ピーマンを半分に切ってみたら、種が黒く変色していた。

こんな経験をした人は多いはず。

私も経験者です。

ピーマンの黒くなった種

これは、ピーマンを約4週間冷蔵庫の中に放置してしまっていたものです。

種の一部分が黒く変色してしまいました。

ピーマンの種は何で黒くなるのかな?
料理に使ってもいいのかしら?
そんな疑問を解決していきましょう。

今回は、

  • ピーマンの種が黒くても料理に使えるのか
  • ピーマンの種・生のピーマンは食べてもいいのか
  • ピーマンの種の取り方

についてお話しますね。


ピーマンの種が黒い!取り除けば料理に使える?

使えます!

黒くなった種を取り除いてしまえば、なんの問題もありません。

 

なぜ種が黒くなるの?

 

ピーマンは、ヘタや種から劣化がはじまります。

種が黒くなったということは、鮮度が落ちているということなんですよ。

 

 

でも、

実自体が腐っているというわけではありません。

 

 

だから、

種さえ取り除けば料理に使うことができるというわけです。

 

野菜には、賞味期限の記載がないので判断が難しいですが、

  • ヘタの部分が変色している
  • しなびている
  • 緑色の光沢がなくなっている
  • 臭いがする

これらのピーマンは要注意!

しっかり確認してから使うようにしてくださいね。

黒く変色した種の周りもきちんと確認してください。

そもそもピーマンの種って食べられるの?生で食べてもいい?

ピーマンの種、なんの意識もせずに取り除いていませんか?
はい、取り除くものだと思い込んでいました。

 

実は、

ピーマンの種は食べることができます。

ピーマンは丸ごと食べてok!

 

ピーマンには多くの栄養成分が含まれています。

ビタミン豊富で疲労回復の効果や夏バテ防止などの効果がありますよね。

 

栄養成分のなかで、種にしか含まれていないものがあるんです!

ピラジンといわれる栄養成分ですが、聞きなれないものですね。

ピラジンには血液サラサラの効果が含まれています。

 

でもピラジン・・・

実はコレには、苦味成分が含まれています!

ピーマンの苦味が苦手という人は、種を取り除いたほうがいいかもしれませんね。

 

でも種ごと料理して、栄養摂取する方法もあります。

苦味を感じさせないものばかり!

調理法はこちら↓

 

どちらの料理もとっても美味しそうですね。

さっそく作ってみたいです。

 

 

ピーマンは生で食べることができます。

熱を加えることで、ピーマン独特の苦味を消す効果がありますね。

加熱して食べるイメージが強いですが、生でもOK!

ただし生の場合は種は取り除きましょう。

 

生のピーマンでも、シーチキンやコーンと一緒にマヨネーズ味にすることで子供も食べられそうですね。

 

栄養価の高いピーマンを生で食べることで、よりよい栄養素を摂取できますね。
次のことにも気をつけてみてください。

 

生でピーマンを食べるために必要なこと
  • 新鮮なピーマンを選ぶ(ヘタの緑色が鮮やかで黒くなってない・実がツヤツヤで肉厚)
  • 種やわたをきれいに取り除く
  • 繊維にそって切る

 

 

ピーマン

こんな風に、みずみずしいピーマンを選んでみてくださいね。

 

ピーマンの種の取り方は?

以下の3パターン紹介しますね。
  • 輪切りの場合
  • 千切りの場合
  • 種が飛び散らない方法

輪切りでピーマンを使いたいとき

ピーマンのヘタの部分を、親指で押し込みます。

ピーマンの種の取り方

 

 

中に入ったヘタと種をきれいに取り除きます。

指を入れてとった残りは、逆さまにして軽く振ると種がでてきますよ。

ピーマンの種の取り方

 

ピーマンの種の取り方

指を強く入れすぎると、ピーマンが割れてしまうこともありますのでキレイな輪切りで使いたい場合は慎重に行ってくださいね。

ピーマンの種の取り方

 

 

千切りでピーマンを使いたいとき

ピーマンを縦半分に切ります。

ピーマンの種の取り方

 

ヘタの部分に切り込みをいれ、ヘタと種を取り除きます。

ピーマンの種の取り方

ピーマンの種の取り方

 

繊維にそって切ることで苦味が軽減しますよ。

ピーマンの種の取り方

種が飛び散らない方法

実の部分のへこみに包丁を入れ、

ピーマンの種の取り方

へこみの部分で、一枚一枚わたをはがすように種からとります。

ピーマンの種の取り方

種が飛び散ることなく取り出すことができますね。

ピーマンの種の取り方

まとめ

今回のポイントです。

  • ピーマンの種は黒くても、取り除けば料理に使ってよい
  • ピーマンの種は食べられる
  • ピーマンは生で食べてOK(種は取り除く)
  • ピーマンの種の取り方は、切り方によって使い分ける

ピーマンの種に対する疑問が解決しましたか?

ピーマンは栄養豊富で彩りも鮮やか、いろんな料理に用いることができます。

レパートリーを増やして、栄養満点のお料理をつくってくださいね。

 



関連記事はこちら!