飼い主さんにとって、動物のウンチは健康のバロメーターです。

毎日の健康状態を知ることが出来ます。

 

最近、うちのハムスターがウンチしていないようなの・・・。

もしかして、便秘?

どうしたらいいのかしら?

心配ですね・・・。

ハムスターも便秘になりますよ。

 

我が家にもハムスターがいます。

ハムスター 紹介

 

わかりやすく参考になるように、写真を交えて紹介していきますね。

(注意:便の写真も出ます。)

 

今回は、ハムスターの便秘について

  • 症状
  • 原因、治療法
  • 食べ物の関係
  • 軟便は問題?
  • ハムスターの便にまつわるウンチク

を紹介したいと思います。


そもそもハムスターの便秘症状は?

便秘ってウンチが出ない他に症状はあるの?
このような症状があります。

 ハムスターの便秘の症状

  • 食べているのに便が減少、またはまったく出ていない
  • 小さな便をする
  • お腹が張っている
  • 腹部を触ると痛がる
  • 食欲低下
  • 動かなくなる

などがあります1)

詳しく見てみましょう。
便の変化

食べているのに便が減少、またはまったく出ていない場合や、普段より小さな便をすることがあります。

ハムスターはウンチを寝床のなかですることもあり、便をしているのかどうか判断しにくいときがありますよ。
なんとなく様子が変だと気が付いたら、お腹を見てみましょう。
お腹の張り

便秘の場合は、お腹が張っているかもしれません。

また、下腹部を触ってみると、痛がって嫌がることがあるので注意してみましょう。

食欲低下、動かなくなる

便が出ないので食欲が低下し、動かなくなり、じっとしていることが多くなります。

 

そもそも、どんなウンチが正常なの?
我が家のゴールデンハムスターのウンチを紹介します。

正常な便の状態

こんな便ならば正常です。

 

ハムスター フン 便 ウンチ

 

便をしたばかりのときは、ふっくらと大きく柔らかく、ティッシュでつまむと形がつぶれます。

時間が経つと、乾燥して水分が抜けるため、少し薄く白っぽい色に変化するので見分けることができますよ!

また、形も小さくなり硬くなります。

 

ハムスター フン ウンチ

ハムスターの便秘は食べ物が関係する?原因は?

じゃあ、どうして便秘になっちゃうの?
ハムスターの便秘の原因はこのようなことが考えられます。
  • 細菌、ウイルス、寄生虫などの感染1)
  • 餌を食べなれないものに変えた1)
  • 環境が急変したことによるストレス1)
  • 食物繊維の不足
  • 水分の不足
  • 運動不足
  • ストレス
  • 腸閉塞

餌を食べなれないものに変えたり、食物繊維の不足、水分の不足、など食べ物と便秘は関係がありそうですね

 

ハムスターの便秘の中で、一番怖いのは腸閉塞です。

腸閉塞

便秘とよく似ていますが、命に関わる病気です。

 

症状

  • 食欲低下
  • 嘔吐
  • 腹部の張り

原因

  • 異物を飲み込み、腸に詰まること
  • 誤飲(固まるタイプのトイレの砂、ティッシュ、タオル等)

治療方法
すぐに動物病院へ行きましょう。

予防

  • 誤飲に注意する。

とてもこわい病気です。

何かおかしいと思ったら、動物病院へ行きましょうね。

ハムスターは便秘だけでなく、軟便も問題?

ハムスターは便秘の他に、軟便も問題ですか?
体の小さなハムスターは、軟便から、下痢になり直腸脱になってしまうこともあります。

脱水も進み、体力消耗しやすく注意が必要です。

軟便というのは、形はあるけどやわらかい便のことで、手でつまむと簡単につぶれてしまう状態です。

便にまつわる心配な状態をいくつか紹介しますね。

軟便以外にも、

  • 軟便・下痢
  • 直腸脱
  • ウェットテイル

など心配です。

 

軟便・下痢

症状

  • 通常より水分の多い便です。
  • 肛門周辺が汚れてくる。
  • 栄養や水分の吸収が妨げられ、やせたり脱水症状を起こす。
  • 激しい下痢から直腸脱になることも。

原因

  • 細菌、ウイルス、寄生虫による感染
  • かびたり腐敗した餌や水
  • ストレス
  • アレルギー

治療方法

  • 複数飼育の場合は分ける。
  • 動物病院へ連れて行く。

予防

  • 餌の管理に気をつける。
  • 梅雨や夏場はとくに餌の管理に気をつける。
  • 寒い冬場は保温する。

 

下痢が進むと、直腸脱になることもあります。
直腸脱

症状

  • 肛門から直腸が外へ飛び出してしまった状態。
  • 時間が経つと、出てしまった部分が乾燥して、炎症を起こしたり壊死してしまうこともある。

原因

  • 激しい下痢
  • 排便時の激しい力み

治療方法

  • 早く適切な処置をしないと、肛門から出ている腸の部分が多くなり、元に戻すのが難しくなる。
  • 肛門からでている腸の部分を乾燥しないよう、生理食塩水などで湿らせたガーゼなどで保護する。
  • 動物病院へ連れて行く。

予防

  • 下痢から起こることが多いので、下痢したときは気をつける。

 

