大人でも子供でも使えて、とっても可愛く、髪にあとが付きにくくて便利なシュシュ。シュシュを手作りする方法は色々ありますが、今回は手編みで作れるシュシュをご説明したいと思います。

編み物が得意ではない私でも、鍵編みで簡単に編むことが出来ました。アレンジしだいで出来上がりも全然違います。

シュシュの編み方、毛糸を使い、簡単でわかりやすいように画像で順を追ってご説明致します。編み物初心者でも簡単に出来るので、ぜひ挑戦してみて下さい。

スポンサーリンク

毛糸で作るシュシュ、準備するものは?

syusyu

  • 毛糸
  • 編み棒(鍵編み)
  • ヘアゴム
  • ハサミ

全ての材料は100均で揃います。

関連記事)手作りシュシュを作ろう!手縫いでもできる!動画でバッチリ!

毛糸のシュシュの編み方

毛糸を使ってシュシュを作ってみたいんですが、編み物初心者でも作れる簡単な編み方を教えて下さい。
簡単にできるシュシュの編み方をご説明します。

STEP①ゴムの内側から毛糸をとる

ゴムの内側から毛糸をすくい取りましょう。端の毛糸は10cm弱残しておくといいでしょう。

syusyu

STEP②上から毛糸をとる

syusyu

ゴムの上から毛糸をとり、①でとった毛糸の穴にぬきましょう。

STEP③ゴムの間から毛糸をすくう

syusyu

ゴムの間から毛糸をすくい、持ち上げましょう。

STEP④ゴムの上から毛糸をからめ抜く

syusyu

ゴムの上から毛糸を絡め取り、穴2つに通し抜きましょう。

STEP⑤③④の繰り返し

syusyu

③④の繰り返しです。ゴムの内側から毛糸を絡めとる→上から毛糸を絡め取り2つ抜く。

これを細編みといいます。

STEP⑥ある程度⑤を繰り返したところ

syusyu

ある程度③④の細編みを繰り返すと、このような形になります。

STEP⑦端に寄せる

syusyu

⑥の編んだ部分をギュっと寄せましょう。空間があいた部分をまた細編みしていきます。

STEP⑧これくらい編む

syusyu

これくらい隙間がなくなるまで、細編みしましょう。

STEP⑨端を合わせる

syusyu

編み始まりの穴に編み棒を通しましょう。

STEP⑩毛糸を絡め取り、抜く

syusyu

毛糸を絡め取り、穴2つ分抜きましょう。

1段目の完成です。

STEP⑪立ち上げ

syusyu

毛糸を取り、穴から抜きましょう。これで1つ立ち上げ出来ました。

細編みなどの時は2つ穴抜き立ち上げの時は1つ穴抜きが基本です。

STEP⑫隣の穴に細編みをする

syusyu

隣の穴に細編みをしましょう。穴に編み棒を通し→毛糸を絡め取り→上から毛糸を取り→2つの穴に通す。

STEP⑬同じ穴に予め毛糸を絡めた棒を通す

syusyu

同じ穴に予め毛糸を絡めた編み棒を通しましょう。

STEP⑭毛糸を絡めとる

syusyu

毛糸を絡めとると、3つの穴が出来ます。

STEP⑮穴2つに毛糸を通す

syusyu

毛糸を取り、穴2つに毛糸を通します。すると2つの穴が残ります。

STEP⑯穴2つにまた毛糸を通す

syusyu

穴2つに毛糸を通しましょう。穴が1つになります。

⑬~⑯が長編みです。

STEP⑰同じ穴に細編みをする

IMG_3311

同じ穴に編み棒を通し、細編みしましょう。

STEP⑱隣の穴に編み棒を通し、毛糸を引き抜く

syusyu

隣の穴に編み棒をさし、毛糸を引き抜きましょう。

STEP⑲⑫~⑱の繰り返し

syusyu

⑫~⑱の繰り返しです。細編み→長編み→細編み→引き抜き。

STEP⑳端を合わせる

syusyu

編み始まりの穴に編み棒を通し、毛糸を引き抜きましょう。

STEP㉑毛糸の端を切る

syusyu

毛糸の端を切りましょう。

STEP㉒毛糸を引き抜く

syusyu

切った毛糸を引き抜きましょう。

STEP㉓毛糸を結ぶ

syusyu

毛糸を結びましょう。

STEP㉔余った毛糸を切る

syusyu

余った毛糸を切りましょう。

STEP㉕完成

syusyu

これで完成です。

スポンサーリンク

シュシュのアレンジ方法のご紹介

毛糸の種類や色、編み方の違いで色々なアレンジが可能です。1部のアレンジをご紹介します。

細編みのみ

syusyu

細編みのみなんですが、ボアの毛糸を使うことで、ゴム部分もしっかり隠れ、シンプルでもボリュームのあるシュシュになります。

毛糸の色を変える

syusyu

毛糸の色を変えるだけで、こんなに違った印象になります。また、編んだ部分をねじってクネクネとアレンジしても良いでしょう。

2色使う

syusyu

1段目と2段目を違う毛糸にしたり、細編み長編み細編みでなく、2段目の編み方をアレンジするだけで違った形になります。

ありがとうございました。初心者の私でも出来そうです。早速100均に行って来ます。

関連記事)

最後に

毛糸といったら冬物というイメージがありますが、最近では100均でも1年中使える素材の毛糸も販売されていますし、パステル系の色だと夏でも涼し気です。また、毛糸にチャームを通したり、アレンジも自由自在なので、ぜひ作ってみて下さい。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!