子供を連れて、セレブレーションホテルで宿泊したいと思っているんだけど、どうなんだろう。

大丈夫だよ!
私は1歳と3歳の子供と宿泊したよ!
そのお話をまとめていくね。

では、今回はセレブレーションホテルに1歳の息子と3歳の娘を連れて、宿泊したことを書いていきたいと思います。

内容はこちら。↓

  • セレブレーションホテルに子連れで宿泊
  • アメニティはどんなものがある?備品などは?
  • パジャマはどんな感じ?
  • 幼児や赤ちゃんがいても安心なサービスとは?
  • 子供の宿泊料金は?

先日、宿泊したばかりなので、新しい情報を見て頂けると思います。

では、最後までお付き合いくださいね♪


セレブレーションホテルに子連れで宿泊!

セレブレーションホテルに子連れで宿泊してきました!
そのお話をしていきますね。

まず、今回お話しする内容はこちら!

  • エントランス
  • 客室
  • お風呂やトイレ
  • アメニティや備品など

こちらの内容をお写真も載せつつ、お話していきますね♪

では、詳しく見ていきましょう!

エントランス

まず、エントランスからお話していきますね。

エントランスでは、ホテルの受付ができます。

待ち時間は、以下のサービスがありました。

  • フォトスポットで写真撮影
  • シールプレゼント
  • ディズニー・チャンネルがテレビでしている
  • バルーンアートプレゼント

まず、セレブレーションホテルのフロントは、こんなに写真がキレイに撮れそうなところがあるんです!

ミニーの後ろにあるコーヒーカップのイスも素敵ですね!

ソファーもいかにもディズニーって感じのものでした!
可愛い!

それに、バルーンアートはお姉さんがわざわざ声をかけてくれ、作ってくれるんです。

これはバルーンアートを作ってもらっているところです。↑

写真を撮る前に息子に割られてしまいましたが、娘はお姉さんすごいと大興奮!

以前のパームホテルにはよく宿泊したのですが、ディズニーホテルになってから、サービスも良くなっている感じがしました。

客室

客室はすごい数あるので、エレベーターから遠いお部屋だったので、歩くのが大変でした。

お部屋に入ると…。

うぁーーーー!!!
ファンタジーランドの世界が!

娘はピノキオやピーターパンが好きなので、またしても大興奮!

ここは4人用の客室でした。

ベッド2つにソファーベッド2つでしたよ。

クロスもディズニーなんです!↓

ファンタジーランドにある乗り物がいっぱい!夢がありますね〜♪

アリスのティーパーティーの写真まで飾られています。

この写真やイラストが飾られているところのクロスは、ダンボなどが描かれているクロスでは無いんです!

写真を強調しているところも、さりげないディズニーの演出なのかもしれませんね。

すべてこのキャラクターが描いていないクロスでもいいのに、キャラクターのものにしたところが素敵ですね。

お風呂やトイレ

お風呂やトイレも気になるところ!

トイレの写真は撮っていないのですが、お風呂の写真はこちらです。↓

トイレとお風呂はセパレートになっているんです。

シャンプーボディーソープは備え付けのものがありました。

ボディースポンジも使い捨てのものが、4つ置いてありました。

浴槽も幼児2人と大人1人なら入れるサイズでした。浴槽は、深めでした。

お湯を入れるのは自動の機能がついていないので、こまめにお湯が入っているか確認しながら入れないといけません。

最近のご家庭は自動になっていると思いますので、ご注意くださいね!
とくに子供連れだと、めんどくさいですよね。

脱衣所はこんな感じです。

ステップ台がついているのは、嬉しいですよね。

身長が95センチの娘もこのステップ台で、きちんと手が洗えていました。

タオルも4枚用意がされていて、子供用にタオルを持っていかなくてもいいと思いますよ〜!

 

トイレは補助便座が無いので、子供はトイレをしにくそうでした。

ウォシュレット付きのトイレでしたよ。

おむつを捨てれそうなエチケット袋は、とてもサイズが小さく、しめられないので、別に袋を持っていくほうがいいかもしれません。

アメニティーや備品など

アメニティーも少しだけ用意がありましたよ!

