春のスギ花粉は有名だけど、秋にも花粉症があるって知っていますか?

秋、9月~11月に症状の出る人はおよそ30%ほど。
実は私もそのひとりで、ここ2週間鼻が通ってません!

春花粉は症状を軽減させられなくても、秋花粉なら対策によっては発症を防ぐこともできます。
今回は、そんな秋の花粉症の原因や症状、予防対策についてお話します!

秋にも花粉症ってある?原因となる植物って?

a305bb5e53b44ba7b2767c0c9906c460_s
秋に代表される花粉の原因となる草花は、春のスギに比べ飛散量が少なく、飛散範囲も広くないので、ご紹介する草花に近づかないのも発症を防ぐ方法のひとつです。

【秋花粉の種類】

ブタクサ 日本各地に見られるキク科の植物。道端や野原などどこにでも生えており、花粉症の原因としては、スギ、ヒノキに次ぎ日本では患者数が多い植物。
ヨモギ 北海道、東北以外の地域に自生し、夏から秋にかけて、目立たない花を咲かせる。山地や野原に見られる。
カナムグラ 日本各地の道端や荒地等、日当たりのいい場所に生育。

どれも花期は7月~10月にかけて。
飛散量も飛散範囲ともスギに比べて程度が低いので、代表する草花に近づかないことが花粉症予防へと繋がります

残念ながら私は、子供と一緒に公園に行かざるを得ないので、ほとんど毎日のようにブタクサを見かける生活をしていますが、避けられるなら避けた方がいいですね。

秋の花粉症、どんな症状が出る?

症状には、花粉4大症状と言われる、鼻水、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみが見られます。

秋は昼夜の寒暖差が激しく、風邪と判断がつかないので、お医者さんに判断してもらうのがいいと思います。

目安としては、10日以上症状が続き熱もなく、無色で水っぽい鼻水の場合は、春秋問わず花粉症を疑ってください。

症状が出る前にできる対策とは?

1. 秋花粉に代表される植物に近づかない!

先にも話しましたが、まずはブタクサ、ヨモギ、カナムグラが生える場所に近づかないのが一番です。

風の強い日、乾燥が気になる日、前日が雨の日も飛散量は増えるので、外出には気をつけましょう。

2. 外出する時の服装に気をつける!

春同様、マスク、メガネ、サングラス、帽子を着用し、花粉の侵入を少しで減らした方がいいです。

95c39f5525d66d932f56ec075481cc33_s
綿よりはポリエステル
などのつるつるした素材の洋服を選んだり、スカートよりはズボンを履いたりするのもいいですね。

3. 帰宅後のうがい手洗い鼻うがい!

帰宅後は、うがい、手洗いをし、衣服に花粉が付着しているので、服を着替えるのがいいです。

それに加え、私は鼻うがい(鼻洗浄)もしています。
洗面器にぬるま湯を張って、小さじ2杯ほどの塩を溶かし、片方ずつ鼻の穴に入れては出します。

吸い込んでしまうと本当に痛いので、鼻に含んで上を向き、口を開けて声を出すと上手くいきます。
喉をうがいするのと同じ要領で、声を出してやってみてください。。

もともとは蓄膿の鼻洗浄で始めたのですが、花粉の洗浄にもいいと聞きやり始めました。
最初は怖いですが、慣れて上手くできるようになると、結構気持ちいいですよ!

4. 花粉ガードスプレーの使用

市販で売っているアレルブロック花粉ガードスプレーもおすすめです。

1日1回顔や髪などにスプレーするだけで、静電気、花粉、ウィルス、PM2.5を寄せつけないそうです!
メイクや衣服の上からサッと吹きかけられるのも、女性にはいいですね!

秋の花粉症、治療方法は?

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s
去年症状のあった人は、早めに病院にかかって薬を処方してもらい、「初期療法」で予防するのも手ですが、毎年のことなので、多くの人は市販薬で治療しているようです。

薬ではなく食品から治療したいと思っている方には、甜茶がおすすめです。

花粉症には抗ヒスタミン薬が効くのですが、甜茶には、甜茶ポリフェノールという成分が含まれており、その成分がヒスタミンの分泌を抑えてくれるそうですよ!
気になる方は、ぜひ挑戦してみてください!

最後に

c3f5b51578ab171cf7034d79780a6991_s
まだまだ温かいですし、11月までは気の抜けない秋花粉

秋花粉はイネだけかと思いきや、影響を及ぼすのは、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラという草花だそうです。

私は子供のこともあり外出しないという選択ができないので、ほとんど毎日マスクをして出かけていますが、予防策には一番は近づかないことだそうです。
野原や草むら、空地などには極力行かないようにして、予防対策をしてみてください。

by lulemon



関連記事はこちら!