みなさん、そろそろ今年のお花見が気になりだす時期ではないでしょうか。小さな子供と二人きりのお花見ピクニックでしたら可愛いクロスで十分ですが、大の大人のお花見となるとそうもいきません。

でも、どのくらいのものがあれば楽に座れるのか大人数のお花見を仕切った経験のない新人幹事さんは、想像がつきませんよね。

桜 公園

私は毎年40名ほどの仲間達とお花見をしていますが、ブルーシートは必需品です!お花見=ブルーシートと言っても過言ではありません。なにはなくともブルーシート。最近はおしゃれな【ピクニックラグ】なるものが流行っているようですが、ブルーシートの方が雰囲気が出ると思うのは私だけでしょうか・・・。

では、ブルーシートってどのくらいのサイズがあるの?で、一枚に何人くらい座れるの?という疑問をお持ちになりますよね。そして、勘のいい方はお気づきかと思いますが、地面に直接敷いたブルーシートに座るととってもお尻が痛いのです。

そこで今回は・・・

お花見のシートの大きさの目安は?座り心地を良くする工夫!をご紹介しましょう!!


お花見シートの大きさの目安は?

シートの上に座った人間が「よし!このスペースなら十分だ!」と思える大きさと言うのは畳半畳分、約1㎡とされています。荷物を置いたり、自分の飲み物や食べ物を置いたりするので、このくらいのスペースが必要なのです。

お花見で使うブルーシートは(お花見用ではありませんが)、3.6m×5.4mというサイズが一般的な規格となっているようです。ということは一枚あたり19.44㎡なので、単純に考えれば19人は座れる計算になりますね。ただ、きちんと整列して座るわけではないので、12~3人くらいかな~くらいの気持ちでいたほうがいいと思います。

座り心地を良くする工夫とは?

ふわふわな芝生の上を確保できれば最高ですが、お花見スポットってだいたい土ばっかりの公園ですよね。しかも、公園の土は小石などが混ざっているので、そんなところにそのまま座ったらお尻が痛くて長時間座っていられません。仕舞いには痺れてきちゃったりします。しかも冷たいんですよね・・・。

特に女子にはキツイですよ!!

そこで大活躍するのが、よく梱包で使われるプチプチです(正式名称を気泡入り緩衝材という)。ほど良いクッションに加えて、冷えからも守ってくれるすぐれものなのです。さらにその下にダンボールを敷けば、さらに快適!バッチリです。

 その上に座布団を置いたらもっと快適ですね~♪

関連記事)

ブルーシートやレジャーシートはどこで買う?

では、みなさんどこでブルーシートを買っているのですか?

もともとブルーシートというのは、屋外の作業用のものですので、ホームセンターの建築資材売り場や、DIYコーナーなどに置いてあります。また、インターネットショップでも簡単に手に入りますので、色々価格を見比べてみるのもいいと思います。

ブルーシート

安く手に入れる方法はある?

ネットで買うよりもっとリーズナブルに手に入れたい!という方や、一回しか使わないかもしれないし、そんなにしっかりしたものじゃなくても・・・という方は、サイズは小さいですが、100円ショップでも購入することができます。

また、中古でもかまわないわ!という方は、最近よくある地元の掲示板や、有名オークションサイトでも500円くらいから出品されていることがありますので、チェックしてみるとよいでしょう。

関連記事)お花見デート!女子の服装は?失敗しない選び方!

使用後のシートを簡単にきれいにする方法ってある?

わいわいと楽しかったお花見もお開きに。きちんとした大人ですから、後片付けをしなければいけませんね。ゴミを片付けてふと足元に目をやると・・・。最初はきれいだったブルーシートもしっかりと仕事を終え、食べこぼしや、風に吹かれて倒れた飲み物ですっかりベタベタに。

さあ、最後はブルーシートのお手入れ方法についてです!
どのような方法がありますか?
  • 広げたまま雑巾で拭く。
  • デッキブラシでゴシゴシこすってバァー!っと水をかける。
  • おうちのお庭の物干し竿にかけてホースでジャバジャバ洗う。そのまま干す。
  • みんなが入った後のお風呂で洗う。湯船にサァ~っとくぐらせるだけで、埃などの簡単な汚れは取れる。
  • お湯を入れたタライに小さく畳んでいれて100回踏む。を2セット。あとは干す。
ブルーシートの枚数がある場合は、みんなで手分けして持ち帰りましょう。たぶん一家に一枚くらいしかブルーシートは干せませんものね。

お花見

関連記事)

まとめ

では、簡単におさらいしてみましょう。
  • 大人1人が最低限確保したいスペースは畳半畳分。
  • ブルーシートの下にプチプチやダンボールなどを敷いて、クッション性を持たせると快適。
  • さらに座布団を敷くと、もっと快適。
  • 新品ならホームセンターやネットショップ、中古ならネットオークションなどで賢くお買い物。
  • 来年のためにきちんとお手入れを。

多くの方々が毎年楽しみにされているお花見ですが、お酒の席でもありますので、様々なトラブルは付き物かもしれません。有名なお花見スポットでは場所取りの激戦になることと思いますが、あまりにも大胆なスペース確保をしていると、苦情やトラブルの原因となってしまう事も・・・。

ルールを守って思いやりの心を忘れずに、今年もお花見を楽しみましょうね!

 

 



関連記事はこちら!