夏になるとさっぱりとした男性の浴衣は、ステキですよね。わたしも父親に父の日のプレゼントとして贈りたいと考えているんですよ。でも 男性の浴衣ってどのくらいするものなのでしょう。安いものだとどれくらいかとか帯や必要な物も贈らないと着てもらいにくいですよね。そのような点について調べましたので、ご紹介しますね。


男性の浴衣!安いものでどれくらいの値段からある?

男性の浴衣は、どれくらいからあるのですか?
3,000円くらいからありますよ!

素材や色柄等によって値段もいろいろですね。 普段着用に浴衣や部屋着位であれば、ネットで調べると3,000円くらいからありますよ。素材も綿麻の方が普段着るのであれば楽で着心地もいいでしょうね。

では、一部商品をご紹介しますね!

 

ユニクロやしまむらに男性の浴衣はある?価格はリーズナブル?

PPS_yukatanokoibito-thumb-autox1500-13006

ユニクロでは、メンズの浴衣は販売されていないようですね。

しまむらは、販売はしているのですが種類は少ないとのことですよ。値段は、3,580円のものがあり、ネット販売では送料無料です。マジックテープ帯で留めるようになっていて着物の初心者の場合でも簡単に着ることができますよ。

男性が浴衣を着る場合に必要なものは?

浴衣を着るのに必要な物は、なにですか?
次の物を準備してくださいね。

まず浴衣を着る時に必要な物としては、勿論浴衣は本体ですから必要ですね。そしてその他には

  • 腰ひも
  • 肌襦袢
  • 下駄
1つずつ詳しくみていきますね。

浴衣を着る時にどうしても必要なものはです。男性の場合には、浴衣でも着物でも同じ角帯を使用します。よく旅館に置いてある帯と同じようなタイプの帯のことですよ。

腰ひも

帯を締める前に腰ひもを腰に巻きます。無くても大丈夫なのですが、もし帯が緩んだ時のために締めておいた方が良いですよ。特に外出時には安心ですね。

肌襦袢

下着のような役割のものなのですが、肌襦袢は着ない方が粋だという考えもありますね。でも肌襦袢を着ていると汗を吸ってくれるので涼しく感じますよ。

もし肌襦袢に抵抗があるようでしたらTシャツでもOKですよ。

下駄

男性が履く物としては、下駄や草履や雪駄があります。デザインや色などの種類が、男性の履物の場合には少ないですから選ぶ時にはデザイン性というよりも履きやすさで選ぶことをお勧めします。

yukata-kitsuke1

男性の浴衣!おしゃれに着こなすコツは?

浴衣を着こなすポイントとなるのは、自分に着物の丈と裄があっているとどうかなのです。といっても特に自分の好きな丈や裄であるということで決まった丈や裄があるわけではないようですよ。

短いのが好きな場合

丈は、目安としてくるぶしの上あたりにすその位置がくるようにします。裄は、腕は半分隠れるくらいが短めです。

長めが好きな場合

丈は、足の甲にかかるくらいの長さにします。裄は、手首にかかるくらいにします。そして実際に試着してみて似合っていると思う丈や自分の好きな丈を選んでくださいね。

また、帯の位置や裾野広がりなども気を付けて下さいね。

yukata-kitsuke22

 

最後に

花火大会や夏祭りの時に男性の浴衣姿も目にすることがありますよね。普段余り見ないだけに男性の浴衣人目を引き、女性達もドキッとすると思いますよ。

自分には似合わないと思って今まで浴衣を着たことがない方も今年は、ぜひ浴衣デビューしてみてくださいね。最近の浴衣には、模様も今風な迷彩柄等もでていますからね。

男性の浴衣についてよくわかりました!

 

男性の浴衣お勧めの安い物は!
  • 浴衣単品・・・3,000円程から
  • 綿麻-浴衣3点セット(裂織+角帯+下駄)・・・9,000円程から

1年に浴衣を着る機会は、そうそうありませんよね。せっかくの機会ですので、ぜひ浴衣を着ていつもと違った自分をアピールしてみてくださいね。

 



関連記事はこちら!