上の写真のアメニティーは、歯ブラシブラシアメニティーキット(綿棒・コットン・ヘアバンド)です。

歯ブラシは大人用4本、子供2本の用意がありました。

子供用は客室には無く、フロントで手渡しをしてもらいました

上でもふれましたが、写真には載せてませんが、ボディースポンジも置いてあります。
タオルも4枚ありました。

そして、ハンドソープシャンプーも備え付けのものがありましたよ〜。

それ以外にもこのようなアメニティや備品などがあります。

 

  • 髭そり(フロントに用意あり)
  • 化粧品セット(洗顔料、クレンジングオイル、化粧水、乳液:フロントに用意あり)
  • 子供用パジャマ(フロントに用意あり)
  • 大人用パジャマ
  • ヘアードライヤー
  • 室内用スリッパ(子供用はフロントに用意あり)
  • ベッドガード
  • 加湿器
  • WiFi
  • セーフティーボックス
  • 冷蔵庫
  • 電気湯沸しケトル
  • 無料のお茶(ティーバック)

 

子供用のパジャマは100センチからなので、小さいお子さんは自分のパジャマが必要です。

デザインはこんな感じです。

大人用に関しては、身長が143㎝の私でも使えました。
子供用のパジャマは、娘(普段、服は95~100cm)が使っても、裾を折り曲げずに使えました。

 

ただ、スリッパは男性だと小さくて履けないかもしれません

主人は、スリッパが小さいと言ってました。

気を付けてくださいね。

 

アンバサダーホテルではコップももらえたりしましたが、セレブレーションホテルではもらえませんでした。

後、オムツ入れの袋も同様です。

その辺は、少しサービスの質が落ちますね。

ディズニーホテル徹底的にまとめました!子連れのオススメポイントはここ!:ディズニーホテル♪子連れにオススメなポイントまとめ!

 

では、次に幼児や赤ちゃんがいても安心なサービスを紹介しますね。

幼児や赤ちゃんがいても安心なサービスを紹介!

赤ちゃんや幼児にも安心なサービスってある?
そのサービスについて、まとめていくね!

上でも、「このサービス良かったよ〜」という内容をまとめていますが、今からおさらいしていきましょう!

  • エントランスのフォトスポット
  • エントランスでディズニーチャンネルの番組がしている
  • バルーンアート
  • スタッフからシールがもらえる
  • 脱衣所にステップ台あり

それ以外に、良かったところをまとめていきますね。

シャトルバス

ディズニーランドに行くシャトルバスでは、朝の混雑していない時間帯だと、ベビーカーは折り畳まなくてもいいですよと言われました

荷物も多かったので、とても助かりました。

セレブレーションホテルのバス

ディズニーランドからの帰り、シャトルバス乗り場には、誘導するスタッフの方がいましたよ。

主人がスタスタと一人でシャトルバス乗り場の列に並んでしまい、私はベビーカーと子供と荷物を持っていて、どうしようかと困っていました。

スタッフの方が「ご主人さんと一緒に乗車出来るようにしますので、安心してくださいね」と言ってくれましたよ。

セレブレーションホテルのシャトルバス!これを読めば予習は完璧!:セレブレーションホテルのバスの混雑状況まとめ!攻略方法完全ガイド

コンビニ

セレブレーションホテルのコンビニには、子供用の離乳食が置いてありました。

私は持参していたのですが、足りなくなったらとても便利ですよね。

コンビニで買えるので、荷物を少なくするために「離乳食を持って行かない」という選択肢もできるようになりますね

ちなみにコンビニはローソンが入っていました。

 

コンビニ内は、ベビーカーでは入りにくいと思います。

結構、たくさんの人が利用されるので、晩御飯や夜食を購入される方は、早めに買いに行きましょう。

入園保証

セレブレーションホテルに宿泊すると、入園をする時の特典があります。

ディズニーの日付指定でないチケットは、入園保証がありません。(2パーク共通の年間パスポートも入園保証がありません。)

 

もし、子供がぐずったり、乗りたい時間に無料のシャトルバスに乗れなくて、開園してから入園することになってしまうこともあると思います。

パークに行ったはいいけれど、入場制限の為、入れないとなるととても残念ですよね。

そんな時に入園保証があると、入園保証のないチケットでも安心してパークを楽しめるんです!

 

入園保証の証明は、ホテルのチェックイン時にルームキーと一緒に「宿泊証明書」を手渡されます。

この証明書を入場制限がかかっている時に、キャストに提示すれば中に入れてもらえます。

とくにパスポートの券種は関係ありません。

 

入場制限がかかりやすい月を以下にまとめてみました。

  • 3月
  • 1月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

卒業旅行シーズンとハロウィン、クリスマスの時期が人気ということですね。

 

入場制限がかかりやすい曜日は、以下の曜日です。

  • 土曜日
  • 日曜日

日曜日より、土曜日の方が入場制限がかかりやすいです。

ディズニーでは水曜日が空いていると言われていますので、水曜日を狙っていかれるのもいいかもしれないですね。

 

 

ハッピー15エントリー

上の入園保証とは反対の内容になりますが、少しでも空いているパークで楽しみたいという方にオススメです。

 

たとえば、ディズニーランドにある「ミート・ミッキー」というミッキーと写真が撮れるところがあるんですが、そこはいつも混雑しています。

「ディズニーに行ったからには、ミッキーとお写真を撮りたい!」と意気込んでいたのに、100分待ちという表示を見ると、「やめておこう」となってしまいます。

とくに小さいお子さんがいると、なかなか100分は待てないですよね。

 

でも、ハッピー15エントリーを使えば、普通の入園時間に入園する人よりも15分早くに入園できます

子供も朝なら、元気いっぱい!

