毎年5月の第2日曜日は母の日です。お母さんへの感謝の気持ちを込めてメッセージカードを手作りしてはいかがでしょうか?

今回は細かい作業が苦手という、手先の器用さに自信がない方でも作れる、簡単で見栄えがする華やかなメッセージカードの作り方をご紹介したいと思います。


メッセージカード作りに必要なもの

女性Aさん
どんな材料が必要ですか?
女性Bさん
手軽に100均で揃う材料を使って作ろうと思います。

メッセージカード 材料

  • 色画用紙(100円ショップ)
  • フェルトの花(100円ショップ)
  • シールリボン(100円ショップ)
  • ボンド
  • はさみ
  • カッター

 

メッセージカード花束の作り方(内側)

女性Aさん
不器用ではさみを使う作業が苦手な私でも作れますか?
女性Bさん
はい。簡単な作業で細かい作業が苦手な方でも失敗なく作れます。

STEP①色画用紙を折る

厚紙を二枚用意します。一枚は外側の表紙に、もう一枚は内側になるので、それぞれ色を変えましょう

その二枚を半分に折ります。

色画用紙 折る

 

 

STEP②花束の持ちて部分を切る

色画用紙 切る

内側になる方の色画用紙を使います。

①で半分に折ったものの中心よりやや下に2~3cm切込みを入れます。

 

STEP③折り目をつける

切込みを入れた部分を山折り、それ以外の部分を谷折りにします。

色画用紙 切込み 折る

 

STEP④花束の持ちて部分に同じ形の紙を貼る

花束 持ちて

花束の持ちて部分に台紙と違う色の紙を貼りましょう。

上の部分をギザギザにしたりしても良いでしょう。

 

STEP⑤花を貼っていく

メッセージカード 花 接着

バランスよく、花束の持ちてから溢れるように花を配置し、ボンドで貼っていきましょう。

フェルトを自分で好きな形に切り抜いて使っても良いですが、この最初から花の形になってるものを使うともっと簡単に作れます。

 

メッセージカードの表紙の作り方(外側)

花束ブーケの作り方(内側)STEP①で折った、もう一枚の厚紙を使用します。

STEP①半分に折った厚紙に小窓を作る

メッセージカード 表 小窓

半分に折った厚紙の片側、真ん中に5cm×5cmの小窓を作るため、カッターで切りぬきます。

(この時、下にカッティングシートを敷いたり、分厚い新聞紙を敷いたり、テーブルがカッターの刃で傷つかないようにしましょう)

 

STEP②花束ブーケを作った色画用紙と小窓を開けた色画用紙を重ねる

メッセージカード 接着

花束ブーケを作った方の厚紙と、小窓を開けた厚紙を重ねて端をのりで貼り合わせましょう。

のりをつける部分は厚紙の端だけです。

この作業は、型抜きアレンジする場合、型抜きした後からにしましょう。)

 

STEP③小窓部分に花を貼る

小窓 花

小窓部分の真ん中に花をボンドで貼りましょう。

女性Bさん
以上で基本となるメッセージカードの出来上がりです。後は、自分なりにアレンジをしていきましょう。

アレンジ

アレンジ①リボンを貼る

メッセージカード リボン

外側の表紙となる部分の飾り付けをしましょう。

メッセージカード リボン 接着

また、内側の花束の持ちてとなる裾の部分にリボンをつけてもかわいいでしょう。

 

アレンジ②模様を型抜き

型抜き パンチ

100均でも売っているパンチを使い、模様を型抜きしましょう。他の色が覗くことで華やかにも見えます。

型抜きしたものを貼っても良いでしょう。

このアレンジをする場合はSTEP②の二枚を接着する前に行いましょう。)

 

アレンジ③メッセージを書く

メッセージ

お母さんへの大事なメッセージ、このカードは飾りがメインなので短い文字を書きこみましょう。

長文にする場合は、別な紙にお手紙として書き、メッセージカードに添えましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?市販のメッセージカードもいいですが、たまには手作りのメッセージカードでお母さんを驚かせ、日頃の感謝の気持ちを伝えましょう。

きっとあなたの気持ちもお母さんに伝わることでしょう。また、このメッセージカードの作り方を知っていれば、誕生日やバレンタインなど様々なシチュエーション時にアレンジがきくでしょう。

女性Aさん
不器用で手作り工作とは無縁だった私でも簡単に作れそうです。ありがとうございました。


関連記事はこちら!