沖縄の夏は最高です!沖縄に住む私も夏になると、お休みの日はどこの海で泳ごうかな?とか海のことばっかり考えています。でもウチナーンチュは、あまり海で泳がないんですよ。せっかくの綺麗な海が近くにあるのに勿体ないですよね。

海好きの私としては…ウチナーンチュにも観光客にも沖縄の素敵な海の中をもっと知ってもらいたい!とても神秘的で感動しますよ。

沖縄の海の中は興味はあるがダイビングだと少し不安

 今回は気軽に出来るシュノーケルを紹介します。

ダイビングとは違い大きな機材が必要なくて、フィン・マスク・ウエットスーツだけで簡単に水面に浮かびながら海の中を覗いて海中散歩が出来ますよ。ウエットスーツは水に入ると自然に浮かびますので泳ぎに自身のない人でも大丈夫です。

今回は、ウチナーンチュがおすすめシュノーケル・ポイントをご紹介します。

Sponsored Link

沖縄本島でのシュノーケルポイントのおすすめはここ!

本島では、シュノーケリングが禁止なビーチが多いので注意して下さい。私も初めて自分のシュノーケルセットを買ってビーチに行ったんですが看板を見て禁止だとわかりショックを受けたことがありました。ウチナーンチュの私がシュノーケリングがOKでおすすめポイントをお教えします。

前田岬の青の洞窟(まえだみさき)

45347350b5c5220c6c10b880f1b849d3_s

沖縄県恩納村の前田岬にある自然が作りだした奇跡の洞窟です。神秘の洞窟として有名なシュノーケルやダイビングポイントです。日本中から、シュノーケル・ダイビングを目的に観光客が多く集まります。ツアーは値段もお手ごろですので、必ずガイドつきで安全にシュノーケリングを楽しんで下さい。

瀬底ビーチ(せそこ)

沖縄本島から橋で渡れる豊かな自然に囲まれた瀬底島です。透明度が高く、エメラルドグリーンが美しい約800CMの天然ビーチです。インターネットなどで「沖縄本島の中で1番綺麗なビーチ」と有名ですよね。

監視員もいるので安心してシュノーケルで遊べますし、貸し出しもありますので気軽にシュノーケリングを楽しめます。カラフルな熱帯魚や白ギスの群れなども見れますよ。少し浅めなので子供連れにオススメです。

7186eed5fd274e4d5b9aa206ad6f7cac_s

アンチ浜

瀬底大橋の真下にあるビーチです。アンチ浜、沖縄本島の北部東シナ海に浮かぶ瀬底島にある小さな天然ビーチです。マリンスポーツ・バーベキューが出来ます。マリンスポーツも充実しており、もちろん貸し出し用シュノーケルセットなどもあります。

さんご礁が発達しており、カクレクマノミなどカラフルなお魚もたくさんなのでシュノーケリングポイントですよ。運がよければ海がめにも会えますよ。人も少なめで、ゆっくり泳げるので私のオススメのビーチです。

 

沖縄の離島でシュノーケリングするならここ!

沖縄本島には行ったことがあるが離島にはまだ行ったことがなくオススメの離島はどこですか?

沖縄本島よりも離島のほうが綺麗な海がいっぱいですよね。シュノーケルスポットも沖縄本島に比べてたくさんあります。離島はビーチでもシュノーケルOK!な所もとても多いです。
離島のシュノーケルのオススメポイントをご紹介しますね。

水納島(みんなじま)

09839ec206a8f85468f6c003e9094648_s

渡久地港より高速船で約15分で到着。飛行機からみると三日月形で、この島の形から「クロワッサン島」とも言われています。周囲4キロの小さなさんご礁に囲まれたステキな島です。

本島から近いので、手軽に行けますし日帰りのシュノーケルツアーなどもたくさんあります。遠浅で透明度が高くシュノーケルやマリンスポーツが盛んと有名です。海に入るとすぐにお魚が見れますので、ぜひ北部に来たときは、ぜひ立ち寄って下さい。癒されること間違いなしです。

私も2度くらい、行ったんですが海のエメラルドグリーンがとても綺麗でしたよ。大きいお魚から小さいカラフルなお魚がいっぱいで1日中泳いでもあきませんでしたよ。

古座間味ビーチ(ふるざまみ)

o0800106713624737622

慶良間諸島のすばらしい透明度抜群のケラマブルーが気軽に楽しめるビーチです。レンタルショップで浮き輪・シュノーケル・パラソルなどが格安で借りれてとても便利です。海の家もありますよ。海では何を食べても飲んでもなぜか美味しいですよね。

