東京ディズニーシーでアトラクション攻略に欠かせない「ファストパス」。
オープン時よりアトラクションが増えたので、ファストパスの重要性もアップしています。

どんな順でファストパスを取ったらいいの?全部乗ってみたい!

やみくもに取ったのでは制覇できませんよ!

そこで今回は、ディズニーファン歴20年・年パス所有歴あり、毎回ファストパスで乗り放題しまくりの私が、

  • どのアトラクションが人気なの?
  • どの順番で取るのが効率いいの?
  • 一番人気のファストパスだけ取れるの?
  • レストランの利用と重なったらファストパスが台無しになるってホント?

という疑問にお答えします。

シーならではのウラ情報もお教えしますね。


ディズニーシーのファストパス!人気順に並べてみた

ディズニーシーのファストパスの人気順を紹介する前に、ファストパス対象アトラクションをお伝えします。
ファストパス対象アトラクション【シー編】

つづいて、ディズニーシーファストパスの人気順をお伝えします。

ディズニーシーのファストパス!人気順

こちらが、シーのファストパス人気順です。

ファストパス人気順(シー)

説明しますね。

トイ・ストーリー・マニア!

何と言っても1番人気!

オープン日はスタンバイが最高で480分!
ファストパスの発券終了時間は9時だったとか。

制限が少なく、お子さんに人気なのでファストパスの需要が高くなり、発券終了が早いのです。

ニモ&フレンズ・シーライダー

一番新しいアトラクションなので人気がありますね。

ただ、収容人数が多いので、意外とスタンバイでも気になりません。

センター、タワー、インディー

絶叫系のこちらも、その人気は安定感バッチリ。

とくに、タワーの期間限定「level.13」開催時は、かなり早く発券が終了します。

高校生の親戚が去年行った時は、12時前に終了していたとか。

レイジングスピリッツ

こちらは絶叫マニアに人気ですね。

しかし、制限が多いんです。

  • 身長制限が117~195㎝
  • 妊娠中はNG
  • 安全装置が装着出来ない方は搭乗不可

ともっとも厳しいため、乗れない方もいます

アトラクションの位置が奥まっているせいか、夕方は人が少なくて穴場スポット。
なので、夕方までファストパスが残っている可能性も高いですよ。

マジックランプシアター・マーメイドラグーンシアター

こちらは、ファストパスを発券しなくても乗れることが多いです。

理由は、1度に入場できる人数が多く、スタンバイが短くて済むから。
閑散日は、開園時から発券をしていない時もあります。

海底2万マイル

こちらですが、朝は混むのでファストパスを取っておきたくなります。

が、ちょっと待って!

夕方になると急激に空いて5分待ちになることも。
他のファストパスを優先しても問題ないでしょう。

つづいて、マニアが教えるディズニーシーのファストパス発券順をお伝えします。

【最強】ディズニーシーのファストパスを取る順番はコレ!

シーのファストパスは、平日で5枚、休日で3枚くらい取れます。

ディズニーシー・オススメのファストパス発券順はこちら。
ファストパス発券順(シー)

どうして1位が2つあるの?どっちも乗りたいのに。

これには理由があるんです。

1位は、

  • どちらかのファストパスを朝一で発券
  • 残ったほうはスタンバイ

で乗りましょう。

理由は、

  • ファストパス発券ルール
  • 発券終了時間の関係

があるため。

発券ルールの詳細はこちらをご覧ください。
ディズニーのファストパスのルールとは?徹底ガイド!



こちらのファストパスは発券終了時間が9~10時台とダントツで早く、2つとも取ろうとするとどちらかは終了してしまっていることが多いのです。

ここでつまづくと、その後のファストパス発券に影響が出てしまいます。

後悔しているヒマはないので、すぐに次のファストパスを発券した方が効率いいですよ。

ファストパスの発券状況は公式アプリで確認できます。
ディズニーのアトラクションの待ち時間ならアプリが便利!

ファストパスを発券しに行ったら、もう終了してた!
まだ12時なのに?

それは、発券中止ですね。

午前中でも発券終了になるのはなぜ?

ニモとトイストーリー以外で、午前中なのに発券終了しているファストパスがある時も。
「えっ?」とビックリしちゃいますよね?

じつはそれ、終了ではなく「中止」なんです。

閑散日ですと、ファストパスの入場時間がリアルタイムと同じになってしまうことがあります。
そうなるとファストパスの意味がなくなるので、発券を止めるんです。

人気順の5~9位に起こる現象ですね。

スタンバイ時間も短くなっていますし、まさに乗り放題!

ファストパスを気にしないで思い切り乗ってください。


ファストパス発券終了時間のデータは、ニモオープンから2018年5月までの1年間に、インパした際の公式アプリから得た時間を平均したものです。(混雑日・閑散日の平均です。)

公式アプリではGPS機能を使いますので、パーク周辺にいないと発券状況を確認できません。

つづいて、ディズニーシーのファストパスで注意したいポイントをお伝えします。

ディズニーシーのファストパスで注意したいポイント!

