20代・30代は冠婚葬祭の中でも、友人や同僚の結婚式に出席する機会が多いと思いますが、40代になると悲しいかな・・・葬式に出席する機会が増えてきます。

そこで困ってしまうのが喪服

あなた喪服も持ってないの!?

40代よ!

1着くらいいいやつ買いなさいよ!

で・・・でも、喪服って高いでしょ?

失敗したくなくて。

どんものを選べばいいのかしら?

 

そう、好みの黒い服をかわりに・・・とはいかない・・・喪服。

けっこうなお値段しちゃうので、買って失敗はしたくないですよね?

実は私も急に必要になり急いで買って、あとあと着られなくなったという失敗しちゃった経験があります。

喪服って、前もってきちんとしたものを購入しておくにこしたことないんです。

 

そこで今回は、40代女性の喪服の選び方について

  • 選ぶポイント
  • NG例
  • オススメ商品

などを解説したいと思います。

若い若いと思っていた自分も40代、そして自分同様に周りの親や親戚も年をとっているんですよね。

長く着れる一着を一緒に選んでみましょう。


40代の喪服の選び方!女性はここに注意

喪服って、ただ黒い服を買えばいいのよね?
なにいってるの?

それが通用するのは子供だけよ!

選び方のポイントを教えてあげるわ。

40代の喪服

  • 長く着られるデザインを選ぶ
  • 体型が変わることを予測して選ぶ
  • 季節を考えて選ぶ
  • 黒の深みを見極める

これがポイントです。

詳しく解説していくわね。

長く着られるデザインを選ぶ

結婚式に参列する際の衣装は、その時の流行で選んでもいいんですが、喪服の場合そうはいきません。

10年先まで着られるデザインを選ばないと、40代はあっという間に50代に・・・。

40代前半は、ちょっとくらい若向きなデザインでも通用するかもしれませんが、50代でそれは非常識。

大きなリボンや大ぶりなフリルは極力避け、オーソドックスなデザインのものがいいでしょう。

また、スカート丈も若い頃とは異なり、膝が隠れるくらいの長さを選ぶことを忘れずに。

体型が変わることを予測して選ぶ

40代、まだまだ若いと体型をキープできていても、それっていつまで続きますか?

加齢に伴い、体のあちこちも衰え、腰や背中なんてとくに肉がついていくんです。

そのため、買った時にジャストサイズのものを選ぶのではなく、少し余裕のあるサイズを選んでおくといいでしょう。

また、タイトなスカートよりも動きやすさ、座りやすさを考慮したスカートがいいですよ。

葬儀場がお寺などの場合は、畳の上に星座ですからね。

季節を考えて選ぶ

結婚式と違い、葬式はある日突然やってきます。

し・か・も・・・、一週間後や一ヶ月後ではなく、今夜・明日ということがほとんど。

どの季節にやって来るかもわかりません。

そのため、

  • には半袖に一枚上を羽織れるもの
  • には半袖
  • には長袖一枚、もしくは半袖に一枚薄手ジャケットを重ねて
  • には長袖にコートを用意

と、季節を考えて選ぶ必要があります。

え!

4着用意しなきゃいけないってこと?

早とちりしなさんなって!

喪服は、ワンピースとジャケットのセットが多いんですが、

  • ワンピース1枚→夏
  • そのワンピースにカーデガンを羽織って→春
  • ワンピースにジャケットを羽織って→秋
  • ワンピースにジャケット、上からコートを着て→冬

と考えて、オールシーズンに対応したものを選んでおいたほうがいいでしょう。

黒の深みを見極める

もっとも色に違いが現れるのが黒!

ただ単に黒といっても、黒の深みが全然違うんです。

喪服の色

焼き海苔を思い出しても、安い海苔と高級海苔では、色が全然違いますよね?

長く着る喪服には、深みのある黒・・・漆黒に近い色を選んでいた方がいいでしょう。

え?

黒の違いなんて、そう気にしたことなかったわ。

あなた、バカ言っちゃいけないわよ。

50代で浅い黒を着てごらんなさい、他の深みのある黒と並んだ時なんて、一目瞭然よ!

