夏はプールに行ったりするのも良いですが、ディズニー夏を満喫出来るのはご存知ですか?あんな素敵なテーマパークで夏を感じられるのはとっても嬉しいですよね~!

今回はそんなディズニーの夏のイベントを堪能するために必要な持ち物をピックアップしてご紹介しますよ~!持ち物だけでなく、オススメの服装もあげていきますので、是非見てくださいね。

Sponsored Link

夏のディズニーの持ち物は?

女性A
夏のディズニーの持ち物は何を持っていけば良いのですか?
クマの子クマ子
持ち物はどんなものが必要か分からない方もいらっしゃると思います!それではディズニーの夏のイベントに行くための持ち物についてまとめていきますね。ここでは暑さ対策ズブ濡れ対策について詳しく書きますね!

夏のディズニーには暑さ対策は必須!

これは夏場には欠かせないものですよね。具体例をあげてみました。↓

  • 水筒orお茶
  • 帽子
  • タオル
  • 日焼け止め
  • 日傘
  • うちわor扇子
  • 汗ふきシート
  • サングラス
  • 冷感スプレー
  • 長袖の羽織もの

夏

水筒・お茶

ディズニーのパーク内でもペットボトルの飲み物などは販売されていますが、少し高く販売されています。

それに外はとても暑いのでペットボトルも持ち込み出来るのですが、生ぬるくなってしまいます。暑いときの飲み物は冷たいものを持っていきたいですよね!

そんな時に便利なのが水筒!

水筒

でも、遠くから来られる方は水筒を持っていくことは難しいですよね。持って行ったはいいけれど、困るのが水筒の洗い方。夏場だときちんと洗いたいけれど、ホテルで洗剤を持っていって洗う…ということまではしたくないという方も多いはず!

私も関西からよく夏にパークへ行っていましたが、ペットボトルならお茶を持っていくようにしています。どうしてお茶かというと、ジュースは生ぬるくなると美味しくなくなるからです。お茶だと、常温でもまだ飲めますよね^^

でも、どうしてもジュースを飲みたいなって感じるときありますよね!その時はパークの中でご飯を食べるときにジュースを選ぶようにしています。それなら、氷の入った冷たいジュースが飲めますよ♪

ジュース

タオル

夏のパークには何かと役立つタオルは必需品です!タオルも大きめな方がオススメですよ~!でも、持っていくのが荷物になるから嫌だという方はパークでポンチョの形のタオルも売られていますので、それを買うのも良いと思います。

それに大きめなタオルやポンチョのタオルだと首や背中を隠せるので、日焼け防止にもなります。おすすめは帽子の代わりとしても使えるフード付き

ディズニーストアなどで夏限定で販売されているクールタオルもとっても便利ですよ~!体を拭いたり、日焼け防止には使えませんが、水に濡らすだけでひんやりするタオルなので、首に巻いておくと、とっても涼しくなりますよ。

クールタオルはこちらです!↓

クールタオル

 

日焼け止め

日焼け止めは必須です!夏に絶対に日焼けはしたくない方も多いはず!そんな方は絶対途中で塗り直して下さいね~。とっても日焼けしますよ!何度か塗り直さないと日焼けしちゃいますので、注意しましょう。

日傘・帽子

日傘と帽子両方持っていると便利ですが、荷物になりますよね。どちらかにするなら、帽子がオススメです。理由は大きな飾りがついていなければ、ショーやパレードの最中でも被ることができるからです。

でも、日傘だとショーやパレードが始まると畳まないといけなくなります。せっかく日よけで持って行っていても、始まると使えなくなるのは意味が無いですよね。

帽子

うちわ・扇子

うちわや扇子を持っていくのはとてもオススメです!うちわだとかさばるので、扇子の方がコンパクトで良いかもしれませんね~♪

サングラス

目から入る紫外線でも日焼けをすると言われていますので、サングラスは持っていると良いかもしれません。

でも、最近ではコンタクトでもUVカットできるものあるので、そのようなコンタクトを使うのも良いかもしれませんね♪私はツーウィークアキビューを使っていますよ!

サングラス

汗ふきシート・冷感スプレー

夏場はとっても汗をかいちゃいますよね。そんなときにちょこっと拭ける汗ふきシートやひんやり感じる冷感スプレーはとっても役立ちます♪

長袖の羽織もの

ディズニーは夏でも夜まで居ると寒くなります。長袖の羽織ものは必須ですよ~!日よけの物を忘れた時でも、日よけできますからね♪

夏イベント

クマの子クマ子
パークで霧吹き付きの扇風機も販売されています!こちらも活用すると良いかもしれませんね。

夏のディズニーは濡れる対策もしましょう!

夏のディズニーのショーは本当にズブ濡れになります。乾くのに半日かかるので、とにかく対策は必須ですよ~!

そして、携帯も壊れたという話はよく聞きます。そんなあなたも、以下ものを持って行くと安心ですよ!

  • 着替えorレインコート
  • ビーチサンダルorクロックス
  • タオル
  • 大きなゴミ袋
  • ジップロック
  • ビニール袋
  • メイク道具
  • カメラの水濡れ対策

夏 イベント2

着替え・レインコート

レインコートはポンチョのものだと足元が濡れてしまいますので、注意しましょう!そして、下はズボンが付いているタイプのレインコートがオススメです。ズボン無しだと一部だけお漏らししたみたいな感じで、恥ずかしくなっちゃいます。

着替えは少しかさばるので、持っていく時はパークの中のロッカーに入れておくのも良いかもしれません。重さが耐えられるなら、少しクシャクシャになるかもしれませんが、圧縮袋で圧縮して入れているとコンパクトになりますよ~。

パークでは少しお値段が高いですが、パーク限定のTシャツも販売されています。そんなTシャツをパークについてから購入するのも良いと思います。

プル

↑こちらのTシャツはパークの期間限定のものです~!