少しの待ち時間なら待ってくれるんですよね。

小さい子供がいるからこそ、使ってほしいサービスです。

ディズニーのお土産屋さん

セレブレーションホテルには、ディズニーランドやシーのお土産も販売しているんですよ。

「子供がいるとたくさんの人の中では見にくい」、「お土産物を持ち歩くのが重たい」という方には、とっても助かりますよね。

配送サービス

有料ですが、「ホームデリバリーサービス」というものもあります。

これは、ホテルから自宅まで荷物を運んでもらえるサービスなんですよ。

それなので、お土産屋さんで買ったお土産を自宅まで配送してもらうこともできるんですよね。

小さな子供がいると、荷物が多くなりがちなのでとてもオススメです。

自宅以外にも、以下の場所にも配送してくれるようです。

  • 羽田空港
  • 東京駅

すべて有料ですが、とっても助かりますよね。

これと同様のサービスがあります。

舞浜駅からホテルに有料で、荷物を配送してくれるサービスもあります。

そちらは、荷物1個につき400円です。

それ以外にも、ディズニーチャンネルが見放題というのも嬉しいですね!

次では、セレブレーションホテルの子供料金についてまとめてみましたよ。

セレブレーションホテルの子供の料金は?

セレブレーションホテルの宿泊って、子供はいくらいるの?
それでは、そちらを説明していきますね。

添い寝が出来る場合は、乳児や幼児の料金は無料になります。

ただし、小学生以下しか添い寝の割引はできません。

普通のベッド(レギュラーサイズまたはダブルサイズのベッド)のみ添い寝ができることになっています。

補助ベッド(トランドルベッド、アルコーヴベッド等)では添い寝ができません。

私の宿泊した客室の場合、普通のベッドが2つ、補助ベッドが2つでしたので、乳幼児は2人まで利用できるということになります。

 

ディズニーのホテルの場合、少しややこしいのですが、1つの客室に1泊3万円などという料金設定がされています。

1人○○円と出されているわけではなく、お部屋ごとに値段の設定がされているんです

 

たとえば、3人客室で3万円のお部屋に泊まるとします。

そこのお部屋が普通のベッド2つ、補助ベッド1つだったとしましょう。

通常、このお部屋に宿泊出来るのは、中学生以上の人が3人泊まれるようになっています。

しかし、小学生以下の子供がいる場合、普通のベッドが2つあるので、最大2人まで添い寝できますね。

合計5人で宿泊できるということですね。

参考にしてくださいね。

それでは、まとめをみていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

では、今回のまとめをします。

 

  • セレブレーションホテルに子連れで宿泊!オススメなところは?
    • エントランスでバルーンアートをしてくれたり、シールをくれた
    • 客室の絵がとても可愛かった
    • 脱衣所にステップ台がついているのが助かった
    • タオルもたくさん用意されていてよかった
    • シャトルバスで混んでいなければ、ベビーカーを畳まなくていい
    • ホテルのコンビニに離乳食がある
    • ホテルに宿泊で、入園保証がつく
    • ハッピー15エントリーのサービスを受けることができる
  • セレブレーションホテルの子供の料金は?
    • 小学生以下の添い寝の子供は無料
    • 普通のベッド1つにつき、添い寝は子供1人
    • 1歳未満は、ベビーベッドを用意してくれる

 

子供が一緒に宿泊しても、これを見ると料金がいらないみたいで、安心だわ!
「ハッピー15エントリーだけの為に宿泊するだけのところ」とネットで書かれているのを見ていたんだけど、結構よかったので、楽しんで来てね♪

他のディズニーホテルよりは、サービスは少ないです。でも、ビジネスホテルよりは満足できたと思います。

ただ、安いが故に修学旅行生の宿泊先になっていたりしました。

私が宿泊した時も、ちょうど修学旅行生が宿泊されていましたよ。

その時の無料のシャトルバスは、とても混雑しますので注意してくださいね。

では、皆さんも楽しい旅行になりますように。



関連記事はこちら!