう!

水分をしっかり切る

サラダを入れる際にはしっかりと水分を切ってください。これをすることでだいぶ傷みを抑えられます。前日から仕込んでしまうと水分が出てしまうため、夜寝る時にザルにサラダをあらかじめ用意して起き、翌朝お弁当に入れるとしっかり水分も切れますよ!

ドレッシングは食べる直前に!

サラダの水切りと同じ理由で水分を含むと痛みが早くなるので、ドレッシングは食べる直前にかけましょう!

お酢を活用

調味料として活用されるお酢は傷みを制御する働きがあるとされています。他にも酸化防止防腐効果があるのでオススメです。

前日に仕込む際に水洗いした野菜にお酢を小さじ1ほどかけてボールに保管し、翌朝水切りが済んだら詰めても良いですし、ピクルスのようにお酢につけておいても良いですね!
腐りやすい食材を避ける

腐りやすい食材を幾つか挙げてみます。

  • 芋類
  • ハムなどの火を通していない生肉食品(ソーセージや燻製も避けてください)
  • それを活用したポテトサラダ

こういったものは傷みが早いのでお弁当には不向きです。

逆に卵はしっかり火を通しておけば大丈夫です。

ではドレッシングなどは何に入れていけばいいでしょうか?
なかなか生で野菜サラダは寂しいですものね!ご紹介しましょう!

ドレッシングの容器は?何に入れる?

自宅にあるドレッシングを持参する場合はドレッシング用に容器が販売されています。その容器に入れて持ち運ぶことが一番いいでしょう。

その他にもドレッシングの小分け商品がもともとスーパーなどに売られているのでそちらを購入して保冷剤の下に忍ばせて持ち運ぶのもいいでしょう。

お弁当のサラダは前日に用意しておいてもいい?

サラダ自体は前日に作ってしまうことがベストです!が、ここで注意していただきたいのは、前日にお弁当箱には絶対に詰めないこと!詰めてしまっては元も子もありません。

なぜなら、上記でご紹介したようにサラダのお弁当にとって、一番しなければいけないことは水分を切る!という作業!前日に仕込む際は弁当箱とは別のボールに水洗いした野菜をセットして半日水切りをしましょう!

どうしても当日作りたい!という方はせめて水洗いしてから30分は水切りをしてから詰めるのがいいです。

関連記事:

まとめ

  • サラダをお弁当として持ち歩く際にはその用途によって容器を使い分ける必要がある
  • お弁当にサラダを持参する際に注意すべき5つの条件は守ること
  • ドレッシングは専用容器に入れて持ち運ぶか、ドレッシングの小分けを購入して持ち運ぶ
  • サラダは水切り作業があるため前日に仕込むのが望ましい(時間がない場合は30分は最低水切りをしてから詰める)

 

いかがでしたでしょうか?体の健康を考えたり、お財布のことを考えたりとお弁当を作る方にとってサラダは今まで悪条件の塊でしかありませんでしたが、きちんと条件さえ守れば、体にも財布にも優しい愛情のこもったお弁当のメニューがまた一つ増えますね!

私もダイエットに励むべくサラダ弁当に色々挑戦してみたいと思います。

 

Sponsored Link

関連記事はこちら

買い忘れはありませんか?