ビーチサンダル・クロックス

足元は水で濡れても乾きやすい履物が便利です。ビーチサンダルクロックスがオススメですよ。スニーカーなどは一度濡れると一日中乾かないので、注意しましょう!

ただ、ビーチサンダルだとたくさん歩くと足が痛くなっちゃいますよね。なので、私はショーの最中はビーチサンダルにして、終わったらスニーカーにするのが楽だと思います。その点、初めからクロックスだと荷物が増えなくて良いかもしれません。

タオル

タオルは上でもあげていますが、大きめなタオルがオススメです。ショーが始まるまでは日よけで使い、ショーが始まると袋の中に入れ、終わったら体を拭くのに使うと良いでしょう。

タオル

大きなゴミ袋

夏のイベントはほんとにズブ濡れになるので、鞄なども濡れないようにしなくてはいけません。そんな時に大きなゴミ袋は良いですよ~!

そして、枚数は1枚だけでなく、数枚持っていきましょう!

ただ、見た目はゴミ袋なので、大切な鞄をキャストさんに誤って捨てられないように気をつけましょう。昨年まではパーク内でもずぶ濡れ用の巾着型ビニール袋の販売もありました。今年もあると良いですね~。

ジップロック

後、ジップロックは携帯や時計などの水に濡れたくないものを入れておくのに良いですよ。主人はいつもお風呂でスマートフォンを触る時はジップロックに入れているので、大丈夫だと思いますよ。

ビニール袋

ビニール袋は着替えた服や濡れた袋などを入れておくのに持って行きましょう。もし、思っていたよりも袋が必要になる可能性があるので、少し多めに持って行くと良いでしょう。

夏イベント3

メイク道具

化粧をしていても濡れると化粧が崩れます。そんな時にメイク道具は絶対に必需品ですよ~!下地から全て持っていくことをおすすめします!

カメラの水濡れ対策

一眼
ディズニーでカメラにビニール袋を被せているだけで、壊れてしまったという話はよく聞くのですが、そうならないためにイベント中に撮影されたい方はカメラの防水グッズはしっかり持っていきましょう!オススメを以下にまとめました。↓

  • カメラのレインコート
  • 撥水フィルター

手作りのもので代用せずに、カメラに合ったものを購入して下さいね!カメラなどは水に弱いです。鞄の中に入れて鑑賞される方も頑丈に袋に何枚も包んで入れておくことをオススメします。

Sponsored Link

ディズニーの夏コーデ!服装まとめ!

クマの子クマ子
こちらも「ズブ濡れ対策」と「日よけ対策」に重点をおいてオススメの服装をご紹介します。

ズブ濡れ対策

ズブ濡れ対策で注意してもらいたい点がありますので、そちらをまとめてみました!以下をチェックしてくださいね♪↓

  • 透けやすい生地の服は避けること
  • どうしても透けやすい服を着たい時は服の下に水着を着用すること

水着とは意外なところだったと思います!では、具体的に書いていきますね。

夏イベント5

下着

先程もあげましたが透けやすいものの下にだけでなく、夏のパークに行く時の下着は水着がオススメです。特にズブ濡れの時は水着でも絞れるくらいまで濡れるので、乾きのよい水着がオススメです。ただ、水着だけでパークには入れないので注意しましょう!

化粧

これはコーディネートとは少し違いますが、化粧についても書いていきますね!化粧で気を付けてもらいたいのが、つけまつげをしないことなんですよね~。水圧でつけまつげはとれてしまいますし、化粧も崩れてしまいます。結構、水圧がすごいので、していかないようにしましょう!

その後も楽しく過ごすため、先ほどもふれましたが、下地から化粧道具は持参するようにしましょう。

履き物

先ほどもふれましたが、クロックスやスニーカーがオススメです。スニーカーの場合は濡れるとなかなか乾かないので、イベントの時だけ履く用のビーチサンダルなどを持参しましょう!

ウォルト

日よけ対策

日よけもきっちりしておきましょう!オススメな服装はこちら!↓

  • Tシャツ+スカート+レギンス
  • Tシャツ+ズボン
  • ワンピース+レギンス

このコーディネートが私は楽だと思います!上半身はタオルや日焼け止めなどで日よけすると暑さも防げるので、良いですね。あまりたくさん着すぎると暑くてしんどくなっちゃうと思います。下半身はズボンよりスカートの方が風通しも良くて、涼しいですよ~。

ただ、夜や室内は寒くなったりするので、薄いカーディガンなどを持っておくと良いでしょう。

ミニー

まとめ

いかがでしたでしょうか?参考になりましたか?では、今回のまとめをします。

暑さ対策で必要な持ち物
  • 水筒orお茶
  • 帽子
  • タオル
  • 日焼け止め
  • 日傘
  • うちわor扇子
  • 汗ふきシート
  • サングラス
  • 冷感スプレー
  • 長袖の羽織もの

 

ズブ濡れ対策に必要な持ち物
  • 着替えorレインコート
  • ビーチサンダルorクロックス
  • タオル
  • 大きなゴミ袋
  • ジップロック
  • ビニール袋
  • メイク道具
  • カメラの水濡れ対策

 

 

夏だけではなく、いつも必要な持ち物についてはこちらを参考にして下さいね!↓

ディズニーに行く時の持ち物まとめ!冬の必需品は?

 

クマの子クマ子
是非、準備に役立てて下さいね♪
女性A
ありがとうございました。今年の夏にディズニーへ行くので、是非活用させていただきます。

Byクマの子クマ子

Sponsored Link

関連記事はこちら!