お休みの日、子供たちとどう過ごしていますか?

天気がいい日は子供を外に連れて行ってあげたいもの。

そこでやはり気になるのは・・・日焼けですよね。

子供と1日出かける予定があるんだけど、日焼けが気になって・・・。

みんな紫外線対策とかどうしてるんだろう。

薄着になる季節、紫外線はとても気になりますよね。

服装によっても紫外線を通してしまって日焼けしやすいものもあるんですよ!

えぇ!

知らなった・・・。

どんな服装が紫外線対策にいいのか、教えてください!

 

せっかく紫外線対策をしたつもりでも、うっかり日焼けをしてしまっては準備した服もムダになってしまいます。

私も日焼け対策にと長袖のカーディガンを買ったけど、やはり薄っすらと日焼けしてしまった!

という経験があり、どうしてだろうと疑問に思っていました。

ただ長袖を着て肌を隠していれば日焼けをしない・・・、ということではないんですよね。

 

それでは、長袖を着ていたのになぜ日焼けしたのか、その理由も紹介しつつ今回は、紫外線対策の服装について

  • NG
  • 適したもの
  • オススメ

を紹介したいと思います。

紫外線対策の服装について悩んでいる人、うっかり日焼けをしないようぜひ読んでくださいね!!


紫外線対策のため服にも注意を!

どんな服装が日焼けをしやすいのですか?

それは、素材などが関係してきます。

それでは、説明しますね。

 

NGな素材

紫外線を通しやすい素材は、綿です。

やはり生地に隙間があると紫外線を通しやすくなりますので、風通しのいい素材ほど、紫外線も通しやすいということになります。

つい涼しいから麻を選びがちですが、紫外線対策という面では不向きな素材にるのです。

またUV機能のある服でも、隙間のある生地では紫外線を通して日焼けしやすくなりますので注意してくださいね。

 

NGな色

紫外線は色も関係あります。

薄い色ほど紫外線を通しやすいので、白は避けた方がいいでしょう。

紫外線 対策 素材 綿 麻

私が日焼け対策に選んだカーディガンは、綿100%の薄いピンク色でした。

これでは日焼けするはずですよね・・・。

 

どんな服を紫外線対策のために選べばいい?

それでは、どんな服装が紫外線対策になるのですか?
紫外線対策に向いている素材、色があるので説明しますね。

紫外線対策に向いている素材

紫外線を通しにくい素材は、よく知られているものでポリエステルレーヨンです。

 

でも、夏の衣服にポリエステルだと通気性も良くないので、綿との混紡素材が通気性もよく紫外線もカットしてくれるのでオススメですよ。

よくUVカット製品が売られていますが、効果はあるんですか?
加工の仕方によっては効果が持続したりそうでなかったりするんです。

UVカット製品には加工の仕方が2種類あり、製品に紫外線吸収剤を吹き付つける後加工と、素材その繊維に無機質物質(主にチタン・カーボン・セラミック)織り込む加工です。

後加工だと選択の度に効果は薄れてきますが、織り込む加工だと効果は持続していきます。

 

紫外線対策に向いている色

色が濃いほど紫外線を通しにくくなるのです。

直接肌にあたる紫外線が100%だとして、UVカット加工ない服を着ている場合服の色別に比較すると、

  • 白 95%以上
  • 青 75%以上
  • 赤 50%以上
  • 黒 20%以上

の紫外線を通していることになります。

紫外線 対策 色 素材

色の濃い黒が紫外線対策には向いているということが一目瞭然ですね。

 

紫外線対策にオススメな服はコレ

それでは、紫外線対策にオススメな服を紹介しますね!

素材そのものがUVカット加工の特殊素材なので、半永久的に紫外線をカットしてくれます。

着心地もサラッとしていて気持ちがいいので、重宝するでしょう。

 

パーカーよりもおしゃれしたいママにはこちら。

流行りのロング丈ですしコットン混生地でこちらもさらりとした着心地。

 

暑い中上に羽織るのが苦手という人はこちら。

着け心地抜群の接触冷感でひんやりします。

 

まとめ

今回は、紫外線対策について

  • NGな服装
  • 適した服装
  • オススメな服装

をお伝えしました。

 

まとめると以下の通りです。

NGな服装は?
  • 綿や麻
  • 薄い色

そして

適した服装は?
  • ポリエステルやレーヨン
  • 濃い色

 

そうは言っても夏は涼しい恰好をしたいので、ポリエステルでも綿や麻の混紡素材がいいでしょう。

 

これでもう薄着の季節も怖くない!

お子さんと紫外線を怖がらずにおでかけして、楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。



関連記事はこちら!