本格的に寒くなってきましたね。冬になると、お部屋の乾燥が気になり、加湿器を買おうかどうか迷っている方も多いのではないでしょうか。適度な湿度の目安は、40%~60%と言われており、40%以下になると、インフルエンザウイルスが活動しやすくなり、60%以上だとダニやカビが発生しやすくなります。加湿しすぎでもダメなんですね(^_^;)

加湿器が欲しいけど、電気代も節約したい!という方におすすめなのが、手作りの加湿器です。

今回は、コーヒーフィルターで作る加湿器や手作り加湿器のアイデアをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

コーヒーフィルターでおしゃれな加湿器を!作り方は?

材料はたった三つ!コーヒーフィルターと深さの浅い入れ物と10円玉です。

①コーヒーフィルターを蛇腹に折ります。

IMG_0601

②こんな感じで切り込みを入れます。今回は5枚同じものを作りました。

IMG_0603

③コーヒーフィルターを広げて花びらをずらしながら適当に重ねるだけ!

IMG_0604

④お好きな器に10円と水を入れて完成!

IMG_0605

10円を入れると雑菌の繁殖が抑えられて、綺麗な水が維持できますよ!
他にも色んなアレンジを作ってみましたよ!

①コーヒーフィルターの底はそのままで、横をこのように開きます。

IMG_0606

②5枚ほど同じように重ねて真ん中を輪ゴムで止めます。

IMG_0607

③両サイドを起こして、花のように広げます。

IMG_0608

④全部起こすとこんな感じです。

IMG_0609

⑤お好きな器に10円と水を入れて完成!

IMG_0610

上の二つに比べればちょっと面倒ですが、バラの花束風も作れます!

①コーヒーフィルターの底と側面を全て切り、1枚の扇形にします。

IMG_0611

②角張っている所を切り、ナルトのようにグルグルと切り込みを入れます。

IMG_0612

③端から適当に丸めていきます。これを何枚か重ねます。

IMG_0613

④大体コーヒーフィルター2~3枚で一つのバラが出来ます。

IMG_0620

⑤これをたくさんお皿に入れると花束風になります。

IMG_0621

フィルターを入れる器やお部屋の雰囲気に合わせて色々作ってみて下さいね!

Sponsored Link

コーヒーフィルター加湿器、どこに置く?

せっかく作ったコーヒーフィルター加湿器、効果的に加湿させるには場所も重要です。効果的な場所は、以下です。

  • エアコン設置場所の反対側、エアコンの風がくる方向
  • 窓際、出入り口、換気扇から離れた場所
  • 少し高い場所

エアコンの風が部屋に加湿された空気を循環してくれます。窓際、出入り口、換気扇の近くだとせっかく加湿された空気が逃げていってしまうので、出来るだけお部屋の中央付近が良いです。また、加湿された空気は、重いので下に降りてきます。なので、床に置いては効果的ではありません。

コーヒーフィルター以外でも!簡単にできるエコ加湿

コーヒーフィルター以外でも簡単に作れる加湿器をご紹介します!

キッチンペーパーで作る加湿器

①キッチンペーパーを5枚ほど重ねる

IMG_0623

②ジャバラに折って真ん中を輪ゴムで止める

IMG_0624

③紙を起こして花のように開いて出来上がり。

IMG_0625

 

フェルトのコースターで作る加湿器

IMG_0627

100円ショップのコースターをコップに入れるだけです。フェルトのランチョンマットなどを利用してもいいですね!

 

最後に

加湿2

実は、私は、加湿器付きの空気清浄機を持っているんですが、なんと言っても場所を取るし、ちゃんとフィルターを掃除をしていないと逆にカビやウイルスが放出されるようなので、1年しか使わずに放置されています(^_^;)

でも、2歳の娘が最近、夜中に鼻づまりで息が苦しそうなので、何か対策を考えていると、部屋が乾燥しているのも、鼻づまりの原因になることがわかったので、手作り加湿で、お部屋の乾燥を防ぎたいと思います。

洗濯物を干すのもいいですが、見栄えが悪いですよね。簡単でおしゃれな手作り加湿器、是非作ってみてください。

by yozayuzu

Sponsored Link

関連記事はこちら