夏が近づき日差しが強くなってくると、日焼けが気になりますよね。わたしも外に出るときには、日焼け対策で長手袋や帽子、日傘は必須アイテムになっています。でも首や手等には直接肌をカバーしてくれる日焼け止め塗っています。

そんな時に去年買った日焼け止めが家に残っていたら使用しますか。まだ開封していないし大丈夫だろうと考えてしまいますよね。では日焼け止めの使用期限とか古いものを使用した場合の問題点等について調べてみましたのでご説明しますね。


日焼け止めに使用期限ってある?開封・未開封で違う?

古い日焼け止めは、使用しても問題ないですか?
もし未開封なら3年間は、使用しても大丈夫なものが多いですよ!

未開封の場合

一般的に日焼け止めは、パッケージ等に使用期限を書いていませんよね。このような場合には、3年間は未開封であればが使用しても良いと考えられています。というのも薬事法で大きな品質による劣化が3年以上無い場合には、使用期限や製造年月日を明記しなくても良いと定められているからなのです。

開封した場合

開封した物は、次の年には持ち越さないようにしないと肌荒れの原因になる場合があります。

チューブ状の塗るタイプ(ジェルや乳液タイプ)

チューブ状の塗るタイプの物は、手肌に直接触れますし一旦開封すると空気にも触れますから酸化が進み変質するのです。そうすると黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌等の菌が繁殖しますので、直接肌に塗ると雑菌が繁殖して肌荒れやニキビの原因となってしまいます。次の年には持ち越さないように使い切りましょう。

スプレータイプ

2,138円

スプレータイプは、煙や霧のようなエアゾールの商品は正しく保管している場合には、開封後も製造から3年は使用できます。アルミボトルに入っているので酸化しにくいですし、残った中身が手に触れないタイプの場合には使用しても大丈夫ですよ。

 

1年前かそれ以上前のものでも大丈夫?効果はどう?

1年前の物を使用したいけど大丈夫ですか?
タイプによって、使用期限が違いますよ確認してくださいね!

あまりないのですが、もし日焼け止めも有効期限が表示されている場合があるのであれば、その期間だけのパラベン等の防腐剤が、雑菌の繁殖を防ぐために入っているのです。ですから、有効期限内で使用してください。

それ以外の物は、3年間は未開封であればが使用しても良いと考えられています。ですから、日焼け止めとしての効果もありますよ!

 

日焼け止めのタイプによって使用期限もかわる?

いろいろな日焼け止めのタイプで使用期限は違うの?
次のように種類によって違ってくるんですよ!
チューブ状の塗るタイプ(ジェルや乳液)

未開封であれば3年間、開封した場合には1年以内ですね。

スプレータイプ

スプレータイプは、煙や霧のようなエアゾールの商品は、正しく保管している場合には開封後も製造から3年は使用できます。

無添加化粧品

殺菌剤や防腐剤を含まないような無添加化粧品の日焼け止めの場合、使用期限は未開封であれば1年以内、 開封したものは6ヶ月以内と他の商品と比較して短くなります。

もし使用期限が表示されていることがあれば、それに従ってくださいね。

e8459959a8478269c764688a8e359f23_s 

処分したほうがいい日焼け止めの目安って?

日焼け止めも開封されると防腐剤の効力が、当然失われていきますので化粧品は劣化してしまいます。

特に防腐剤の入っていないタイプの無添加化粧品の日焼け止めは、早めに使い切ってしまうことをお勧めします。目安は未開封であれば1年以内、 開封したものは6ヶ月以内です。その他のタイプの日焼け止めは、未開封であれば3年間は保てますので便利ですよね。それを過ぎると処分してくださいね。

でもどのタイプであっても容器を開けると異臭がしたり液が変質しているような場合には、絶対に使用しないで処分してくださいね

swimming

最後に

日焼け止めの多くは、使用期限の表示がありませんので未開封であれば3年間は品質がある程度保たれますね。

でも開封した場合の日焼け止めについては、注意が必要ですよ。

 23d4d4a8f1eaaacdafe361e8ba8141c1_s

タイプによる使用期限の違いは
  • ジェルや乳液タイプ・・未開封であれば3年間、開封した場合には1年以内
  • スプレ-タイプ・・・・未開封であれば3年間、開封した物も保存状態が良ければ3年間
  • 無添加化粧品タイプ・・未開封であれば1年以内、 開封したものは6ヶ月以内

どのタイプでも異臭がしたり液が変質していたりする場合には、使用しないでください。

その年の日焼け止めは、できるだけそのシーズンが終わったら処分したいですね。というのも夏のお肌は敏感になりやすいですから清潔な日焼け止めでケアすることが大切ですよ。

 



関連記事はこちら!