お風呂上りに使うバスマット

洗濯するタイミングに迷うことはありませんか?

私の場合

「洋服などの洗濯物と一緒に洗うのは抵抗がある!

でも、バスマットのためにもう1回洗濯機を回す時間はない!」

とモタモタしているうちに、1週間…2週間…と時間が過ぎていくことが多いのです。

 

ところがある日、ふと

そもそも、お風呂上りのキレイな足を乗せるバスマットを洗濯する必要があるの?

という疑問が出てきたんです。

そこで、バスマット事情について

  • 洗う頻度
  • 洗い方
  • そもそも洗濯は必要なのか

という点について徹底解析を行うことにしました。

独自に行った調査によって、みなさんがどのようにしているのかという点も明らかに!

私と同じようにバスマット洗濯問題で悩まれている方は、ぜひ参考にしてくださいね。


バスマットの洗濯頻度は?

みなさん、どれくらいの頻度でバスマットを洗濯しているんでしょうか?

私も気になっていました!

今回、30人を対象にバスマットに関するアンケートをとったので、その結果を紹介します。

 

調査概要
  • 調査地域:全国
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査日:2018年9月8日(土)
  • 有効回答数:30人

 

バスマット 洗濯 頻度 結果

多くの方が、週1回以上洗濯をされていることがわかります。
毎日洗う人や月1回以上と、人によってかなり差があるんですね。

洗わない人もいるんですか!?

それでは、

  • 毎日
  • 週1回
  • 週2~3回
  • 洗わない

と、洗う頻度別にその理由を見ていきますね。

毎日

  • 時間を置くとばい菌が増えそうなので。
  • 清潔にしておきたいから。
  • 家族で使うとびしょびしょになるから。
毎日洗うという方が1位!

衛生面を気にされる方が多いようですね。

週1回

  • 濡れてしまうと菌がありそうだから。
  • 衛生的に気になるが、毎日洗うのは大変なので。
  • バスマットのために2回も洗濯機を回すのがもったいないので、週末にトイレマットなどと一緒に洗うため。
週末にマット類をまとめて洗う方もおられます。

 

バスマットを早く乾かしたい方は、こちらの記事へ!

週2~3回

  • 雑菌のことを考えると本当は毎日洗いたいが、洗濯機を2度回すのが大変なので。
  • なんとなく汚れているような気がするから。
  • その頻度で洗えば大丈夫かと思うので。
「洗わない日は除菌スプレーをする」という方もおられました。

 

洗わない

  • 珪藻土マットを使っているので洗いません。

 

「洗わない」と回答されたお二人は、どちらも珪藻土マットを利用されていました。

洗濯が大変な方は、乾燥させるだけでOKの珪藻土マットがオススメです♪

 

雑菌は、湿気と温かい室温という環境でどんどん増えていきます。

お風呂上がりの足を拭くものだからといっても、体を洗う前にも足拭きマットを踏んで浴室へ入っていますよね?

また、洗っても、浴室内を歩いてバスマットへと辿り着いているので、その間にわずかな汚れが付着することも・・・。

ちょっと考えたら色々な可能性が出てきますが、詳しくは後ほどこの問題に触れております。

なので、理想は毎日洗うこと!

しかし、それが叶わない場合でも、週に2.3回を目安に洗った方がいいです。

また、洗濯をしない日でも、天日干しなど乾燥させるようにしましょう!

 

 

バスマットを他の洗濯物と一緒に洗ってもいい?

うちは5人家族なので、1日でけっこう濡れるんです。

でも、普段の洗濯物も多いのに、バスマットのために洗濯機を回す回数が増えるのは大変!

他の洗濯物と一緒に洗っても大丈夫でしょうか~?

床に敷いて足で踏むものなので、私も普段の洗濯物と一緒に洗うのは抵抗があります!

実際のところ、どうなんでしょう??

  • 一緒に洗っても大丈夫?
  • わけたほうがいい洗濯物はある?
  • みんなはどうしてる?
このような疑問を解決していきます!

一緒に洗っても大丈夫?

基本的には、バスマットと他の洗濯物と一緒に洗っても問題ないんです!

バスマット 洗濯 一緒

 

バスマットに付着する菌で一番気になるのが、水虫の原因となる白癬菌ですよね。

しかし白癬菌は洗剤に弱く、弱アルカリ性の洗剤で洗えば94%が除菌できるといわれています。

一緒に洗った洗濯物に、菌が移ることもありません。

わけたほうがいい洗濯物はある?

バスマットには、白癬菌の他にも人の皮ふにいる常在菌が付着している可能性があります。

しかしこの菌は、誰の皮ふにもいる菌で、通常人体に悪い影響は与えません。

ただ、赤ちゃんや高齢者など抵抗力が弱い方は、まれに感染症を引き起こすことも。

抵抗力の弱い方の洗濯物は、わけて洗うことをオススメします。

また、バスマットの種類によっては、毛羽が他の洗濯物についてしまう可能性も。

毛足が長いものなど素材によっては、わけて洗濯した方がよさそうですね。

 

みんなどうしてる?

先ほど紹介した調査で、洗濯の方法についても質問しているので、結果を紹介します!

バスマット 洗濯 頻度 一緒

洋服やタオルなど普段の洗濯物とわける方が半数以上ですね。

一緒に洗う方11人中8人は、毎日バスマットを洗っている方でした。

また、バケツなどで予め洗ってから、他の物と一緒に洗濯機で洗う方もおられますよ。

 

バスマットは干すだけじゃダメ?

濡れたマットは不衛生なイメージがありますが、洗濯までしなくても毎日干して乾燥させるだけでも大丈夫では?

私もそう思っています!

これから、洗濯の必要性を見ていきます。

結論からいうと、バスマットを干すだけではダメなんです!

雑菌の繁殖を防ぐには、できれば毎日洗濯するのが理想!

バスマット 洗濯 干すだけ

お風呂上りのキレイな足で乗っているから汚れていない、と思われる方も多いですよね。

しかし、洗いたての体でも皮脂や汗は出ていて、バスマットは意外と汚れているんです。

 

また、バスマットに付着した菌が汚れを栄養として繁殖することで、嫌なにおいの原因となります。

バスマットの菌によって病気になることはほぼありませんが、嫌なにおいを防ぐためにはやっぱり洗濯が必要なんです。

どうしても洗えない日の対策として、天日干しをオススメします!!

 

薄手のバスマットなら乾きも早く、気軽に洗濯できますね。

まとめ

それでは、バスマットの洗濯について、まとめます。

  • 洗濯頻度…毎日洗うのが理想!(洗わない日でも干して乾燥させる)
  • 洗濯方法…一緒に洗った洗濯物に菌が移ることはない(抵抗力が弱い方の洗濯物は別にする・毛羽が気になる素材はわけて洗う)
  • 洗濯の必要性…必要!(お風呂上りの足を拭くだけでも皮脂や汗で意外と汚れている・洗剤で洗うことでにおい防止)

 

気がついたら1週間以上洗っていないこともあるので、もう少し頻繁に洗うよう気をつけます…。

わが家では、通常はマットをハンガーに吊るしておいて、使うときだけ敷くのですが、その点は正解だったようでホッとしました♪

バスマットについては、なかなか他人に聞くこともできずモヤモヤしたいましたが、今回の調査によりスッキリ解決できてよかった~!

みなさんも、ぜひ参考にしてくださいね。



関連記事はこちら!