花粉が飛び始めたら、春はもうすぐそこまで来ています。 ということは・・・。 そうです。みんな大好き「お花見」の季節の到来です!!私なんかは毎年みんなで集まってお昼間からお酒を飲む口実にしているようなものですけど。

日本ではなんと奈良時代から始まったといわれている「桜の下での宴」。庶民に定着したのは江戸時代からということです。(あの有名な暴れん坊将軍こと8代将軍徳川吉宗が解禁したそうですよ)なんとも長い歴史のある「お花見」ですから、それは桜のつぼみがほころび始めれば、私たち日本人の血は騒ぐわけです。

長い歴史のある「お花見」。日本にいる外国人の皆さんだって興味津々なんです。でも私たち日本人だって、そんな外国人に興味津々。

誘いたい・・・。外国人をお花見に誘いたい!!

でもでも私たち日本人てすっごくシャイな民族ですよね。英語を聞き取ることは出来ても、照れちゃって話すことを練習してこなかったので、会話は不得意です。みなさん、もじもじと考えているのではないですか?

桜と杯

  • そもそもお花見って英語でなんという?
  • 外国人の友人をお花見に誘いたいけど・・・。
  • 隣のシートに外国人が!せっかくだし英語で話してみたい・・・。
  • もじもじモジモジ・・・。

今年のお花見は思い切って外国人とコミュニケーションを取ってみましょうよ!

さあ、勇気を出して!「お花見って英語でなんという?外国人に説明したい!素晴らしい日本の文化!!」どうぞっ!!

Sponsored Link

お花見は英語でなんて言う?

まずはここからですよね。「お花見」って英語でなんと言うのでしょうか?もちろん外国には「お花見」の習慣はありませんから単語もありませんので、ひとつひとつ見ていきましょう。

  • 桜はcherry blossom
  • 見るはviewing

となりますので、単純に【Cherry blossom viewing】となります。直訳すると、「桜観賞」ですね。
こちらに「宴」を加えますと、【Cherry blossom viewing party】となるわけです。

なるほど!ひとつずつ考えていくと簡単なんですね。

と、ここまでは辞書的な「お花見」ですが、実際私の海外の友人達はみんな「ハナミー」と言っています。

でも、「ハナミーってナニ?」と聞かれたらなんて説明したらいいのですか?

はい!「ハナミーというのは、桜の木の下でピクニックすることですよ。ステキでしょ?」と答えてあげましょう。

HANAMI is having a picnic party under the cherry blossoms while its blooming. It’s so lovely isn’t it?
なるほどー。これでバッチリですね!

Sponsored Link

お花見でよく使う単語を英語でご紹介

「お花見」は言えるようになりましたね。では、次に「お花見」で使われる単語について見ていくことにしましょう。

皆さんはお花見といえばどんな単語を思いつきますか?

お花見でよく使われそうな単語を書き出してみました。
  • お酒(日本酒)・・・・・alcohol (Japanese SAKE)
  • 宴会・・・・・・・・・・party
  • 場所取り・・・・・・・・getting nice spot
  • 夜桜・・・・・・・・・・cherry blossom at night
  • 屋台・・・・・・・・・・stall , stand
  • お弁当・・・・・・・・・lunch box
  • 桜吹雪・・・・・・・・・shower of cherry blossom
  • トイレ・・・・・・・・・rest room
  • ごみ・・・・・・・・・・trash , garbage
  • 紙皿・紙コップ・・・・・paper plate , paper cup
  • 敷物・・・・・・・・・・picnic blanket
  • 頭にネクタイ・・・・・・a tie around one’s head

 

 こうして見てみると案外シンプルで簡単なんですね。

関連記事)お花見の持ち物チェックリスト!完全保存版!

お花見で使える例文集

これまでは単語をメインにご紹介してきましたけれども、ここからは簡単に使える例文を挙げていきたいと思います。

外国人女性

お花見のすばらしさを外国人に説明する例文集

お花見に興味津々の外国人の皆さんにぜひ知ってもらいたいお花見のすばらしさ。私なら、こんなことを教えてあげたいと思います。

 

桜の木は春夏秋冬でそれぞれの顔を持っています。特に花の季節はとても短いので、私たちはその時間を楽しむのです。
The cherry blossoms has each face in the four season. Because it is very short in the season of the flower in particular, we enjoy that time.

お昼間の桜も綺麗ですが、ライトアップされた夜桜も幻想的で綺麗ですよ。
The cherry blossoms of the day is beautiful too, but the going to see cherry blossoms at night lighted up is fantastic and beautiful.

 

お花見に外国人を誘いたい!例文集

お花見関連の英語を覚えても、まずは外国人のお友達をお花見に誘わなければ何も始まりませんよね。
こんな言い方でお誘いしてみてはいかがでしょうか?

 

今度の日曜日、みんなでお花見をしますが一緒にいかがですか?
Why don’t you join our HANAMI party on next Sunday?

ここで「ハナミーでナニ?」と聞かれたら、そうです!あのフレーズを使いましょう。

お昼の11時に代々木公園に集合してください。
Please gather in Yoyogi Park at 11:00 of the noon.

各自持ち寄りなので、何か一品持ってきてください。
Please bring some food or drink respectively because it is a bring-your-own party.

 

お花見当日に英語で会話したい!簡単なフレーズ集

さあ、外国人をお花見に誘いました!あとは当日頑張って英語で会話をしてみたいですよね。パッと出てくるような簡単なフレーズを挙げてみますね。

靴を脱いで楽にしてください。
Take off your shoes, and please make yourself comfortable.

飲み物は何がいいですか?
What would you like to drink?

ビールを取ってもらえますか?
Will you take the beer please?

寒くなってきましたね。
It became cold.

そろそろお開きにしましょうか。
Shall we break up soon?

この後もう一軒行きませんか?
Shall we go to another one after this?

知っておくと便利で、簡単に使えるものを挙げました。それぞれ単語をひとつ変えるだけで多様できるものもありますので、ぜひ実践してみてくださいね。

関連記事)ピクニックデートにぴったり!関東のおすすめスポット3選!

まとめ

それでは最後におさらいです!
  • 英語で「お花見」はCherry blossom viewing
  • でも、案外「オハナミ」で通じる。
  • まずは勇気を出して外国人を誘ってみる。
  • 深く考えすぎずにシンプルな言い回しを覚えていれば、いくらでも応用がきく。

古くは江戸時代から庶民のあいだで親しまれてきた「お花見」。そんなステキな習慣をぜひ海外の方達と共有したいですね。

sakura

英語を話す自分をみんなはどう見ているんだろう・・・?なんてモジモジしなくても大丈夫です。誰も気にしていませんからっ!!!

今回ご紹介した単語や例文を使って、海外の方に日本のすばらしい習慣を教えてあげてください。

So that a world ring spreads through Japanese culture….
日本の文化を通して世界の輪が広がりますように・・・。

Sponsored Link

関連記事はこちら!