空調が必要な時期になってくると、どうしても気になるのがエアコンの電気代ですよね。

ちなみに我が家は太陽光発電がついているので、日照時間が長い夏は気にせずエアコンを使ってもおつりがくるくらいでしたが、冬はそうはいきません。
そこで電力会社勤務の姉にいろいろ聞きながら、エアコンの電気代の節約方法についてまとめてみました。

Sponsored Link

冬のエアコン、電気代ってどれくらいかかるの?

denki3

エアコンは夏も冬もつけますが、実は冷房より暖房のほうが電気代がかかるってご存知でしたか?

エアコンを同じ25度設定にしても、
夏は室温30℃~35℃だとすると、5℃~10度下げればよい
冬は室温0℃~5℃だとすると、20℃~25℃上げなければならない

だから冬のほうがエアコンの電気代がかかるのです。

ちなみに総務省が出した統計をもとに、4人世帯の電気代を比較すると

2011年冬 2011年夏 2012年冬 2012年夏 2013年冬 2014年夏
¥14,247 ¥11,690 ¥13,588 ¥10,241 ¥12,297 ¥9,719

という結果になっています。

Sponsored Link

冬のエアコン、電気代の節約方法ってある?

はづき
そこでエネルギーアドバイザーの姉・むつきの登場です。
電気代を安くする方法はありますか?
むつき
あります。電気代を節約できるワザをご紹介しましょう

  • サーキュレーターを使う

暖かい空気は軽く、上に上がります。
だからサーキュレーター(なければ扇風機でもOK)で空気をかき混ぜてあげると部屋が暖まります。

  • 加湿器を使う

湿度が上がると体感温度が上がります。
冬の外気が特に寒く感じるのは、湿度が低く肌表面の水分が蒸発し、気化熱で熱を奪われるから。
エアコンを同じ温度に設定していても、湿度が高い部屋の方が温かく感じられるのです。

  • つけたり消したりしない

エアコンは起動時が一番電力が必要になります。だから照明のようにこまめにつけたり消したりすると逆に電気代がかかるのです。一度つけたらつけっぱなしにした方が実はお得です。
その際、自動運転にしておきましょう。一度室温を上げ、その後は温度を維持する運転モードのほうが消費電力が少なくて済みます。

  • LED照明にする

LED照明は消費電力が少ないので、夜が長く明かりをつけている時間が長くなる冬は、LED照明にすることで電気代を抑えることが可能です。

  • 窓に断熱対策をする

エアコンを主に使う部屋に、大きな窓がある場合、そこから冷たい空気が入り込んできます。窓に断熱対策をすると部屋の保温効果がぐんとアップします。

  • 機能性インナーを着る・厚着をする

着ると温かい下着が各メーカーから出ています。衣類での調節が最も効率よく電気代の節約につながります。上手に利用しましょう。フリースなど保温性の高い服を着るのも効果があります。

むつき
まだまだ小技はありますが、これくらい取り入れるとだいぶ効果があります。
ちなみに私は全身機能性インナー2枚重ねでぬくぬくよ
はづき
それって効果あるの?

薄めの機能性インナーの2枚重ねは、空気の層ができるので温かさがアップします。

冬のエアコンの設定温度、何度くらいがベスト?

denki2

むつき
ちなみにマンションの平均設定温度は28℃。
3分の1が28℃に設定しているそうよ。
一戸建ては東京の場合、24℃~25℃だけど
一戸建ては環境によってだいぶバラつきがあるわ
はづき
マンションは夏と同じ温度設定のままってことなのかしら

環境省は冬のエアコンの温度設定は20度を推奨しています。

むつき
設定温度を1℃下げると約10%の節電ができます

エアコンの欠点は立ち上がりに電気代がかかること。
ストーブやファンヒーターなど立ち上がりの早い暖房器具を同時に付けて室温を上げ、あとで消してエアコンで室温維持をすると、エアコンの設定温度が低くても温かいままですから電気代の節約になります。

終わりに

東日本大震災からこちら、夏・冬の電力不足についてはたびたび話題になっています。

電気は溜めることができず、需要に合わせて発電所で供給量を調節しているのです。原発が止まっている現在、残りの発電所をフル稼働させているため、日本では綱渡りの発電が続いています。節電は、発電所のキャパオーバーを防ぐ効果もあります。もちろん温暖化対策にも貢献できます。

最近はそんな電力不足とエコ意識が相まって、冬のモコモコ衣類が充実しています。
部屋着をかわいい着ぐるみにすると防寒効果絶大ですよ♪

by 武藤はづき

Sponsored Link

関連記事はこちら

買い忘れはありませんか?