がん予防というと、何が効果的なのか?まずは免疫を上げるために軽い運動から始めよう・・・と思われる方多いと思います。でも、もっと手軽に普段の食事から自分で予防する方法があるんです。

実は私もがん家系で、更には私自身もがんの危険に犯された経験があるので、再発予防としても、何か自分でできることはないかと色々やってみましたが、普段の食事から気を付けられたら、それが1番簡単で、尚且つ効果的なんです。

今回は、がん予防に必須の野菜しょうがについて、効能や効果、最強の食べ合わせをご紹介したいと思います。

Sponsored Link

がん予防にはしょうが!その成分と効能は?

しょうがががん予防に効果的って本当ですか?
はい。しょうがはがん予防としてデザイナーズピラミッドの中で第4位に効果的とされるおすすめ野菜なんです。その成分と効能についてご説明致します。

syouga

デザイナーズピラミッドとは?→デザイナーズピラミッド
  • 冷え性改善
  • 胃腸の動きを活発に・消化吸収を高める
  • 免疫力向上
  • 発汗促進
  • 抗菌作用
  • 血栓予防
  • 鎮痛作用
  • デトックス作用
  • アンチエイジング作用
  • がん予防・・・など・・・

「風邪の時には生姜湯がおすすめ」と聞いたことがありませんか?しょうがにはジンゲロールという成分が含まれており、殺菌作用や免疫向上作用があり、血流を良くし、体の中から吐き気や頭痛、喉の痛みや咳などの風邪症状を改善する作用があり、また風邪をひきたくない時に摂取すると予防にもなります。

漢方を語る上でもしょうがは重要で、しょうがなくしては漢方は成り立たないというほど、しょうがの働きは重要で強力なんです。

Sponsored Link

しょうがは特に大腸がんに効く!?

しょうがは、特にどのがんに効果的なんでしょうか?
しょうがは、がんの中でも大腸がんに効果的と言われています。なぜ大腸がんにいいのかご説明します。

しょうがにはジンゲロールという成分があり、それがしょうがならではの辛み成分でもあるんですが、このジンゲロールという成分こそが、がん、特に大腸がんに効果的とされ、ラットを使った実験結果でも、その効果が証明されています。

特に、予防や早期の大腸がんに効果を発揮し、発がん物質の働きを抑え込む効果があるとされています。

daityou

関連記事)がん予防に効果がある野菜NO1!にんにくのパワーとは?

どれくらい食べると効果がある?

どれくらい食べるといいのでしょうか?
しょうがの摂取目安量をご説明致します。
  • 1日50gほどのしょうがを食べるとがん予防に効果がある

しょうがをどれくらい食べると効果が発揮されるのか?これも実験で証明されています。それは1日50gほど。薬味や煮物として、無理なく摂取できる量で、その効果は発揮されるんです。

効果的な調理方法は?最強の組合せは豆腐とネギとショウガ!

どのようにして食べるのがいいのでしょうか?
しょうがを摂るのに最強の組み合わせがあると言われていますのでご説明します。
  • 生がおすすめ
  • 時間がたつとジンゲロールが減ってしまう
  • すりおろしより→みじん切りより→千切りより→スライス、が良い
  • 火を通すとジンゲロールはショウガオールという成分に
  • ショウガオールは血管を拡張したり血流を良くし、冷え性や風邪に効果的

生姜の成分で重要なのがジンゲロールという辛み成分なんですが、その成分は加熱すると減ってしまうので、おすすめは生なんです。また、しょうがをすりおろし、時間がたってしまうと、そのジンゲロールは、たった3分程度で半分以下に激減してしまうんです。

ということは、細く切れば切るほど、その成分は減ってしまうので、すりおろしよりは→みじん切りが良く、みじん切りよりは→千切りが、千切りよりは→スライスがいいんです。

でも、火を通すとジンゲロールは少し減ってしまうんですが、火を通すとジンゲロールはショウガオールという成分に変化し、ショウガオールも血管を拡張したり、血流をよくする効果があるので、それはそれでおすすめです。火を通して使う際、しょうが湯などは、そのエキスもしっかり残さず摂取するのがおすすめです。

最強の組み合わせはネギとしょうが

  • 豆腐にネギとしょうがの千切りを合わせたものが最強!

しょうがの摂取の仕方で、最も効果的とされるのが、ネギとの組み合わせです。ネギとしょうがを千切りにし、薬味として、魚や肉と一緒に食べても良し、豆腐にネギとしょうがを合わせると、豆腐もデザイナーズピラミッドの中で第3位とされる大豆を使用したものなので、がん予防としては最強なんです。

syouga

ありがとうございました。大変参考になりました。手軽に摂取できるので、早速普段の食事から取り入れたいと思います。

最後に

  • しょうがのジンゲロールという成分ががん予防にも効果的
  • しょうがには、免疫を上げたり、血流をよくしたり、様々な効能がある
  • 初期の大腸がんや予防に効果的
  • 1日に50gのしょうがが効果的
  • 生が最もおすすめ
  • 豆腐にネギとしょうがの千切りを薬味にしたものが最強

私は、普段から喉が弱いので、しょうがが大量に入手できた時は、しょうがのはちみつ漬けを作り置き保存していたんですが、喉にも効果的で、更にはしょうがの成分がエキスと染み出し、そのエキスごとお湯に溶かし、生姜湯として美味しく摂取できるので、しょうがの辛みが苦手という人にもおすすめです。

Sponsored Link

関連記事はこちら!