お部屋のあらゆる場所に潜むダニ。嫌ですね~。考えただけで痒くなっちゃいそうです!ダニは刺されればものすごくかゆいですし、放っておくとアレルギーになってかゆみが収まらない、せきやくしゃみが止まらない・・などといろんな症状が出てしまいます!ですからなんとか対策を打たなければなりませんよね!

そんな私も実はダニアレルギーに苦しんだ過去があるんです。でもしっかりダニを退治して対策をすれば大丈夫!ちゃんと治りましたから!

そこで今回の話題はズバリ!ダニ対策です!ダニの最大の住処とされる布団の対策はどうする!?対策にはあの意外な道具が役に立つ!?など、またカーペットや畳、お部屋やぬいぐるみなどのダニ対策、赤ちゃんにも安心なダニ対策グッズをご紹介します!それでは、いきますよ!


ダニ対策グッズ!本当に効き目があるのはコレ!布団編

ダニはやっかいよね。本当に効き目がある方法ってあるのかしら?
これからお話ししますね。

アイロンでダニ対策ができる!?

アイロンで出来る!?

この退治方法は「ダニは65度以上の熱に弱い」というところからヒントを得たものです。天日干しにすると確かに高温にはなりますが、65度には達していないのです。ですがこのアイロンを使った方法なら100度ぐらいまで上げることが出来ます。

この方法をやる前にいくつか注意点があります。
  • スチームアイロンで行う
  • スチームアイロンをかける前に掃除機をかける
  • 部屋を暗くする
  • 濡れたタオルを使って当て布をする
  • アイロンは「強」で行う
  • 最後にもう一度掃除機をかける

以上です。

掃除機を使う

最近はいろいろなふとん掃除機が発売されています。シャープより発売されたふとんヒートサイクロンCornet(コロネ)は、温風で布団のダニを引きはがして強力に吸引する方法を使います。

ダニ

またパナソニック布団掃除機はセンサー内臓でダニやハウスダストを見つけてお知らせするタイプの掃除機です。

ダニ

以前レイコップが流行してからいろんなメーカーが続々と商品を発売しています。

布団乾燥機を使う!

布団に於けるダニ対策の王道として布団乾燥機を使うという方法がありますね。これはやっぱりまめにかけると違いますよね。布団乾燥機をかけると布団がカラっとしますので寝心地もよくなります。

ダニ対策グッズ!本当に効き目があるのはコレ!お部屋編

ダニって布団だけじゃなくてお部屋にもいるでしょ?
では今度はお部屋でのダニ対策をお話ししますね。

カーペットや畳の場合は?

カーペットや畳にはダニに直接噴射するタイプのものがお薦めです。ダニアースなどのスプレーを畳などに直接差し込んでスプレーします。

毛の長いカーペットの場合はパウダー式のものがお薦めです。掃除機をかける前にカーペットに直接振りかけてください。

お部屋全体に効くのは?

やはり一番有名なのはバルサンでしょうか。煙タイプと霧タイプがあります。マンションのように火災報知器が付いている家には霧タイプがお薦めです。

使用する前には火災報知器はビニールなどをかけます。食器や植物などは片付け、戸棚の扉は開けておきます。薬剤を噴射している最中は外出しましょう

ぬいぐるみのダニ対策は?

ソファーやぬいぐるみにはスプレータイプのものがお薦めです。場所に合わせてこまめに駆除しましょう。

ダニ

上の写真のようなシートタイプのものをソファーや布団の下に敷いておくのもお薦めです!

赤ちゃんがいるご家庭でも安心なダニ対策グッズはコレ!

うちは赤ちゃんがいるから安心して使えるものがいいのよね・・・
赤ちゃんがいる家庭でも安心して使える商品をご紹介します!

ダニー君バイバイ

1620円

D111500H_S2

化学薬剤を使っていない、100%天然成分で出来ています。ダニが気になるところに直接スプレーします。

天然ハーブでダニバリアハーバルソープの香り

443円

E049912H_M2

置くだけでダニ予防!手軽ですね!

ダニ掃除

その他のダニのお話しはコチラ→ダニ刺されの症状6つ!痒くない場合もあるって本当?

まとめ

今回のお話のまとめです。
  • アイロンでダニ対策が出来る
  • 最近は様々な布団掃除機がある
  • ダニ対策は場所によってやり方を変える
  • 赤ちゃんがいても使えるダニグッズがある

いかがでしたか?今回のお話はダニ対策についてでした!アイロンなど家にあるものでできる対策プラス今はいろんなダニ専用の便利グッズや赤ちゃんやペットがいても安心して使えるものもたくさんあるので、生活スタイルや場所によって使い分けるといいですね。

ダニはかゆいだけでなく、アレルギーにもつながります。家族の健康のためにもダニはしっかり駆除して快適なお部屋にしたいですね。

ダニにもいろいろありますがさきほどお話しした対策をしていればほぼ問題ないでしょう。



関連記事はこちら!