私も何度か泳ぎに行きましたが、いろんな種類の熱帯魚がたくさんです。人になれているの指をこするとよってきてとても可愛いですよ。少し沖に向かって泳ぐと結構な深さがあり素もぐりが大好きな私も大満足でどこまでも続くさんご礁にうっとりでした。

宿泊施設も多いので、絶対に宿泊がオススメ!!時間を気にせず、朝から日が落ちるまで泳いでサンセットも楽しめました。おかげさまで真っ黒になりました。(笑)

はての浜

23d4d4a8f1eaaacdafe361e8ba8141c1_s

久米島の約5km東にある砂で出来た無人島です。360度エメラルドグリーンの海・真っ白い砂がとても美しい南国の楽園と言われています。港から渡し舟が出ていてその船で海がめを見たという人が多いです。

大きな波もないので、穏やかで初心者の方でもシュノーケリングに挑戦できるスポットだと思います。海に入るとすぐにお魚が見れます。こちらもツアーがあり、初心者のかたにインストラクターが丁寧に教えってくれてチャレンジしている方も多かったですよ。

カクレクマノミやハリセンボンなどの色とりどりのお魚がいっぱい見れます。久米島に行ったときは、ぜひ泳ぎに行ってくだ下さいね。

初心者でもできる?子供は何歳からOK?

シュノーケリングは免許や難しいテクニックは必要ありませんので、誰でも楽しめるマリンスポーツで観光客にも人気です。ですが、海で泳ぐことに慣れていない方もいますし初めての方はやはり心配ですよね?

初心者の方でもすぐに楽しめるシュノーケリングのコツ!!
  • 浮かぶコツ

シュノーケリングは浮かぶことが基本です。全身の力をぬいてリラックスして下さい。海に体を委ねるようなイメージで手足を伸ばしてどこも動かさずにただ単に浮かぶ練習をしましょう。ウエットスーツやライフジャケットを着るのであれば、自然に浮きますので練習はいらないですよ。

  • 呼吸法

基本は口呼吸です。鼻で呼吸してしますとマスクが曇り視界が悪くなったり、マスクと顔の間に隙間が出来てしまい海水が入り込んでしまいます。

口呼吸でゆっくり深呼吸をするように「ゆっくり息を吐いてゆっくり吸う」を心がけて下さい。もし、海水がシュノーケルの筒に入ってしまい口に海水が入っても、焦らずに強く息を吐き海水を出しましょう。

bc83a1c8690084e6133d4fb0c6798a8b_s

 

子供は何歳からシュノーケリングはOK?

子供用マスクはだいたい4~9歳の商品が多いです。水に顔をつけることが出来れば誰でもできますよ。私の子供は、小さいときがから海によく行ってましたので、4歳ごろからマスクで泳いで喜んでいました。

ツアーで行ってもシュノーケル機材の合うサイズがなければシュノーケリングは出来ませんので、だいたい4歳くらいからだと思います。

シュノーケルツアーで、9ヶ月のお子さんが浮き輪でお父さん・お母さん・お兄ちゃんたちと一緒にシュノーケリングを楽しんでいるのも見たことあります。赤ちゃんのとても喜んでいました。

まとめ

では今回の記事のおさらいをしてみますね。
  • 沖縄本島でのシュノーケリングのおすすめはここ!
    • 前田岬の青の洞窟(まえだみさき)
    • 瀬底ビーチ(せそこ)
    • アンチ浜
  • 沖縄の離島でシュノーケリングをするならここ!
    • 水納島(みんなじま)
    • 古座間味ビーチ(ふるざまみ)
    • はての浜
  • 初心者でも浮かぶこと・呼吸法この2つが出来れば初心者でも大丈夫です。
  • 子供は4歳からは、シュノーケルのツアーなどで一緒に泳げます。顔が水につける事が出来れば大丈夫です。

 

今回は、おすすめシュノーケケリングポイント・シュノーケルについてなどを紹介しました。普通に浮き輪で泳ぐのも楽しいですが、海の中の景色を見ながらお魚と一緒に泳ぐと見たことのない景色でとても感動します。

ですが、シュノーケリングの事故も多いですので、初心者の方は安全なところでライフシャケットやウェットスーツを必ず着用して下さい。1番は、ツアーでインストラクターと一緒にシュノーケルを楽しんだほうがGOODです。

皆さんに沖縄の素敵な海をもっと知ってもらい楽しんでもらいたいです。沖縄に来て頂いた時や沖縄に住んでいる方に参考になれば嬉しいです。

 

Sponsored Link

関連記事はこちら!