5月の第2日曜日は母の日です。日頃からお母さんに感謝の気持ち伝えられてますか?

最近では、「○○が欲しいな」と指定してくるようになったうちの母ですが・・・昔は色々手作りしたものをプレゼントし、それはそれは嬉しそうな顔をして喜んでくれていました。

今年の母の日は、いつもテレくさくてなかなか言えない感謝の気持ちを手作りのプレゼントと一緒に伝えてみませんか?100均の造花を使った簡単なアレンジプレゼントの作り方をご紹介したいと思います。また、母の日にカーネーションを贈る理由についてもご説明致します。

Sponsored Link

100均の造花を使って母の日アレンジ!準備するものは?

母の日に何かプレゼントしたいんですが、お小遣いがあまりありません。安上がりで出来るプレゼントを教えて下さい。
100均の造花、カーネーションを使った母の日のアレンジをご紹介します。まずは必要な材料をご説明します。

hahanohi

  • 造花(カーネーション)2色:100均
  • 木製ケース:100均
  • グルーガン(ホットボンド):100均
  • ビーズ:100均
  • ネイル(数本):100均
  • ハサミ

今回は、100均でカーネーションの造花を2色購入しましたが、1色(1個)でも作れます。また、グルーガンを木工用ボンドに変えたり、ネイルを絵の具に変えても作れます。

また、ビーズはあってもなくてもいいので、最低100均のカーネーションと箱さえあれば作れます。(今回の材料はダイソーで購入しました)

造花で母の日アレンジの作り方は?

100均の材料を使った母の日ボックスの作り方をご紹介します。

STEP①造花を外す

カーネーションを茎から外しましょう。

hahanohi

STEP②花の根元を切る

hahanohi

このままでは接着しにくいので、花の根元を切りましょう。

STEP③箱に模様を描く

hahanohi

箱に模様を描きましょう。今回はネイルを使って書きました。ネイルは発色も良く、乾くとテカリも出てすごくかわいいんです。

STEP④側面にも描く

hahanohi

側面にも模様を描きましょう。

家にある絵の具を使って描いても大丈夫です。好きに色を塗ったり、絵や模様を描きましょう。また、シールを貼るという方法もあります。100均のデココーナーにある材料を使ってかわいくデコしても良いでしょう。

STEP⑤カーネーションの裏にホットボンドを付ける

hahanohi

カーネーションの裏にホットボンドを付けましょう。

木工用ボンドでも代用できます。ただ、ホットボンドに比べ、接着が弱く、乾きも遅いので、乾く前に触らないようにしましょう。

STEP⑥箱の中に接着

hahanohi

箱の中に隙間なく接着していきましょう。

STEP⑦このようになる

hahanohi

全部詰めると、このようになります。

STEP⑧ビーズを置く

hahanohi

箱の中にビーズを所々見え隠れするように、ビーズを置きましょう。

パールビーズや輝きのあるビーズを潜ませることで、箱を開けた瞬間、カーネーションの輝きがアップします♪

STEP⑨箱のフタにもカーネーションを付ける

hahanohi

箱のフタにもカーネーションを付けましょう。

この時、箱の中のカーネーションより地味なカーネーションを付けるのがポイントです。「あらキレイ」と思わせ、フタを開けると更にきれいなカーネーションが!という感動があります。また、フタにカーネーションを付けず、デコレーションや絵だけでも充分かわいいプレゼントになります。

STEP⑩フタの裏に写真やメッセージを

hahanohi

 

箱の中に、いつも口ではなかなか言えないメッセージを一言添えたり、お母さんとの思い出の写真を貼ることで、更に感動がアップする、宝箱になります。

STEP⑪完成

hahanohi

 

これで完成です。直接手渡しでもいいですが、テレくさくて直接渡せない場合は、お母さんがいつも使うキッチンや鏡台にそっと置いて置くだけでもいいでしょう。

「あら?何かしら?」と開けてみたお母さんが涙をぬぐう姿・・・こっそり隠れて覗いてみるのもいいかもしれません。
わぁ!作るのも楽しそうですが、母の反応を隠れて覗き見るのも楽しそうですね。早速作ってみます!

母の日にカーネーションを贈る理由って?

どうして母の日にカーネーションを贈るのですか?
母の日にカーネーションを贈るようになった、由来をご説明します。

母の日にカーネーションを贈る由来は色々あります。古代ローマ時代のリーアという神様の母に感謝を表す春のお祭りが起源とされたり、イギリスのイースターの前の復活祭の40日前に、出稼ぎ労働者が母親に会うために帰宅するマザー・サンデーが由来とされたり・・・。

ですが、もう1つ、私の好きな説をご紹介します。

アメリカに住む少女の母親が1905年5月9日に亡くなってします。その3年後少女は亡き母を追悼するため、母親の好きだった白いカーネーションを祭壇に飾り、出席者にもそれを配りました。そのことがきっかけで、母親にカーネーションを贈るようになったとされますが、当初は、母親が健康な場合は赤いカーネーションを。母親が故人である際は、白いカーネーションを贈るとされましたが、やがて、カーネーションの色にこだわらず、母の日にカーネーションを贈るようになりました。

日本で、母の日が定められたのは戦後のことですが、この由来を知り、私は母が元気なうちに感謝の気持ちを伝えたいなと思うようになりました。
ありがとうございました。「親孝行したい時に、親はなし」ってよく聞きますが、本当に、いつも反発ばかりしていましたが、母の日には母に感謝の気持ちを伝えたくなりました。

関連記事

最後に

母の日ボックスのプレゼントは、「何かしら?」と開けた瞬間に華やかなカーネーションが目に飛び込むのがポイントで、中に入れるメッセージはとても重要です。「いつもありがとう」「お母さん大好き」ほんの一言でもいいので、いつも言えない感謝の気持ちを伝えましょう

Sponsored Link

関連記事はこちら!