近年、誰にでも起こりうる症状としてアレルギーが注目されていますよね。その中でも今回注目したのた紫外線アレルギー

紫外線アレルギーって何?!初めて聞いたけど!という方も多いのではないでしょうか? 私も大人になるまでそのようなアレルギーがある事は知りませんでした。

今回はいつあなたの身に降りかかるかわからない紫外線アレルギーの症状受診先など紫外線アレルギーかも?!と思った時に役立つ情報をご紹介します。

Sponsored Link

紫外線アレルギーとは?

紫外線アレルギーってどんな病気?

紫外線アレルギーは普通の人が浴びても問題ないほどの紫外線を浴びただけなのに皮膚などに異常反応が起こること病気の事を言います。

紫外線アレルギーと呼ぶだけでなく、他にも

  • 日光アレルギー
  • 日光過敏症
  • 日光性皮膚炎

などさまざまな呼ばれ方をしますが、この症状はすべて紫外線アレルギーと言われるものになります。

e8459959a8478269c764688a8e359f23_s

原因はあるの?

紫外線アレルギーの原因は

  • 内因性によるもの
  • 外因性によるもの

の2種類に分ける事ができます。

内因性が原因で起こる

これは紫外線の抗体量を超えるほど紫外線を浴びた場合に発症します。

抗体の量は人によって違い、千差万別です。 花粉症などと発症理由は同じで自分の抗体のキャパを超えてしまう事で発症します。

代謝障害や遺伝子異常など、生体内の異常が関係している事がわかっています。

対策は紫外線をあまり浴びない事!UVカット用品の着用や日焼け止めなどでも防ぐことができます。

4caae050d6dcaac16b8339d67fa93164_s

外因性が原因で起こる

こちらは薬や日焼け止め、化粧品の成分が原因

薬を飲んだり、日焼け止めを塗った後にほんの少量紫外線を浴びただけでも発症してしまいます。

これは服用したり、塗った薬が紫外線を吸収してしまい、光毒性を持つことにより起こってしまいます。

ちょっとまって!日焼け止めで紫外線対策をしたいのに、日焼け止めが原因ってどうしたらいいの?!

kayui

紫外線アレルギーに的した日焼け止め

紫外線散乱剤の表記がある日焼け止めがオススメです。

日焼け止めにも種類があります。その中で注目してほしいのが

  • 紫外線吸収剤
  • 紫外線拡散剤

紫外線吸収剤は紫外線を一旦肌に吸収させ化学反応を起こし、体の外へ紫外線を排出します。

しかし紫外線吸収剤は光毒性を持っているので、普通の人が使用するには日焼け止め効果を発揮しますが、紫外線アレルギーや敏感肌の人には不向きです。

紫外線アレルギーや敏感肌の人は紫外線拡散剤の入っているもの

を選び、お肌をコーティングする事で紫外線をブロックする働きのある日焼け止めを選ぶほうがいいですね!

a7ef5e9b290b8897a5966f0ef3432002_s

紫外線アレルギーの症状は?

アレルギーの症状を場所別に見ていきましょう

皮膚症状

紫外線アレルギーにはとても多い症状です。
  • 赤くなる
  • 発疹がでる
  • 腫れる
  • かぶれる
  • かゆみがでる
紫外線が当たった場所にできるのが特徴です。

目の症状

目にも症状が現れる場合もあります。
  • 目が充血する
  • 涙が出る
  • 異物感

91578872b21b274026c25c4b0a9fd664_s

全身症状

風邪のような症状が現れます。

304abfa60ffbfba45cb0d8a0830bc110_s

  • 頭痛
  • 発熱
  • 吐き気
ひどい場合には水ぶくれができたり、蕁麻疹が出たりする大変怖い病気です。

Sponsored Link

症状が出たら何科を受診すればいい?

アレルギー専門医の在中する皮膚科に行くのがベスト!

全身的に症状がでる場合は何科に受診したらいいのか迷います。

紫外線アレルギーかもしれない!と思った場合にはまずお近くの病院でアレルギーを専門としている病院医師がいないか探してみましょう。

早期に発見し、治療をする事で、悪化や重症化を防ぐようにしましょう。

7af60530d543237dde3140023e2d614c_s

最後に…

紫外線アレルギーとは?

 

  • 紫外線の抗体量を上回った場合に発症するアレルギー。
  • 薬や日焼け止め、化粧品などが原因で起こる事も!
  • 皮膚だけでなく、目や全身症状として現れる場合もある。
  • アレルギー専門の先生がいる病院を受診!

紫外線アレルギーは発症すると完治するのはなかなか難しい事がわかっています。

私も友達に紫外線アレルギーの子がいますが、真夏でも長袖、ストール、日傘はかかせません。

でも決して紫外線は害があるだけのものではありません!上手な付き合い方をして紫外線アレルギーにならないようにしたいですね♪

Sponsored Link

関連記事はこちら