小さな赤ちゃんのいるご家庭は災害の時、どうすれば良いか赤ちゃんのいないご家庭よりも気になることでしょう。

特に日中、パパも仕事でママしかいない、そんな時にはたった一人で赤ちゃんを連れて逃げなければならないのです。赤ちゃんは大人とは違い、食べられるものも限られ、免疫力も大人よりも弱いため、細菌などにも弱く、避難生活の最中の細菌感染なども気になりますね。

そんなご家族の為に今回、東日本大震災を経験した私だからこそわかる赤ちゃんの為の防災準備や対策について調べてみました。

  • 赤ちゃんに必要なものは何だろう?
  • 身近なもので代用できるものはないの?

災害の時のことは普段からよく考えておくことが重要です。これを機に災害対策を見直してみましょう。


 

防災グッズ赤ちゃんの為に必要なセットとは?

赤ちゃんの防災グッズでどんなものかしら?

ネットのショピングサイトなどで売られている防災セットの中身を調べますと、親子セットはあってもそのセットは赤ちゃんが想定されていないもの多く、赤ちゃんの防災グッズは自分で揃えておく必要があります。

ですので揃えておいた方が良いものをリストアップしてみました。

  • おむつ
  • おしりふき
  • 哺乳瓶(使い捨てるつもりで)
  • 粉ミルク(できればタブレットやスティックタイプのもの)
  • 離乳食
  • おやつ
  • 衣類
  • 防水シート
  • 消臭スプレー(おむつの匂いを少しでも防ぐため)
  • 水(粉ミルク用)
  • ビニール袋(おむつを捨てたりするため)
  • 除菌スプレー
  • 母子手帳
  • 抱っこひも

などです。

421492

最低でも3日分は用意しておきましょう。
これと赤ちゃんの好きなおもちゃや絵本もあるともっといいわね。

赤ちゃんを守るために必要な準備は3つ!

持ち物以外に何か準備したほうが良いものってあるかしら?
持ち物以外にもいろいろありますよ。

それでは持ち物以外にも準備しておいた方が良いものを挙げていきます。

  • 避難所、避難経路の確認
  • 自宅周辺の環境
  • 自宅付近の歴史

避難所、避難経路の確認

まずは自宅から避難所までの経路を確認しておきましょう。歩いていて危ないところはあるか、がれきなどを想像しながら考えてみましょう。またいつも通る経路だけではなく、ほかにも経路はあるか探しておきましょう。

e3239975fe55527e6f51d096282e26bb_s

自宅周辺の環境

例えば自宅の周辺には海があるのか川があるのか、山があるのかなど、周辺の環境によって起こる災害も変わってきます。また工場なども確認しましょう。

東日本大震災の時、福島第一原子力発電所の爆発事故は有名ですがこれ以外にも千葉で石油コンビナートが爆発し、多くの人がコンビナートから上がる火柱を目撃しています。

ガスタンクの位置なども確認しておきましょう。

自宅付近の歴史

あなたの自宅の町名を確認してみてください。「」や「」や「」など、水を思わせる漢字がついていませんか?こういう地名の場所はもともとは沼地などを埋め立てた場所が多くこういう町は液状化が起こりやすいので注意が必要です。

かつて田んぼだった町も水害が起こりやすいので注意しましょう。町名はかつてそこに住んでいた方の経験によって名付けられているものが多く、特に「」「」のような荒々しい名前の町はにかつて大きな自然災害があった可能性がある町です。

今度ご自分が住んでいる町の名前を確認してみてください。

救急隊

身近なもので代用!赤ちゃん用防災グッズが作れる方法!

今度は身近なもので赤ちゃんの防災グッズの作り方をお話しします。

赤ちゃんの防災グッズが身近なもので作れるってご存知でしたか?これからそんな防災グッズの作り方をご紹介します。

ビニール袋とタオルでおむつ!

用意するものは

  • スーパーのビニール袋
  • はさみ
  • タオル

 

ビニール袋を縦に裂きます。

ビニール袋の中心あたりにタオルを置きます。

赤ちゃんを乗せて場所を決めます。

ビニール袋の取っ手の部分で縛ります。

 

簡単ね!

ペットボトルで一工夫!おしり洗い!

用意するものは

  • ペットボトル
  • ふた
  • キリや画鋲など、尖ったもの

ペットボトルのふたにいくつか穴をあけ、ペットボトルに水を入れてふたをします。それをそのまま使うとお水がシャワーのように出てきてお尻を洗えます。節水にもなり、重宝します。

いくつか作って用途ごとに分けて使うとより便利です。

関連記事

まとめ

今回のお話をまとめます。
  • 赤ちゃんの防災グッズは自分で揃えておく
  • 日ごろから避難経路、自宅周辺の環境などはきちんと確認しておく
  • 赤ちゃんの防災グッズは手作りできる

いかがでしたか?今回は赤ちゃんの防災についてでした。いつどこで起こるかわからない災害。災害の時、自分がどこにいるのかもわかりませんが、起こったら最善を尽くすしかありません。

赤ちゃんがいれば自分のことは二の次になると思いますがパパママがいるから赤ちゃんも生きていけるのでご自分の身を守ることも忘れずにいましょうね。



関連記事はこちら!