物を捨てるというのは簡単なようで何気に難しいと感じることはありませんか?

特に洋服。女性にとって洋服を捨てるのが1番難しいと言われているくらいですから。私も、とっておいたらまだ役に立つ。という思いで全く処分できませんでした。そうこうしているうちに、いつの間にかクローゼットの中は大混雑。

それでもつい買ってしまう洋服。収納スペースを確保するために、やはり整理しなければと思い切って処分に踏み切りました!でもせっかく処分するなら、自分にとって1番良い方法で!と思いますよね。

増えていく洋服を賢く処分する方法から、迷いがちな処分のタイミング、処分するときの注意点などいろいろと調べてみました。さぁこれを読んでクローゼットをスッキリさせましょう!

Sponsored Link

増えていく洋服を処分する方法は?

洋服が増えてしまってクローゼットもタンスもパンパン!
洋服を処分する方法を5つご紹介しますね。

  • ゴミに出す
  • フリーマーケットへの出品
  • オークションへの出品
  • 買取業者の利用
  • 寄付
1つずつ詳しく見ていきましょう!

 

ゴミに出す

1番早い方法はゴミとして出してしまうことです。基本的に衣類は可燃ゴミとして分類されるようです。地域によっては資源ゴミとして分類されるところもあるようですので、自分の地域の分類法を確認してみて下さいね。ゴミに出す場合は、ボタンやチャックなど、布製品ではないものは衣類から取り除いて出すのがマナーと言えるでしょう。

フリーマーケット

同じ手放すなら少しでもお金になれば、と思えばフリーマーケットを利用するのがお勧めです。フリーマーケットのメリットとしては、自分である程度の値段を設定することができることですね。ただ、売る側買う側の駆け引きもありますので、最初に値切りを見越した値段をつけることがコツみたいですよ!また、外で行っているフリーマーケット以外に、今はネットで出品できるフリーマーケットのアプリがあるので手軽に参加できます。

004

オークション

オークションのメリットもフリーマーケットと同じで、ある程度の希望金額が設定できることです。希望金額からあまりに見合わないときは売却を取り消すこともできるので、それは買う側との駆け引きですね。ただ、フリーマーケットよりは落札されるのに少し時間がかかるというのがデメリットではありますが。

買取業者の利用

買取業者を利用する場合は、まず近くに買取センターがあればそこに持っていくというのも1つの方法です。近くに買取センターがない・大量に持っていくのに車がない・1品では扱ってもらえないなどという方。わざわざ足を運ばなくても、ネット依頼ができる業者もたくさんあります!

  • 送料無料
  • 査定無料
  • 出張買取あり
  • 1品からOK
  • ノンブランドOK

など、自分が希望する買取業者は必ず見つかるでしょう。1品の値段は衣類の状態や元々の価値にもよるので、まずは査定してもらい、納得すれば引き取りをお願いすればいいと思います。

okodukai4

寄付

リサイクルの時代ですので、ただ捨てるだけよりやはり何か役に立てば。と思えば寄付する方法が良いでしょう。寄付した衣類は世界中の難民や避難民、災害被災者などへ支援されます。

寄付ができる主な団体はこちら。数多くの団体や地域がリサイクルに力を入れています。
  • 日本救援衣類センター(NPO法人として認定されている)
  • ユニクログループ(ユニクロ・gu)
  • 無印良品
  • 宅配クリーニング業者
  • 地域の無料回収

もちろん、ユニクログループや無印良品は、その会社の商品限定ですけどね。お店にもっていくだけで引き取ってもらえます。こちらも、支援に使われたり、手を加えて直して新たに販売したり、着れないものは燃料や原料として再利用されるので、無駄なことは一切ないと言っていいでしょう。

Sponsored Link

洋服の処分を見極めるタイミングや目安は?

今までとっておいたものを捨てるのはやっぱり何かきっかけが欲しいですよね。私は衣替えの時期に見直すようにしました。と、言うのも、サイズアウトになったものや流行のものは変わっていくので、半年~1年でまだその後どのくらい着れるかを考えます。

関連記事)衣替えの時期!春・夏服のタイミングは?知っていて損なし!

Woman (35)

見極める目安としては、

  • 短くて1年
  • 長くて3年

一度も着てないなら処分するようにしましょう。愛着があるから・値段が高かったから。という問題はここでは振り切りましょう。愛着があってもサイズアウトになったら着れません。高かったと言っても趣味や流行は変わっていきます。

それでも、どうしても!という方におすすめは服のリメイク!
自分の服を子供の服にリメイクしたり、鞄など小物にリメイクしたり。自分でできなくてもリメイクしてくれる業者もありますよ!

あと、私の場合、シミやほつれのなどがある物は雑巾サイズに切って、そこらじゅうの掃除をしてから捨てるようにしています。最後の最後まで布として使ってあげます。

処分するときに注意することは?

売る場合は洗濯してあることが前提です。クリーニングまではしなくてもいいようです。シミやほつれなどはなければない方がいいですし、買取値段も高くなります。勿論、寄付する場合も洗濯はお願いしますね!

ゴミとして捨てる場合は、布以外の部分(ボタンやチャック等)は分別して出すことと、それぞれの地域のゴミの出し方を必ず確認して下さい。

heyaboshi04

まとめ

増えていく洋服を処分する方法は?
  • ゴミに出す
  • フリーマーケットへの出品
  • オークションへの出品
  • 買取業者の利用
  • 寄付

まずは、どの方法が1番納得できる方法かを選びましょう。納得できないと、やはり進まないですよね。だって今まで大切にとっておいたものですもの。でも決めたら迷いは禁物です。

私も衣替えの時期に衣類の見直しをするようになり、自分の体の変化や趣味の変化、子供の成長に合わせるようになり、かなり処分しました。何でも捨てれる人にとっては「たかが処分」と思われがちですが、捨てれない人にとっては「されど処分」なんです。

洋服に限らず、これからは必要な物、使わなくなったものを定期的に見直し処分できるものは思い切って処分していこうと思います。目指せ断捨離です!!

Sponsored Link

関連記事はこちら