夏になると花火やお祭りなどの楽しいイベントや冷たいかき氷がおいしい季節になります。しかしそれと同時に夏の一番の悩みが、蚊ですよね!

「プ~ン」と耳元で聞こえたら本当に嫌な気分になってしまいます。娘が生まれて初めての夏は蚊に刺されないか心配で対策について悩んでいました。

そんなときに活躍するのが蚊取り線香ですが、実際人やペットに影響はないのか気になりますよね。ましてや妊婦さんや赤ちゃんがいる家庭は心配になると思います。

今回は、蚊取り線香に使用されている成分や、その成分が人やペットに害はないのかなど、気になる点をまとめましたの紹介していきます。


蚊取り線香や電子蚊取りの成分は人に害はないの?

46e36d6f8c2e6e1023bdf536f92bc7c5_s

緑の渦巻き型の蚊取り線香の有効成分として、「ピレスロイド」という化学成分が含まれています

ピレスロイドとは、除虫菊(シロバナムシヨケギク)に含まれる「ピレトリン」に類似した化合物でゴキブリやハエ・蚊などの神経を麻痺させる効果があります。

 

除虫菊(シロバナムシヨケギク)だけを使っていたら生産も追いつかないので、化学合成して「ピレスロイド」を作ったのです。ピレスロイドは体内に入ると酵素によって代謝分解され体外に排出されるので人に害はなく問題なく使用することができます。

しかし、蚊取り線香の煙を直接大量に吸ってしまったりすると、頭痛が起きるなど体調不良にもなりかねませんので気を付けてくださいね。

また、最近電気蚊取り線香の種類によっては、人に悪影響を及ぼすものもあります。使用する前に一度含有成分を調べておくと安心ですね。

妊婦さんや赤ちゃんがいても使用して問題ない?

妊婦さんや子育て中のママにとって蚊取り線香は、虫が死んでしまう効果があるのでとても心配になりますよね。でも大丈夫です、蚊取り線香は人間にほとんど害はありません。妊婦さんも赤ちゃんにも安心して使うことが出来ます。

赤ちゃんがいる家庭での注意点を紹介していきますね。
  • 煙の刺激に注意
  • 蚊取り線香の誤飲
  • 蚊取り線香による火傷
  • 部屋の換気

蚊取り線香の煙は、目や喉の粘膜を刺激することがあるので、注意が必要です。また、赤ちゃんが蚊取り線香を誤って食べたり、触って火傷してしまったりする事故が多いのが現状です。好奇心旺盛の赤ちゃんが手に届くところには絶対に置かないようにしましょう。

例えば赤ちゃんを別の部屋に移動させて、前もって蚊取り線香を焚いておくのも一つの方法になります。両端から火をつけると時短になるのでそうすることで安心安全になりますよ。

蚊取り線香を使うときは、部屋を閉め切って長時間使用することは避けるようにして、ときどき換気をするなど空気の入れ替えをしてあげましょう。正しい使い方さえすれば安全に使用することが出来ます。

赤ちゃんがいる家庭では、火をつけて炊くタイプだと万が一何かあると心配なので電気蚊取り線香がお勧めです。今ではコードがない電池タイプなんかもあるので上手く利用してくださいね。

それでも気になる場合はどうすればいいですか?
  • 一番安全な蚊帳を使う
  • 天然成分である除虫菊蚊取り線香を使う
  • 市販の虫よけスプレーやハッカ油やアロマオイルで自作する
  • 電気殺虫剤を使ってその都度退治する

蚊取り線香を使わない方法としては、紹介した4点で対策をとるのがいいかと思います。

また赤ちゃんが蚊に刺されたとしても、蚊に対する抗体がないので刺されてもかゆみは感じません。痒みは刺されていくことで抗体ができてかゆみを感じるようになるので、痒がったり痛そうにすることがなければ、特に薬など塗らなくても大丈夫ですよ。

8d91e8df6f046fe5c757ea14d352cba6_s

犬や猫、ハムスターや熱帯魚などペットにはどう?

a7ef5e9b290b8897a5966f0ef3432002_s

 

人間と同様に犬や猫などの哺乳類も蚊取り線香の成分を分解する細胞をもっていますので心配しなくても大丈夫です。家の中でペットとして飼われている方も安心して使ってくださいね。またハムスターや熱帯魚にも影響はありません。

それでも小さいハムスターなどの動物の近くで長時間使用するのは避けた方がいいです。アレルギー症状がでる可能性もあります。そのため、風通しをよくして、短時間の使用に控えるようにしてあげてくださいね。

ピレスロイドの成分で注意すべき点は、昆虫類や爬虫類、両生類には神経を麻痺させる毒であるということです。カブトムシやクワガタなど飼っている家は、死んでしまう事もあるので使用しないようにしましょう。

 

最後に

471ec80c69e4ef843ea33b0da3cd48a1_s

蚊取り線香についておさらいしましょう

 

  • 蚊取り線香の成分は体の中で分解されるため安全!
  • 妊婦さんや赤ちゃんに犬や猫もOK!ただし、煙を吸いすぎないように。
  • そもそも蚊をいれないように窓をしめるなどの対策をしましょう

 

我が家では外で遊ぶときに蚊取り線香を使用していますが、家の中では実は蚊取り線香は使っていません。窓は開けっぱなしにせず、洗濯物は素早く入れて、網戸もしっかり締めるなど対策して今のところ蚊のトラブルはありません^^

ですが、使い方さえきちんとしていれば家の中で使うことも可能なんだと今回知ることができてよかったです!

大人より新陳代謝がいい赤ちゃんは蚊が近寄ってきやすいのでしっかり対策をしてあげましょう。



関連記事はこちら!