Pierce Eye-catching image 2

 

ピアスは可愛いデザインいっぱいあるけど、イヤリングはあんまりないよね?
ピアスの穴開いてなかった?
それが、しばらくピアスしない間にふさがっちゃったんだよね。
えー、なんかもったいない!
そうだよね・・・痛い思いして開けたのに・・・もう一度貫通させるのはムリかなぁ?

 

こんなことってありませんか?

私の周りでは、けっこうあるある!

というか、私も何度も塞がった(ふさがった)経験があります。

ということは、ふさがった穴を復活させることもできるの?

そう!

私は、何度もふさがった穴を復活させてきました。

今回は、ピアスの穴が塞がってしまったというあなたのために

  • 復活方法
  • ふさがるまでの期間
  • こんな時は病院へ

という気になるあれこれを実体験とともに、お話ししたいと思います。

Sponsored Link

ピアスの穴をもう一度貫通させることはできる?復活方法は?

久しぶりにピアスをつけようと思ったら、穴がなくなっちゃってて・・・もう復活は無理なのかな?
  • 病院で復活させてもらう
  • 自分で復活させる

という方法があります。

もう一度貫通させることができるかどうかは、ふさがってしまってからの期間にもよりますが期間が短いほど復活させることが可能です。

自分で復活させる方法を紹介します。

復活方法

  1. スタッドピアス(シンプルなまっすぐなキャッチが付いてるピアス)を用意します
  2. ピアスの芯の部分にクリームを塗る
  3. 穴があった場所に、まっすぐ刺す
  4. ゆっくり押し進めて貫通させる
  5. 穴が空いたら、芯にクリームを塗ったフックピアスを通す
  6. 毎日ちょっとずつピアスを動かす
  7. その際に、薬を芯につけて動かす
  8. 穴が安定したら、色んなピアスを楽しめる

 

中には爪楊枝で穴を復活させるという方もいらっしゃいますが、お粗末な爪楊枝だと木の棘が刺さっちゃったり、途中で折れてしまうこともあります。

私も、爪楊枝でやってみた時は、先が尖っていて痛い上に、力を込めてやると折れてしまいました。

この木の破片が皮膚に入るとまた大変ですしね。

私のオススメはスタッドピアスです。

pierce

しかし、普通に通そうとしても通りません。

ちょっとしたコツが必要です。

ピアスを貫通させるコツ
  • 貫通させる時に、穴を開ける役目となるスタッドピアスにクリームを塗る
  • 表から刺したり、裏から刺したりする
  • 一気に貫こうとしない
  • 徐々に時間をかけてじわじわ貫く

ワセリンやコールドクリーム、オロナインなどをピアスの芯部分に塗って置くと、滑りが良くなり貫通させやすくなりますよ。

pierce

表から刺しても通らない場合は、裏から刺してみるのもオススメです。

このように裏からだとスッと刺さったという方もいます。

ただ、この際に痛みも伴います。

一気に貫こうとすると血が出るので、何度もクリームを塗り、ゆっくりと表や裏からジワジワ薄い膜を破る要領で押し進めましょう。

私は、耳たぶを引っ張ることで肉が薄くなり貫通させやすくなりましたよ。

一度開いたらもう穴は大丈夫。

ちょっと太めのフックピアスを、しばらく付けっ放しにします。

その際に血が出たり、ヒリヒリ痛むこともありますので、ケアすることも忘れずに。

私はオロナインをフックピアスに付け、それを日に何度か動かすようにしていました。

また、かさぶたのようなものがピアスに付いていたら、それはティッシュで綺麗に拭き取りましょう。

清潔に保つことも重要です。

その上で、滑りを良くしたピアスを動かしながら穴をしっかり固定させましょう。

pierce%e3%80%80%ef%bc%91

この時に外すと、穴は傷状態なためふさがりやすくなっています。

2週間ほど(個人差あり)この状態をキープすると、穴も安定し再び色んなピアスを楽しめるようになりますよ。

 

そもそもピアスの穴がふさがるまでの期間は?

そもそも、どれくらいピアスをつけないでいるとふさがってしまうものなんでしょうか?

