膀胱炎って本当に辛いですよね。
私も2年ほど前にかかり、一晩中眠れないほど辛かったことがあります。

膀胱炎だと気づくのが遅かったので、気づいた時にはかなりひどい血尿が出てしまって驚きました。
痛みもひどくなり、尿意はあるのに出ない、しかも激痛でした。
土曜日の夜のことだったので、なんとか自分で対処しようと、痛みの合間にネットでいろんな情報を見ているとクランベリーがいいと書かれていました。

そんな膀胱炎とクランベリーの関係や、他の民間療法や治療方法などについて調べてみました。

Sponsored Link

膀胱炎にはクランベリーが効くって本当?

kuranberi-

膀胱炎の民間療法を調べていると一番に目に付くのがクランベリージュースです。
どうしてクランベリーが膀胱炎によいのかというと、クランベリーに含まれているキナ酸プロアントシアニジンとキナ酸というポリフェノールのおかげです。

キナ酸は肝臓で馬尿酸に代謝されることにより、尿のPHを酸性にすることで細菌の繁殖を防ぎます。
プロアントシアニジンは細菌の増加を抑制し、尿路に細菌が付着することを防ぎます。

クランベリーが膀胱炎に効かないという説もあるようですが、実際に膀胱炎を起こしたことのある人を対象にした実験によると明らかに効果があったそうです。

ただし、即効性は期待できないので、ひどくなってしまった膀胱炎にはなかなか効かないと思われます。
でも膀胱炎は繰り返しやすいので、何度も再発しているという人は、予防のために普段からクランベリージュースを飲むことで再発を防げそうですね。

クランベリージュースは日本ではあまり売られていないので、膀胱炎になってからスーパーなどで探しても見つからないので、今治したい!!という膀胱炎の治療には現実的ではありませんね。

どれくらい飲むといいの?

100%ジュースであれば、朝と夜の2回、50mlずつ飲むとよいようです。
即効性はありませんから、膀胱炎っぽいな・・・と思い始めた頃に飲み始めるといいかもしれません。
特に再発しやすい人は毎日続けることが大切だそうです。

Sponsored Link

他にも民間療法はある?

クランベリージュース以外の民間療法では、パイナップルやヨーグルト、ブルーベリー、にんにく、玉ねぎなどもよいそうです。
これらも即効性はないと思われますが、クランベリージュースよりは身近で手に入りやすいので、膀胱炎になりやすいという方は積極的に普段の食事に取り入れるとよいでしょう。

あと、コップ一杯の水に重曹を小さじ0.5杯入れたものを飲むのもよいそうです。
これは私もすぐに試せたので、やってみましたが、やはりひどくなってしまった膀胱炎には効きませんでした。

あくまでも民間療法は、症状の出始めもしくは、普段からの予防程度だと思われます。

今治したい!!という人には?

noro1

とりあえず、今痛くてたまらない!!!
すぐにできることは?という方は病院に行くのが一番ですが、病院が開いていない日や時間の場合は、とりあえず水を大量に飲んでしっかりと尿を出しましょう。

でも、膀胱炎はおしっこが出そうなのにトイレに座ると出ないし激痛!!
私も水分をしっかり摂らなくては!!といっぱい水分を摂ったものの、尿意はもよおすけれど、出ないし痛いしで夜通し2.3分おきにトイレとベッドを往復していました。
ということで、あまり水分を飲みたくないと思って、水分をあまり摂りたくないという人も多いようですが、尿を積極的に出すことで菌を減らせます。
しっかりと水分を摂りましょう。

病院での治療は?どれくらいで治る?

hospital

膀胱炎の場合は、泌尿器科に行きましょう。

病院に行くと、問診の後、尿検査を行います。

膀胱炎と診断されると、軽度の場合は、自然治癒で治すことが多いですが、濃い血尿が出たり、激痛がある場合などは、抗生物質の内服によって治します。
4~5日分処方されます。

私の場合、飲み始めるとすぐに激痛の症状は緩和されて、血尿も少しずつ薄くなっていきました。
1週間後にまだ症状があるようなら来てくださいと言われましたが、すぐに落ち着いたので再診することもありませんでした。

ただ、抗生物質や抗菌剤の内服をしても改善されないことがあるようなので、改善しない場合は再診しましょう。

最後に・・・

私は膀胱炎をなめていました・・・。
頻尿になる程度のことだと思っていたのですが、ある日突然血尿と激痛に襲われ、夜も2.3分おきにトイレへ行き、それでも出ず・・・。
あんな経験は二度としたくないと思うほど辛かったです。

私は普段からあまり水分を摂らないほうなのですが、あれ以来、しっかりと水分を摂るように心がけています。

膀胱炎は免疫が落ちたり、冷えるとなりやすい疾患です。
普段から体を冷やさないようにして、栄養バランスの取れた食事を意識しましょう。

byさっちん

Sponsored Link

関連記事はこちら!