日本の冬は部屋の中でも結構冷え込みますよね。

ハムスターは、体も小さいので何かと心配です・・・。

 

ハムスターを飼い始めてはじめての冬を迎えます。

うちは結構寒いので、凍死しちゃわないか心配です・・・。

色々気がかりですよね。

大丈夫!

正しい知識で冬を乗り越えましょう!

 

我が家も、冬に飼いはじめたハムスターがいます。

うちに来たときは生後2ヶ月の子供で、真冬だったこともありとても心配しました。

ハムスター 寒さ 対策

現在は、無事に冬を乗り越え、春になったところです。

こんなに大きな大人のハムスターに成長してくれました。

 

今回は、ハムスターの寒さ対策として

  • ハムスターの危険な温度
  • 寒さ対策
  • オススメグッズ

について、経験談も交えながら、紹介していきますね!


ハムスターは寒さに弱い?どれくらいの温度だと注意が必要?

ハムスターって体も小さいし、やっぱり寒さに弱いですか?
そうですね・・・。

あまり寒いと、ハムスターは冬眠してしまいますよ!

野生のハムスターは、砂漠に住み、地下にトンネルを掘って生活しています。

冬は冬眠して、春になると活動を始めます。1)

 

えっ!

冬眠しちゃうのですね。

どのくらいの温度だと危険ですか?

ズバリいうと・・・

ハムスターの最適温度は20~28℃くらいですが、冬場は10℃以下にならないようにしましょう。2)

 

野生のハムスターは、気温が10℃くらいになると、活動がにぶり、あまり巣穴から出てこなくなります。

4℃以下になると、巣穴の中で体を丸めて動かなくなります。3)

冬眠に失敗すると、亡くなる子もいるようです。

 

ペットとして飼育しているハムスターは、体力の消耗を防ぐために、冬眠させないようにしましょう

とてもリスクがあるのです。

ハムスター 寒さ 対策

とくに、早朝や夜間は、気温の低下とともに室温も低下していくので注意しましょう。

また、新しい環境に来たばかりのときや、子供も注意が必要です。

ハムスターの寒さ対策はどうしたらいい?

ハムスターの寒さ対策は、どうしたらいいですか?
いくつか方法があるので、紹介していきますね!
  • 飼育ケージを冬対応にする
  • 部屋全体を暖める
  • ハムスターのケージを保温する
  • 熱源を入れて暖める

 

それぞれ見ていきましょう。

飼育ケージを冬対応にする

まずできることは、ケージを見直してみましょう。

  • 巣材を増やす・・・保温性をアップさせましょう。
  • 水槽タイプにする・・・熱がこもり暖まりやすくなります。

部屋全体を暖める

一番良い方法はエアコンを使って、部屋全体を快適な温度にすることです。

ただし、夜に暖房を切ってしまう部屋だと、温度差ができるのでよくありません。

24時間付けっぱなしが理想的ですね。

ちょっと電気代が心配です・・・。
そんなときは、ハムスターのケージだけ暖めて保温しましょう。

ハムスターのケージを保温する方法

  • ケージに毛布を掛ける
  • ケージごと段ボールに入れて保温
  • ケージに段ボールを被せ、その上から毛布を被せる
  • ケージの下に、段ボールや発泡スチロールなどを敷いて、保温する

ハムスター 寒さ 対策

我が家のハムスターはこんな感じで冬を乗り越えました。

段ボールを被せて暖め、フリースを敷いて床の寒さから断熱!

暖かい空気は上に集まるので、寒い日は段ボールを被せるといいですよ。

もっと寒い日は、この上からフリースや毛布を掛けると、より暖かいですね!

少し隙間を作ることも忘れずに。

熱源を入れて暖める

熱源とは、こんなものがあります。

  • 使い捨てカイロ
  • 電気毛布
  • パネルヒーター
  • セラミックヒーターなど

ハムスター 寒さ 対策

ヒーターを入れたらこんな感じになります。

時々様子を見ましょうね。

カイロはすぐ暖まりますが、ハムスターが直接触れてしまうと火傷してしまうこともあります。

専用のケースにいれるようにしてくださいね。

下で紹介しています。

 

更に、加湿も大事ですよ!