せっかく来たディズニーシーでは、やりたいことがたくさんあるでしょう。
アトラクション以外の楽しみもあります。

ですが、

  • ダッフィー関連のショップ・レストランを利用
  • お酒の飲み過ぎ

には注意が必要です。

まずは、ダッフィー関連のショップ・レストラン利用をする場合の注意点をお伝えします。

ダッフィー関連のショップ・レストラン

アメリカンウォーターフロントにある「ケープコッド」は、シーで大人気の「ダッフィー」に関係した地区です。

とくに、

  • ケープコッド・クックオフ(レストラン)
  • アーント・ペグス・ヴィレッジ・ストア(ショップ)

こちらを利用したい方は、ファストパスの時間に注意!

詳しく説明しますね。
ケープコッド・クックオフ

ここでは、食事をしながらダッフィーのショーが鑑賞出来るんです。

が、このショーを見るなら時間に注意!
並ぶところから食事・鑑賞にかかる時間を考えないと、ファストパスの時間に遅刻してしまうことも。

並ぶ時間は混雑日で45分以上の覚悟を。

私は待っている間にお腹が空いて、ポテトとジュースを完食しちゃいました。(笑)

鑑賞時間は着席から1時間まで
キャストさんが終了時間の書かれたカードを置いていきますので、その時間になったら退席してください。

ショーは2パターンあります。
所要時間10分、入れ替え5分ですので、すべて鑑賞すると30分ほどかかりますよ。

ショーのファストパスはないし、待ち時間を事前に調べることもできないので、ひたすら並ぶしかないのです。

混雑を避けるなら、ショー開演時間の30分前に行ったほうがいいですね。

グループで行くなら、「ファストパス班」「ショー待ち班」と分かれて行動するのがオススメ。

ただし、食事を買ってからの別行動はダメです。

キャストさんからも、「グループの方が揃った状態でお待ちください」とお願いされますよ。


ショーは16時くらいで終演、食事のみ提供になります。

ごくまれに、貸し切りイベントで入場できないこともあるので、キャストさんに確認してください。
公式にも載っていませんよ。


ちなみに、ショーを見ない(普通に食事をする)席もあります。
こちらの利用でしたら、ファストパスに影響がないですね。

アーント・ペグス・ヴィレッジ・ストア

ダッフィーのグッズを取り扱っているショップです。
こちらも大盛況!

なんと、ショップなのに「入場制限」があるんですよ。

混雑日では、入店まで1時間以上!
店内に入っても、そこから会計まで更に1時間くらいかかるのです。

効率悪いですね。

小さいショップなので、ここまで混雑する想定になっていなかったのでしょう。

アトラクションを重視されるなら、午前中は行かないほうがいいですよ。

ダッフィー好きな私の場合、グッズ発売日にファストパスは発券しません。
ここだけに命をかけています。(笑)


ちなみに、「マグダックス・デパートメント」というショップでもダッフィーグッズを扱っています。
混雑日は入場制限することもありますが、こちらのほうが比較的空いていますね。

ほぼ同じグッズがそろっていますのでオススメですよ。

お待たせしました。ここでディズニーシーならではの裏情報をお伝えします。

お酒の飲み過ぎに注意!

シーでの大人の醍醐味「お酒」。
お酒が飲める方には、一番のごほうびでしょう。

ですが、飲みすぎはNGです。

明らかに泥酔状態と思われるゲストは、アトラクション入場を断られます。
他のゲストへの危険を回避するためです。

ファストパスを持っていても乗れません。

シーが開園した頃、飲みすぎで退園させられたゲストを見かけたことがあります。
ひとめでわかるほど酔っぱらっていて、大声を上げて暴れだし、大勢のキャストに抱えられていました。

あれは、恥ずかしいですね。

ディズニーだけではありませんが、どんな場所でも節度を持って楽しみましょう。

まとめ

まとめますね。
  • 9時~10時で発券終了するアトラクション
    • トイストーリー
    • ニモ
  • 両方取ろうとせず、どちらかのファストパスを発券、残るほうはスタンバイ
  • レイジングは夕方まで発券できることがある
  • ファストパス無しでも乗れるアトラクション
    • マジックランプ
    • マーメイド
    • 海底2万マイル
  • ダッフィー関連のショップ・レストランを利用するときは、ファストパスの時間に注意。
  • お酒を飲みすぎると、ファストパスを持っていてもアトラクション入場できなくなることがある。

いかがでしたか?

ファストパスとスタンバイを組み合わせれば、混雑日でも人気アトラクションに乗れるんですよ。
その日の目的に合わせた計画を立てるといいですね。

ぜひ、ディズニーシーで充実した1日をお過ごしください。



関連記事はこちら!