トマトが健康野菜だというのはもはや常識と言ってもいいかもしれません。トマトには様々な栄養素が含まれていて、効能の様々です。今回はそんなトマトの夏バテ予防効果についてお話しします。

トマトっていろんな種類もあるし、彩も良くて大好きな野菜なんです!
そうですね。今回はそんな大人気野菜のお話しですよ!
スポンサーリンク

 

夏バテからダイエットまで!トマトのすごい効果5つ!

それでは具体的にご説明しますね。

tomato

夏バテに効く!

まずは今回のメインテーマの夏バテ予防についてです。トマトには様々な栄養素が含まれていますがその中の一つであるクエン酸が夏バテを予防してくれます。

美肌&美白効果!

トマトには美肌、美白効果もあります。これはトマトに含まれるリコピンが持つ抗酸化作用、老化防止作用によって、コラーゲンの生成を促進することにより美肌や美白に繋がります。

ガン予防

またトマトはガン予防にも有効です。こちらもトマトの成分であるリコピンによるものです。

動脈硬化予防

トマトに含まれるリコピンには血液をサラサラにする効果があるため、動脈硬化にも有効です。

ダイエット

トマトにはダイエット効果があります。「夕食と一緒にトマトを食べるだけ」という夜トマトダイエットも話題になりましたね。トマトには食物繊維が含まれ、体の中をきれいにしながらすっきりダイエットできますね。

その他の効能

トマトに含まれるビタミンAは風邪やインフルエンザを予防します。また整腸作用があり、便秘の予防や胃もたれ、むかつきを緩和します。また髪の健康、視力の維持、飲酒後のアルコール濃度の低下作用など、様々な効果があります。

スポンサーリンク

トマトのすごいパワーの成分は?

次はトマトの成分をご紹介します。

トマトには様々な栄養素がバランス良く配合されています。ビタミンC、A、E、B6、P、Hなどのビタミン類、セレンや鉄分、カリウム、カルシウムなどのミネラル物質、クエン酸やリンゴ酸、アミノ酸、ルチン食物繊維、リコピンなどが含まれています。

トマトの効果的な食べ方

トマトはどのようにして食べると良いのかしら?
これからトマトの食べ方についてお話しします。

効果抜群のトマトの選び方

効果の高いトマトの選び方を教えてください
どうせ食べるなら効果の高いものを食べたいですよね。以下で説明いたします。
トマトの産地、品種

トマトは産地や品種によって味がかなり変わってきます。ですから気に入ったトマトがあったら産地品種を憶えておくと良いです。

トマトの形

トマトは丸く、重みのあるもの選びましょう。凹凸があるものだと空洞が出来ていたりします。

トマトの旬は春

トマトの旬は春です。夏のトマトは糖度が上がりにくくなりますので、出来れば夏のトマトは高地で栽培されたものか地元で栽培されて完熟した状態で収穫したものを選びましょう。

放射状の筋

お尻の先からヘタに向かって放射状の筋が出来ているものは糖度が高く、おいしいトマトです。

ヘタをチェック

もぎたてのヘタは緑色でピンとしています。ヘタが乾燥して縮れている物は時間が経っています。

効果的な食べ方

次は食べ方についてです。

まずトマトには赤系ピンク系に分かれますそれぞれの特徴はこちらです。

赤系の特徴

赤系とはイタリアントマトやミニトマト、クッキングトマトなどです。
  • 加熱調理向け
  • 皮が硬い
  • リコピンはピンク系のおよそ3倍
  • グルタミン酸がピンク系のおよそ2倍
加熱調理が向いている

特に赤系は加熱調理に向いています。特に油で調理するとリコピンが吸収されやすくなります

ピンク系の特徴

ピンク系とは桃太郎トマトやファーストトマトなど、サラダで良く食べるものです。
  • 生で食べることが多い
  • 皮が柔らかい
  • リコピンが少ない
油と一緒に食べる

赤系に比べると少しリコピンが少なめなのでより効率よくリコピンを吸収したいなら油を含んだドレッシングをかけて食べましょう。

レモンや酢と一緒に食べる

特に今回のテーマである「夏バテ」を予防するにはトマトに含まれる抗疲労効果を引き出すことが肝心です。ですのでクエン酸を活性化させるレモンや酢と一緒に食べましょう

市販のトマト加工品でも大丈夫!

トマト水煮缶やトマトジュース、ケチャップなどで手軽に摂取しても効果がありますので忙しい時にはおすすめです。

自分で育てるのもアリかも?→初心者でも育てやすい野菜とは?

まとめ

今回のお話のまとめです。
  • トマトにはたくさんの効能がある
  • トマトには夏バテにも効果がある
  • トマトは油と一緒に食べたほうが良い
  • 加工品でも効果がある

いかがでしたか?今回はトマトが夏バテにも効果がある!というお話しでした。無限の可能性を秘めたトマト。これからもたくさん食べましょうね。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!