金魚すくいって楽しいですよね(^▽^)子供は勿論、大人もついつい袖をまくって夢中ですくってしまいます。

露店でも人気の金魚すくい、時には子供に「家でも金魚すくいがしたい!」とせがまれるかもしれません。金魚は無理でもスーパーボールで代用したりして子供用のプールに沢山浮かべ、楽しく遊べたらいいですよね。

金魚やスーパーボールは準備出来るけど、すくうポイってお店に売ってるのを見た事がないわ…。

それでは今回は金魚すくいで使うポイについて、材料選びや作り方などを大公開しちゃいますよ!金魚すくいを家でもやってみたいお母さん必見です!

金魚すくいのポイを手作り!まずは材料選びから!

金魚すくいをするのに大事なポイ。既製品を買ってもいいですが、そんなに沢山必要でないなら手作りをしてみると良いですよね。紙や枠の材料選びは以下の通りになっていますよ。

ポイで使う紙ですが、紙といっても色々あります。キッチンペーパーや半紙、ティッシュペーパーに折紙。少し考えただけでもこれだけの種類がありますよね。

紙の強度は強い順にこちらのようになります。

折紙<キッチンペーパー<半紙<ティッシュペーパー

本格的に遊びたいなら、強度のあまりない紙を選んで使うのが良いでしょう。強度があまりない紙で一番お手軽なのは、ティッシュペーパーです。すぐには破れませんが、水にある程度の時間をつけていると破れますし何回も金魚をすくっていると破れますよ。金魚すくいのポイ、自分で是非作ってみて

関連記事)金魚すくいの金魚の寿命は?長生きさせるコツを知りたい!

枠は家で楽しむなら沢山は必要ないので、ダイソーなどの100円均一で売られています。もし家にあるもので代用をするなら、針金をねじりながらポイの枠のように作ると良いです。

露店の金魚すくいで破れてしまったポイを貰う事は出来ますが、沢山のポイを貰う事をお願いするのは勇気が必要なのでもし欲しいなら頑張って「破れたポイを下さい」と言ってみましょう。

糊でオススメなのはでんぷん糊です。でんぷん糊は水に溶けますが、遊んでいる間は溶けて剥がれる事はありませんよ。でんぷん糊は金魚にも優しいので、安心して使って下さいね。

金魚すくいのポイの作り方は?

材料は分かったけど、どうやってポイを作るのかしら?
ポイの作り方はそんなに難しくないですよ。
  1. ポイの外枠の回りに糊をつける
  2. ポイの紙を枠につける。この時に紙がよれたりしないように気を付ける
  3. 乾燥したら出来上がり

もし紙が枠より大きかったら糊をつけて乾いてから回りを切ると良いですね。
金魚すくいのポイ、作ってみると意外と簡単!

ポイの強さはどうやって変える?

ポイの強さは、本格的に楽しみたい方にはティッシュがオススメです。長く楽しみたいけど、破れないと面白くないなと思う方は半紙。とにかく沢山すくって楽しみたい!と言う方にはキッチンペーパーや折紙をオススメします。

実際ひとつ試作を作ってみて、色々な紙を使って試してみるのも良いですね。

ちなみに…金魚すくいとスーパーボールすくいのポイは同じ?

そういえばポイを使う露店で、スーパーボールすくいってのもあるわよね。金魚すくいで使うポイとスーパーボールすくいで使うポイって同じなのかしら?
はい、金魚すくいで使うポイとスーパーボールすくいで使うポイは同じものです。

ただ、スーパーボールは金魚より重いものもあるので紙の強度は半紙程度が丁度良いです。金魚は生き物だから扱うのが心配、というならスーパーボールすくいで楽しむのもいいですよね。金魚すくいのポイ、強度を変えれますよ

さいごに

  • 金魚すくいのポイを手作りするなら、紙や枠は沢山なら通販・少なくていいなら手作りするのが良い
  • ポイの作り方は簡単なので内職感覚で作って
  • ポイの強さは市販のポイの紙なら変えられる。手作りで作るなら半紙などで変えられるので色々な紙を使って試してみて

子供に人気の金魚すくい、急に子供からやりたいと言われると困ってしまうかもしれません。そういう時には針金とティッシュで手軽にポイを作って、金魚の代用で玩具の金魚やスーパーボールと一緒に浮かべて遊ぶときっと楽しいですよ。

皆さんもこの記事を参考に、オリジナルのポイを作って金魚すくいを楽しんで下さいね♪



関連記事はこちら!