生理前や生理中には体重が増えます。
ダイエットをしていると「なんで効果が出ないの!?」「ダイエットしてるのになんで増える!?」と、ついキーッとなってしまう時期。

でも生理後は体重がストンと落ちたり
不思議ですし、どうしてか知りたくなるのではないでしょうか?

そこで、生理前や生理中にどうして体重が増えるのか、その理由についてご紹介します。

スポンサーリンク

生理前、生理中ってどうして体重が増えるの?

女性Aさん
生理前や生理中ってどうして体重が増えるのでしょうか?
女性Bさん
これはすべて女性ホルモンの影響によるものです。

一般的に「生理後から排卵前までは痩せやすい」「排卵後から生理前は痩せにくい」時期だと言われています。

 

seiri2

 

生理前に体重が増えやすいのは、排卵後に増える女性ホルモン「プロゲステロン」が、妊娠に備えて体に栄養を溜めようとするため。そのせいで体は水分や脂肪を溜めやすくなり、結果として体重が落ちにくい、あるいは逆に増えてしまうという現象が起こるのです。

スポンサーリンク

増えた体重って元に戻るの?増加の許容範囲は?

女性Aさん
増えた体重って元に戻るのでしょうか?
女性Bさん
大丈夫!戻りますよ。

 

プロゲステロンの影響で増えた体重は、生理が始まってプロゲステロンが減少すれば元に戻ります。

プロゲステロンに代わって分泌量が増えるエストロゲンは「美人ホルモン」と言われ、心と体のコンディションを良好にしてくれる働きをします生理前の体重増加は一時的なもの

エストロゲンが増えてくると新陳代謝もよくなるので、生理前に増えた体重も元通りです
生理前は、2~3Kgの増加は珍しくありません

関連記事)生理前の症状(PMS)と期間は?出やすい人の特徴とは?!
seiri4

生理前、生理中の体重増加を防ぐことってできる?

生理前、プロゲステロンが増えてくると新陳代謝が落ちて脂肪の燃焼をしなくなります。それに加えて水分をため込もうとするので、体重の増加は仕方がないこと。

seiri1

しかし、ここで体重増加を抑えれば、生理後の「元に戻る作用」を利用してスリムになることも可能です。

女性Bさん
生理前の体重増加を抑えるのに効果的なことは以下の通りです。

 

  • カリウムを取る
  • 体を温める
  • 豆乳を飲む

 

生理前に塩分の多いものを食べるとむくみの原因になります。カリウムは塩分を分解する効果があるので、むくみ対策に効果的。
きゅうり、海藻類、リンゴ、豆腐、納豆などに多く含まれています。

seiri5

 

豆乳にも、ため込みを防ぐ栄養素がぎっしり入っているので、豆乳も効果的。ただし豆乳はエストロゲンに似たイソフラボンが含まれているので、1日200mlを上限とし、飲みすぎないように注意しましょう。

体を温めると体の冷えを解消し、血流がよくなるのでむくみの解消につながります。

生理前、生理中はダイエットには不向き?!

生理前、生理中はプロゲステロンの作用で代謝が落ち、脂肪が燃焼しにくい上に水分をため込もうとする時期なので、ダイエットには不向きです。

seiri3

 

この時期は食欲も増加する時期なので、増えないように現状維持をするのがベスト。本来、体重が増える時期なので現状維持をするだけでもダイエットができていると言えます。

だから生理前は、頑張って体重が増えないようにコントロールしましょう。

関連記事)足元の冷えは女性の大敵!すぐできる対策は?

最後に

生理前のむくみもやイライラ、眠気、食欲増加の全てがプロゲステロンの影響。そう聞くと「プロゲステロンはいらない。美人ホルモンだけ増やせたらいいのに」と思ってしまいますが、ホルモンはバランスが取れていることが大切。

一方だけ増えると、ホルモンバランスが崩れ、もっと深刻な体調不良に見舞われます。

女性ならではの体のサイクルと、上手に付き合っていきましょう。

 

女性Aさん
生理前、生理中の体重の増加の原因は、女性ホルモンの影響だったのですね。ダイエットをするのならこの時期が大切な意味も理解できました。役立つ情報をありがとうございました。

 

by 武藤はづき

スポンサーリンク

関連記事はこちら!