キャンプに行くために最低限必要なものはある程度そろえたけど、他にあったら便利なものって何がある?次に揃えるのは何がいい?多種多様にあるキャンプ用品、お店やネットショッピングでは欲しいものだらけですよね。

わたしも、キャンプを始めてから5年ほどになり、今のところある程度は揃っているので、特に何も買わなくてもいいのに見るとついつ欲しくなってしまいます。便利そう!かっこいい!かわいい!というものがありすぎて、実際に使うのかどうかは持っていってみないとわからないものもたくさんあります。

そんなキャンプ用品の中から、実際にわたしが持っててよかったと思ったものや、必需品とまでは言わないけれど毎回必ず持って行くものをまとめてみました。

次は何を買う?必ずしもなくてもいいけど、あったら便利♪おススメの道具を紹介します。

また、あると便利なプリントアウトして使えるキャンプ用品チェックリストをプレゼントしますよ~!

Sponsored Link

あると便利なキャンプ用品!サブテーブル・イス

メインの大きなテーブルは持ってるけど、みんなが座っていてお料理などで満杯。料理の食材を置いたり、包丁で切ったりなどの作業をするのにもう一つテーブルがあったら・・・と思うことありませんか?

そんな時に大活躍するのが小さめのテーブルとイスです。そんなサブテーブルとイスについてご紹介します。

  • 小さいテーブル・イス
  • キッチンテーブル

小さいテーブル・イス

10007202_01

小さめのテーブルは、焚き火サイドで、バーベキューで焼く人専用に、ちょっと休憩など、使い方は色々。あると絶対便利です。アルミ製のテーブルは焚き火の傍でも使え、熱いものを置いても大丈夫なので、重宝します。

小さめのイスはコンパクトで持ち運びが楽なものがおすすめです。

a10391_02_1

キッチンテーブル

食事用テーブルとは別に、食材を切ったり、バーナーを使ったりと調理専用のテーブルを用意しておくと便利です。キッチンテーブル専用として販売されているものなら、ツーバーナースタンドやランタンスタンドもついています。

DSCF0227

これは便利ですね♪食事用のテーブルセットとは別に揃えておきたいキャンプテーブルとイスでした!

リビング用品についてはこちら→キャンプ初心者が最低限揃えておきたい道具は!テント・リビング編

こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

あると便利なキャンプ用品~キッチン編~

キッチン用品では、料理に合わせて用意して欲しいものや、食器の片付けに便利なもの、火を扱うなら是非用意して欲しいものを紹介しますね。
  • 飯ごう
  • ハンギングドライネット
  • 食器かご
  • バーベキューコンロ
  • 焚き火台
  • 炉ばた大将
  • 革手袋

飯ごう

飯ごうってご飯を炊くというイメージしかありませんよね。
でも意外といろいろできて便利なので持ってると便利ですよ。

主にご飯を炊くのに使うわけでお鍋でも代用は可能なのですが、お湯を沸かすだけでも使えますし、インスタントラーメンを作ったりと意外に使い道は多いです。軽くて、焦げなどもあまり気にせず使えます。

形はシングルバーナーなどで使いやすい丸型がおすすめです。ホームセンターで1000円ほどで購入できるのもうれしいです。

417hkJ9MEJL

ハンギングドライネット

洗った食器、そのままテーブルなどにおいて自然乾燥させていると灰や虫が気になるのですぐに拭かないと!と思いますよね。
でもせっかくのキャンプ、食器拭きにかける時間がもったいなくないですか?
そんな時におすすめなのはハンギングドライネットです。

洗った食器を自然乾燥させるネットです。テントやタープのポールに掛けておけるので、洗った食器が邪魔にならない。しかもネットの目が細かいので、B.B.Qなどの灰や虫からも食器を守ってくれます。

収納時には小さく折りたためるのもありがたいです。すごく便利なのに、価格はリーズナブル。キャンプ場でも持ってる人が多いアイテムです。

DSCF0856-300x300

食器かご

100均で手に入る程度のものでOKです。カゴも便利ですが深めの水受けなら、たらい代わりに使えます。

バーベキューコンロ

デイキャンプを含め、キャンプといえばバーベキューを連想する人がほとんどじゃないでしょうか?わたしも、キャンプに行ったら必ずといっていいほどバーベキューをしています。こどもたちなんかはキャンプ=バーベキューだと思っているようです。

