エアコンが古くて買い替えたい。引っ越すのでエアコンを取り外さないといけない。エアコンを外すという場面は誰もが経験したことがあると思います。電子レンジや洗濯機などは、数人いれば動かすことができますが、エアコンは壁に取り付けてあるので、自分で外せるか、疑問になりますよね。

先日友人にこんな相談をされました。
「引越しをすることになって、古いエアコンを処分することになったんだけど、業者に頼んだら取り外すだけで1万円かかるって言われたんだけど、自分で取り外しってできるのかな?」

実は私も個人で外せばお値打ち!と興味があることだったので、できるかどうか調べてみました。調べてみると、他の電化製品に比べてなんだか難しそう。何も経験や資格がない全くの素人が気軽に取り外すにはリスクが高いかしら?と感じました。

自分で取り外すにはリスクが高いと感じた理由から、業者に頼んだ場合にどれくらい料金がかかるのか?ということまで徹底的に調べてみました!自分で取り外そうかな、と思っているあなたの参考にしてください。

Sponsored Link

エアコンの取り外しを自分でしないほうがいい理由

確かにいろいろなサイトを調べてみると、外した経験がある方や、業者の方が丁寧に説明してくださっているので、自分でもできそうな気がします。

でも見るのと、実際に作業するのはやっぱり違うんです!こんなリスクがあるんです。

  • まずは取り外しに必要な道具がいくつか必要
  • 電気の配線があるので、基本的な電気の知識が必要(間違えると感電の恐れがある)
  • エアコンを持ち上げる力があるかどうか
  • 高所での作業となる場合がある
  • 取り外しに失敗したら修理にお金が余計にかかる
  • ガスもれは違法作業となる

eakon

そして、エアコンの中には温度を下げるために用いるフロンガスという物質が入っています。エアコンを取り外すにはこのガスの回収をしなくてはいけないのですが、家庭のエアコンは基本的に「ポンプダウン」という方法で回収しますが、何らかの支障があり、このポンプダウンができない場合はガス回収機を使っての作業となります。

こちらの場合は資格が必要となるようです。
では、業者に頼むとどれくらい料金がかかるんですか?

エアコンの取り外しにかかる料金は?

「エアコンの取り外し○○円!!」とうたっているものがありますよね。できるだけコストを抑えようとして、できるだけお値打ちな会社を探しますが、本当にうたっている値段だけでできるのでしょうか?大概それよりは高くなります。

なぜ最初の値段より高くなるんでしょう?

  • 取り付けてある場所によって値段が変わる
  • サービスの内容によっても値段が変わる
エアコンの設置場所に対する値段の違いや、サービスの内容によってしっかりと明示されている業者は安心できるといっていいでしょう。

point14

また、エアコン取り外し、回収には

  • 家電リサイクル料
  • 取り外し料
  • 回収費(運搬費)

という料金が基本的にかかってきます。エアコンリサイクル料はメーカーや機種によって違うので自分の家のエアコンのリサイクル料などはあらかじめ調べてあとは取り外し料でいくらかかるのか、回収費はどのくらいかかるのかを調べるといいでしょう。

また、取り外したあとは廃棄したい、という方は取り外してもらったあとは自分でクリーンサービスなどに持っていけばいいのですから、回収費はなくなりますね。取り外すだけなら5000円前後ではずしてくれるようです。

取り外した後は新しいエアコンを設置したいと考えている方は、取り外しと取り付けをセットで頼むと割引があるという業者がほとんどですよ!

situgaiki

エアコンの取り外しを無料でやってくれるところもある?

エアコン取り外し無料!と謳っているところがあるんですが、なんだか怪しくないですか…?

エアコンの取り外しを無料でやってくれる会社はたくさんあります。全国どこでも出張okの会社もあれば、地域設定されている会社もあります。ただ必ず確認してほしいことは、どのような場合でも無料になるのか、ということです。

無料になるには条件が設定されている場合もありますし、取り外しは無料だが出張費がかかる場合もありますし。こちらも明確に表示されている会社を選ぶのがいいと思います。もし表示されてないのなら、まずは電話で確認してみましょう。

エアコンを買い替えるつもりならこの記事を参考に→エアコンの買い時は何月?安く購入できるタイミングってある?

point3

まとめ

今回の記事のおさらいをしますね。
  • エアコンの取り外しを自分でやるのはリスクが高い(違法作業になる場合もある)
  • 取り外しを業者に依頼する場合は、値段の違いをしかりと明示してあるところを選ぶ!
  • 取り外し無料!と謳っていても、完全には無料にならないこともあるので注意

やはりエアコンは知識や技術がなければ自分で取り外すのは難しいと同時に、危険を感じてしまいました。それと、室外機と繋がっているパイプが破損しやすいようで、無理に自分で外したが破損した。とか、エアコンを使うのに必要なガスが漏れてしまうと、結局またガスを補充しないと正常に動かないようです。

このような事を考えると、自分に自信がなければやはり専門の業者に頼むのがいいのかな?と感じました。取り外しに失敗してしまうと、修理代で結局は高くついてしまうと嫌ですよね。自分で取り外してみようと考えている方、まずはよく考えてみてくださいね。

友人には、自分で取り外せなくはないけどおすすめはしない!と伝えるつもりです。

Sponsored Link

関連記事はこちら!