人間の体には治癒力というものが生まれながらにしてあり、体がピアスの穴を傷と判断すると、そこを回復しようと穴はふさがってしまうんです。

この治癒力には個人差もありますし、ピアスを開けてからの期間も関係します。

ピアスを開けてから間もない人は、それだけふさがりやすくもなりますし、ピアスの穴が大きければそれだけふさがるまでに時間がかかります。

早い人では1週間以内でふさがり、長い人では半年ほどでふさがることが多いようですが、1ヶ月していないと通りにくい状態となります

日数には個人差はありますが、10年間あいていた穴だからという安心もできません。

piass

個人差がありますので、色んな方の経験を紹介します。

このように、穴はふさがりやすい人もいれば、半年以上放置しててもふさがらない人もいます。

穴がふさがるのスピードの早い人は、それだけ治癒力の高い人という体質もあるようです。

しかし、このように一度開けた穴は完全に皮膚となっているというよりも、わずかな穴があり、その周りに膜ができているという状態であることも多いのです。

だから、自分でも復活させることができるんですね。

こんな時は注意!!病院へ

でも、穴を再び開けるのは痛くないんですか?

最初に穴を開けた時ほどではないですが、多少の痛みはともないます

  • なかなか穴が開かない
  • 化膿しやすい
  • 怖い
  • シコリが出来てる

こんな場合は、病院に行って再び開けてもらうことをオススメします

中には、穴が完全にふさがってしまっているという方もいます。

その場合は穴を開け直す必要がありますが、シコリだけが残ってしまっている場合もあります。

そのため、自分でそこに穴を開け直すのは難しくもありますが、病院の場合でしたら、医師に相談しながら開けることができるので、同じ穴に再び開けてもらうことが可能な場合もあります。

hospital

中には、化膿してピアスの穴どころじゃなく腫れ上がってしまう人もいますからね。

こんな体験談もあります。

このような場合は、もう初めてピアスの穴を開けたのと同じ状態です。

冷やしたり、消毒したりが必要ということになります。

しかし、どうやっても通らない場合もあります。

無理して自分で痛い思いするよりも、病院で再び開けてもらう方が心配や怖さも少なくて済みますよ。

元々化膿しやすい体質の人は、病院で開けてもらう方が化膿止めも処方してもらえ、後々穴を維持することを考えたら安心です。

ふさがった時にシコリができてしまった場合は、無理に復活させようとせず病院で相談することをオススメします。

実際の体験談を聞け、参考になりました。

最後に

  • ピアスの穴の復活は、スタッドピアスとワセリンを使って
  • ピアスの穴がふさがるのは、治癒力の違いが関係する
  • 早い人では1週間以内でふさがり、長い人では半年ほどでふさがることが多い
  • 完全にふさがってしまうこともある
  • シコリができたり、腫れて膿を伴うものの、復活を考えている場合は、病院へ

 

ちなみに私は1ヶ月ピアスをしていなかったら、見た目にピアスの穴の痕はあるものの、ふさがっていました。

もちろん、無理にピアスをつけようとしても痛くて入らず。

そこで、しっかりクリームをつけたスタッドピアスをゆっくり表からと裏から通すことで貫通しました。

再び穴が復活した後も、しばらくはヒリヒリ感があります。

シコリにならないように軽く耳たぶをマッサージしたり、消毒をしながらピアスを頻繁に動かすことで2週間ほどで穴も安定しましたよ。

その際、ちょっと太めのピアスをつけておくことをオススメします。

ちなみに、私はしょっちゅうピアスをすることを忘れるため、ピアスの穴を開けてこの17年・・・何度ふさがっては復活させることを繰り返したか・・・

穴をふさぎたくない場合は、一週間ピアスを全くつけないということがないようにしましょう。

仕事や学校で付けられない場合は、たまにピアスを穴に通して貫通を確認するだけでも違いますよ。

せっかく最初に痛い思いして開けたピアスの穴、たくさん持ってるピアスを無駄にもしたくないですし、無理ない程度で挑戦してみてくださいね♪

Sponsored Link

関連記事はこちら!