わたしは夫と私、子供2人(小学生男子)の4人家族で5~6人用のバーベキューコンロを使っています。少し大きめではありますが、焼きに2/3のスペースを使って、焼けたものをよけておくのに残り1/3のスペースを使っているので、ちょうどいい感じです。

素材は、長く使うのではあればステンレスをおススメします。

81Qy+ylQPIL__SL1500_

 バーベキューをするのであればバーベキューコンロは必要ですが、次に紹介するアイテムでも代用できるので、気に入ったものを用意してくださいね。

炉ばた大将

イワタニから発売されている、カセットガス式 網焼き・串焼き専用器。ちょこっとバーベキューや、雨が降って火を起こすことができないとき、おつまみに串焼きだけがしたいときなど、手軽に網焼き、串焼きができます。

キャンプでそんなの使うの??と思われるかもしれませんが、いざと言う時にサッと使えるので本当におススメです。わたしは使う予定がなくても、とりあえずいつも持って行ってます。

特に小さいお子さんがいらっしゃる方には、火の粉が飛んだりということがないのでおススメですよ。

1242-300x222

焚き火台

キャンプといえば焚き火!
でも焚き火が禁止されているところが多いので焚き火ができなくて残念・・・という経験をされた方は多いと思います。
でも焚き火台があれば大丈夫!

キャンプの醍醐味の一つ、焚き火。最近は地面で直に焚き火させてもらえるところはほとんどありません。焚き火をしたければ焚き火台が必要です。大人数では無理ですが、バーベキューコンロとしても使えるので、焚き火台を囲うようにして使う囲炉裏テーブルと組み合わせると、これまたいい雰囲気になります。

uni683040_00

革手袋

キャンプは何かと火を扱うことが多いですよね。
そんな時、うっかりやけどをしてしまったら楽しいキャンプも台無しです。
やけど予防におすすめなのが革手袋です。

キャンプは焚き火やバーベキューの火起こしなど、火を扱うことが多いので、軍手より革手袋があると便利です。というか、無いとかなりの確率で熱い思いをすることになります。キャンプメーカーのものは分厚かったりして結構高いのですが、ホームセンターなどで1000~1500円ほどのものでも十分だと思います。

Processed with MOLDIV

最低限揃えておきたいキッチン用品はこちら→キャンプ初心者が最低限揃えておきたい道具!~キッチン編~

あると便利なキャンプ用品~リビング備品編

他にあると便利なものってありますか?
リビングの備品はキャンプメーカーそれぞれのスタイルで色々なものがあります。キャンプの雰囲気をUPさせてくれるものが多いですが、ここでは単純にあってよかったと思ったものを紹介しますね。
  • アルミシート

敷物やクーラーボックスなどのカバーにも使えて便利です。

  •  アルミすのこ

わたしは、いつもテントの入り口に置いて使っています。テントの入り口で靴を脱いでから、ワンステップ足が置けるだけで出入りが楽なんです。

  •   小さいほうき・ちりとり

こどもがお菓子のクズを落としたり、服に枯れ草つけていたりと、テントの中には結構小さいクズが落ちているので、テント室内の掃除に使います。わたしは撤収の前にほうきとちりとりでテントの中を少し掃除してからたたむようにしています。100均に売ってるものでいいですよ。

キャンプ用品をPDFでリストアップしてありますので参考にしてみてくださいね。

PDFファイルはこちら→キャンプ用品チェックリスト

まとめ

キャンプ用品を揃えていくのって本当に楽しいんですよね。何かにつけて「これキャンプで使えるかも?」って考えたり、アウトドアメーカーのショップには欲しいものがいっぱい過ぎて、行くたびに衝動買いしたり・・

実はこの記事を書いてるだけでキャンプに行きたくなってしまって、前から気になってたランタンを一つ買ってしまったんですけどね。そんな魅力的なキャンプアイテムですが、どんなものが便利なのかまとめておきますね。

  • キャンプはどうしても荷物が多くなるので、少しでも荷物を減らすことができるように、複数の使い方ができるもの。
  • 狭いスペースだからスムーズな動線を描けるようなアイテム。
  • 自然の中で過ごすので、天気の変化に対応して使えるもの。

キャンプ用品はもともと、複数の使い方ができるものであったり、狭い空間を少しでも快適に過ごせるように工夫されているものがほとんどです。その中から自分なりの使い方ができるものや、自分に一番あったものを見つけていってくださいね。

 

Sponsored Link

関連記事はこちら!