安っぽい女に見られるだけでなく、貧乏くさく見えちゃうわよ。

それはちょっと言い過ぎですが、たしかに喪服を選びにデパートに行っても、店員さんは「この黒は深みがあって、お値段分だけありますよ」などと、黒の違いを推してきます。

それだけ黒によっても違うというわけです。

こんな喪服はNG!ルールを知ろう

まあ、地味な喪服買って、アクセサリーで可愛くしちゃってもいいわよね?
ちょっとあなた、バカじゃないの?

そんなの非常識に決まってるじゃない!

喪服には、きちんとしたルールがあるのよ!

喪服のルール

  • 華美なアクセサリー
  • 光沢のある黒
  • 毛皮
  • 先の尖った靴
  • 持ち手の長いショルダーバック
  • 香水・カラフルネイル・濃い化粧

などはNGです。

華美なアクセサリー

基本、パールのネックレスやイヤリングはOKですが、1連のシンプルなものがいいでしょう。

キラキラ、ジャラジャラしたアクセサリーはNGです。

光沢のある黒

黒ならなんでもいいというわけではなく、光沢やキラキラした糸が使われたものは喪服としてふさわしくありません。

ボタンに金が使われたものなどもNGです。

毛皮

冬場は喪服の上にコートを着てといいましたが、毛皮は殺生を連想させるためNGとなります。

受付でクロークに預けることが多いので、毛皮は避け、黒でなくても程よくシンプルな暖かさ重視のコートの方がまだいいでしょう。

先の尖った靴

ブーツはもちろん論外ですが、先の尖りすぎた靴もNGです。

ヒールもほどほどのベーシックな黒いパンプスがいいでしょう。

持ち手の長いショルダーバック

喪服の際は基本、手にバッグを持ちます。

そのため、極力持ち手の長いショルダーバックは避け、長ければ結んで短く持つなどで対応した方がいいでしょう。

ただ、バッグも喪服に合わせて一つ用意しておくと、役立ちます。

香水・カラフルネイル・濃い化粧

これら全てNGです。

喪服には薄化粧が基本となりますし、髪留めもシンプルな黒いゴムやピンでまとめる程度にしましょう。

40代にオススメしたい喪服はコレ!

もぉ〜、あなたのこと超心配!

オススメ商品を教えてあげるわ!

教えて教えて〜。

どんな喪服がいいのか、実際見たいわ!

デザイン的には、

  • 首元までジャケットが絞まるタイプ・・・細身体型の人にオススメ
  • テーラードジャケットタイプ・・・高齢になっても違和感なし
  • ジャケットの着丈が短いタイプ・・・若向きな装いが似合う方にオススメ
  • パンツタイプ・・・体型が変わりやすい人は避け、しっかり動いてお手伝いしたい方にオススメ

などがありますので、それぞれデザインの違うものを紹介します。

ベーシックタイプながら流行に左右されないデザイン

テーラードジャケットタイプのシンプルなデザインですが、気品漂う美しさがある高品質の喪服で、流行に左右されず長く使えるものでしょう。

スタンドカラーで着丈が長めなデザイン

スタンドカラーは上品かつ、加齢とともに気になりがちな首元のシワも隠してくれます。

また、ロング丈のワンピースに着丈が長めなジャケットで気になる下半身をカバーしてくれるでしょう。

体型の変化にも対応したジャケットとパンツタイプ

ドレスレットタイプのジャケットは、体型の変化に応じて形を変えて着ることができる、おしゃれなデザインです。

パンツスーツの方がいいけど、体型の変化は気になるし・・・という方にオススメしたい喪服となります。

 

 

最後に

ポイントをまとめます。

  • 40代の喪服は、長く着られるデザイン・体型が変わることを予測して・季節を考えて・黒の深みを見極めて選ぶ
  • 華美なアクセサリー・光沢のある黒・毛皮・先の尖った靴・持ち手の長いショルダーバック・香水・カラフルネイル・濃い化粧などはNG
  • 喪服にはデザインの違いも色々ある

 

若い子の喪服は、おしゃれさや機能性(授乳可能など)を考慮して選ぶのもいいですが、40代は恥をかかない長く着られるものを選びたいですね。

あなたに合った、素敵なものが見つかりますように。



関連記事はこちら!