冬は乾燥も気になりますよね。

加湿器をつけたり、濡れたタオルを近くに置くなどするといいですよ。

口コミ情報

他の飼い主さんは、どんな対策をしているのか見てみましょう!

プチプチ・段ボール・銀シート・タオル、・・・ばっちりですね!

ヒーターも入れれば完璧です。

 

これはすごい!

おもしろいですね~。

段ボールは結構暖かいですよね。

 

 

 

もしもハムスターが冬眠してしまったら

万が一、冬眠してしまったらどうしたらいいのでしょうか?
冬眠してしまったら、暖めて起こしてあげる必要があります。

冬眠したようになったら、手や使い捨てカイロでハムスターの体ごと暖めてあげましょう。

だんだん覚醒してきます。

冬の間、何度も冬眠したようになるのはよくないので、冬眠しないように暖かく保つことが大切です。

 

 

冬対策として、秋~冬にかけて栄養のある餌をたっぷり与え、皮下脂肪をつけさせてあげましょう

 

ハムスター 寒さ 対策

ひまわりの種などの種子類は、脂肪分が多いのでオススメですよ!

 

ハムスターの寒さ対策オススメグッズを紹介

オススメグッズを紹介します!

たくさんありますが、自分のハムスターに合うものを選んでくださいね。

マルカン ほっとハム暖 リバーシブルヒーター

直接ケージの中にいれて使うことが出来ます。

温度も38℃、30℃のリバーシブルタイプです。

生活防水なのも嬉しいですね。

コード部分は金属で覆われてるので、噛んでも安心です。

ハムスター用、というのもめずらしい気がします!

 

マルカン ほっとハム暖 ドームヒーター

ドームあり、ドームなしで使えるます。

温度も38℃、30℃のリバーシブルタイプです。

ただ、コードが短めとの情報もあるので水槽ケージの場合は注意が必要ですね。

 

マルカン セラミックヒーター 100W カバー付き

赤外線でじんわり自然に温まります。

カバーもついているので、安心です。

お値段は少し高めですが、これ1つあれば大丈夫!

段ボールでケージを覆うと、とっても暖かになりますよ。

 

マルカン 使い捨てカイロケース ぽかぽか

使い捨てカイロを入れて使うケースになります。

お値段もリーズナブルで嬉しいですね。

電気もいらないので、移動時や非常時のために、一つあると安心です。

 

三晃商会 パネルウォーマー 14W

25~45℃に温度を設定することができて、しっかり保温も出来る優れものです。

パネルヒーターは、他に8W、14W、16W、32Wもあります。

ケージの下にひいて使うタイプです。

 

参考文献
1)ハムスター・ウサギ・リスなどの飼い方 p.43
2)ハムスター・リス・ウサギ 飼い方・育て方図鑑 p.58
3)ハムスター・リス・ウサギ 飼い方・育て方図鑑 p.76

 

まとめ

まとめます。

ハムスターの寒さについてです。
  • ハムスターは寒さに弱く、4℃以下にすると冬眠してしまうこともある。
  • 冬眠はリスクがあるので、させないようにする。
  • 10℃以下にならないように気をつける。
  • 飼育ケージを、水槽ケージにして床敷きを増やすなど、寒さ対策する。
  • 部屋全体をエアコンで暖める。
  • ハムスターのケージに段ボールを被せたり、ケージの下に段ボールなどを敷くとよい。
  • ヒーターなどを入れて暖める。
  • ハムスター用のグッズがたくさん販売されている。

 

気温の低下で体調を崩す子もいるようです。

床敷きいっぱい入れると喜んで潜ったりして、とってもかわいい一面を見ることも出来ます。

寒い冬も、暖かくして乗り切りましょうね!



関連記事はこちら!