4月1日といえば、をこの日だけはついてもいいとされるエイプリルフールですよね。ですからこの日には、いろいろな嘘が飛び交う日となっています。

わたしも以前まるわかりの嘘をついて、家族や友達に失笑された記憶がありますよ。でも内容によっては、真偽がわからずにその日のトップニュースになったものもあるとのことです。このエイプリルフールの由来はどういうことからなのでしょうね。また、午前中だけ嘘をついてもいいというのもどこから言われはじめたのでしょう。そのような点についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

エイプリルフールの由来は?

エイプリルフールは、世界中の誰もがきっと知っているイベントでしょう。でもその起こりは、いったいいつ頃からなのでしょう。実際のところは、エイプリルフールの起源は正確にはわかっていないのです。でもいくつかの説があるので紹介しますね。

エイプリルフールには、どんな由来があるの?
次のような説がありますよ!

国王に反抗説

これは、国王に国民が反発したことから起こったと言うものです。西欧では、16世紀頃は新年というのは3月25日だったのです。そして、新年を祝うお祭を4月1日までしていたのです。

しかし、フランスのシャルル9世が1564年になって新年を1月1日とする新しい暦を採用したのです。でも国民たちはこれに反発しました。そして、4月1日になると皮肉を込めて嘘の新年としてバカ騒ぎをするようになりました。

シャルル9世はこれを知って怒り騒いだ国民を処刑してしまったのです。この後この事件への抗議の意味を込め4月1日にフランスの人々は、嘘をついたりバカ騒ぎをするようになったということです。

ノアの方舟説

旧約聖書に書かれているノアの方舟といえば、誰もが知っている物語ですよね。 神が起こした大洪水から逃れるために舟に乗って難を避けていたのです。そして、洪水も治まりノアが陸地を探すためにハトを放ちます。始めは、何も見つけられずにハトが戻ってきましたが、その日が4月1日だったということです。そのことに由来して無駄なことをしたというのが転じて嘘と繋がり、嘘を4月1日にはついても良いとなったのだそうですよ。

kirisuto

関連記事 エイプリルフールの告白って本気なの?嘘なの?

嘘をついていいのは午前中だけなの?他にもルールがある?

4月1日のエイプリルフールでも嘘をついてもいいのは、午前中だけというのを聞いたことがないですか?

午前中に嘘をついても良いというのは!  どうもイギリスからこのルールの起源は来ているらしいのです。というのも「オークアップルデー」という習わしがイギリスにはあるのです。

 

オークと言うのは、樫でこの実を身につけて忠誠を国王に誓うのです。ですから、オークをこの日に身につけていない人は、そのことを責められます。

でもそれは午前中だけのことなのです。ですから午後になるともう責められることはありませんでした。

このことから嘘を エイプリルフールでついていいのは、午前中だけとなったと伝えられているのです。

スポンサーリンク

エイプリルフールって世界共通?

エイプリルフールは、世界共通のイベントなのです。そして、嘘をついていいのは午前中だけというエイプリルフールのル-ルはイギリス発祥のようですね。ですからイギリスとイギリスの統治下にあった国々だけの共通ルールだったのです。

でもなぜか現在ではそのルールは、日本人の間でも浸透しているのですから不思議です。辞書を見てもどの辞書でも同様に午前中のみという記載があるものが多いのです。

ちなみにアメリカやその他の国では1日中嘘をついてOKなのだそうですよ。

ac10 mamaai
ac10 mamaai

最後に

エイプリルフールをついてもいいのは午前中のみというのは、イギリスルールなのですね。それがなぜか日本でも言われ始めたのですが、もしかしたらこれも誰かがついた嘘だったのではないかと思ってしまいます。

でも日本のエイプリルフールの公式ルールとして、もはや「午前中までがルール」というのも辞書に載っているのですからね。

 

エイプリルフールの由来等は
  • 国王に反抗説・・・国王に国民が反発したことから
  • ノアの方舟説・・・何も見つけられずにハトが戻ってきたことから
  • 午前中のみ嘘をつくのは、イギリスとかつてイギリスの統治下にあった国々

 

わたしもできるだけ午前中にたわいもない嘘をつこうと密かに目論んでいるんですよ。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!