ウェットテイルはハムスター特有の病気です。
ウェットテイル

症状

  • 急性の症状でほとんど水のような便をして、肛門周辺が常に濡れている状態になるので、「ウェットテイル(濡れた尾)」と呼ばれる。
  • 元気がなくなる。
  • 食欲不振、脱水症状。
  • ひどいときには、2~3日で衰弱して死に至ることもある。

原因

  • 原因はよくわかっていない。
  • 細菌感染。
  • その他ウイルスやストレスによって重症化する。

治療方法

  • 伝染するので、複数飼育の場合は分ける。
  • すぐに動物病院へ連れて行く。

予防

  • 清潔な飼育環境を心がける。
  • 健康状態を観察する。

 

 

持ち直してくれてよかったですね。

軟便からウェットテイルに・・・小動物は症状が急激に進むので十分注意してくださいね。

 

我が家のハムスターもうちに来たときは、生後2ヶ月の真冬でした。

小さいうちは下痢をすると深刻化することが多いため、保温電球をつけたり段ボールで覆ったりしましたよ。

ハムスター 保温 下痢

これが我が家で使っていた小動物用の保温電球です。

子供のときや冬場は下痢しないように使ってあげてくださいね。

 

ハムスターの便秘の治療方法は?

体の小さなハムスターは症状が急激に悪くなることもあります

 

早めに動物病院へ連れて行きましょう。

 

病院では、診察・検査で便秘の原因を調べてから、下剤などの投薬や浣腸が行われます。

便秘しないために、予防が大切です!

予防方法

  • 規則正しい餌やり
  • 環境の急変などでストレスをかけないように注意すること
  • 食物繊維の多い餌
  • 水を十分に与える
  • 衛生的な飼育環境

が予防法としてあります1)

食物繊維の多い餌って何をあげたらいいの?
サツマイモとかいいですよ!

ハムスターは雑食性で何でも食べます。

便秘がちな子には、サツマイモやドライフルーツなどがいいでしょう。

人間と一緒ですね!

 

ハムスターの便の不思議アレコレ

ハムスターのウンチにまつわる不思議なお話をいくつか紹介します。

便を食べる?

ハムスターがウンチを食べていましたー。

大丈夫!

普通のことです。

 

最初見たときはびっくりしますよね。

これは、「食糞」といって小動物にはよく見られることなんですよ。

実は、食べているのは主に盲腸便といって、やわらかい便のことが多いです。

直接肛門に口を付けて食べているので、飼い主さんはあまり目にすることはないと思いますよ。

普通の楕円形のウンチも食べているときありますよね~。

 

一度に摂取できなかったミネラルや食物繊維をもう一度吸収するために食べています。

 

 

ハムスター フン ごはん

このように、我が家のハムスターは、ウンチも餌も寝床の中の同じスペースに保存?しているのですよ。

 

ちなみに、赤ちゃんもお母さんの便を食べます。

赤ちゃんの場合は、お母さんの便を食べることによって腸内細菌や免疫、抗体を引き継いでいると考えられています。

まさに、離乳食代わりですね。

便を口にくわえて飛ばす

これも最初見たときは、目を疑いますよね。

ハムスターにとっては普通のことですので、心配要りません。

飛ばすときは盲腸便ではなく、ほとんどが通常の細長い便です。

便で健康チェックできる

便の色・形・柔らかさで健康状態を知ることができます。

食べ物によっても変化することが、わかりましたね!

 

頬袋に便を入れる?

ハムスターが頬袋にウンチを入れてました・・・。
大丈夫、遊んでいるだけですよ。

ハムスターは頬袋に便を入れたり出したりして遊ぶことがあります。

問題ない行動ですので、そっとしておいてあげましょう。

ジャンガリアンハムスターに多いようです。

ただ、頬袋に入れっぱなしにするのは腐敗して炎症や頬袋脱を引き起こすことがあるので、注意して見守ってあげましょうね。

 

参考文献:
1) ハムスター・リス・ウサギ 飼い方・育て方図鑑 p.197

 

まとめ

ハムスターの便秘について、まとめます。

まずは、症状から見てみましょう。

 

便秘の症状

  • 食べているのに、便が減少、またはまったく出ない。
  • 小さな便をする。
  • お腹に張りがある。
  • 腹部を触ると痛がる。
  • 食欲が低下し、動かなくなる。

 

原因として、こんなことが考えられます。

 

便秘の原因

  • 細菌、ウィルス、寄生虫などの感染によるもの。
  • 餌を食べなれないものに変えた。
  • 環境が急変したことによるストレス。
  • 食物繊維の不足。
  • 水分の不足。
  • 運動不足。
  • ストレス
  • 腸閉塞

 

治療方法です。

 

便秘の治療方法

  • 動物病院へ連れて行く。
  • 病院では、原因を調べてから、下剤などの投薬や浣腸が行われる。

 

便秘にならないために、予防が大切です。

 

便秘の予防

  • 規則正しい餌やり。
  • 環境の急変などでストレスをかけないように注意する。
  • 食物繊維の多い餌を与える。
  • 水分を十分に与える。
  • 衛生的な飼育環境にする。

ハムスターは便秘だけでなく、軟便や下痢から脱水が進み、体力を消耗してしまうため、注意が必要です。

大切なハムスターを守ってあげられるのは、飼い主さんだけです。

毎日観察して、異常があればすぐに対処してあげましょうね。



関連記事はこちら!