10月に入ると、病院ではインフルエンザワクチンの接種が可能になりますね。

しかし!
注射にたよらずインフルエンザを予防しよう!と思っている方。

今回は、インフルエンザ予防対策について、食品からグッズまでご案内させていただきます!

Sponsored Link

インフルエンザを予防できる食品

インフルエンザを予防するために一番いいのは、やはりバランスのよい食事を摂ることです。
肉や魚といったタンパク質、ビタミン、ミネラル豊富な野菜、果物を食べることで、外から来るウイルスに対抗できる体作りをするのがいいでしょう。

その中でもおすすめの食品がありますので、ご紹介します。

ビタミンD

ビタミンDは、インフルエンザウイルスにかかりにくいという報告があります。
魚を食べたり、日光に当たることで自ら生成されるので、外での軽い運動などもいいでしょう。

ヌルヌル成分“ムチン”

ムチンとは食物繊維とタンパク質が結合した成分です。
ヌルヌルのムチンが、身体の粘膜の表面をカバーしてくれ、ウイルスの侵入を防いでくれます
納豆、山芋、オクラ、里芋、なめこなどがいいですね。

最近話題のヨーグルト(乳酸菌)

edfb996aaa798098e4447b2db7ec57e9_s

腸内細菌とはちがう菌(乳酸菌)が体内に入ってきたことで、免疫システムが働き始め、活発に活動してくれます。
R-1乳酸菌のヨーグルトなどもインフルエンザに効果があると話題です。

Sponsored Link

インフルエンザ予防グッズ

マスクや薬用石鹸、うがい薬、アルコール消毒液、温湿度計などの他にもたくさんの予防グッズが出ています。


91bGCII5u+L._SL1500_
★クレベリンゲル 150g \2,160

71DA7JGeHIL._SL1500_
★抗菌洗濯洗剤 アタックNeo \479

61C3dvKBUEL
★空間除菌 ウイルスブロッカー \2,340
首から提げるタイプのブロッカーです。

うがいができない時に便利なのは?

まだうがいのできない乳幼児や、外出先でうがいができない場合にも、トローチやのど飴を口に含むだけで、喉にあるウイルスを胃腸を通って体内から外へと出すことができます。
ウイルスは喉に留めておくのが一番よくないですので、水やお茶を飲むだけでも充分効果はあります。

すこし面白いものがありましたので紹介します。

51aiiCDDg8L
★アレルシャット ウイルス イオンでブロック \1,080
マスク要らず!顔にスプレーするだけで、ウイルスの侵入を防ぎます!

免疫力をアップさせるには?

免疫力を下げる要因は、いくつかあります。

1. 偏った食生活
2. 睡眠不足
3. 喫煙、飲酒
4. 運動不足
5. ストレスのある生活

免疫力をアップさせるには、やはりバランスのよい食事と規則正しい生活です。
免疫力のある体作りを心がけ、疲れたときでもウイルスから守れる強い体でいたいですね。

即効性を上げるなら、№1はやはり“にんにく”でしょう。
口臭が気になる方は、病院でにんにく注射を打ってもらうと効果てき面!
これから年末に向けて何かと忙しくなりますが、そんなときこそ“にんにく”ですね。

加湿器を上手に使おう

113186

ウイルスが大好きな環境は、“低温・低湿・乾燥”の3拍子が揃った状態です。

湿度50%でウイルスは、空気中に浮遊できなくなり、生存率も低下していくと言われています。
冬はとくに乾燥しますし、加湿器を上手に使って、部屋の湿度を40~60%に保ち、室温を20~23度くらいに設定するのがいいでしょう。

最後に

厚生労働省の発表によると、今年のインフルエンザ流行型は、A亜型(2009年の新型インフルエンザと同じ)、A香港型、B型の3つだそうです。

バランスのよい食事生活と予防対策グッズを上手に使って、健康に冬を乗り越えたいですね!

by lulemon

Sponsored Link

関連記事はこちら!