軽くて暖かいのが特徴の羽毛布団、愛用されている方も多いのではないでしょうか。

フカフカで、爽やかな暖かさ、安眠にも繋がり、多少お値段が張っても購入したいお布団の種類ですね。

しかし、折角良いお布団を購入されても、そのお手入れ方法を知っていない為に、お布団の寿命が短くなってしまう事も。

そこで、今回は、『羽毛布団のお手入れ方法』についてご紹介します。

Sponsored Link

羽毛布団の日干しの方法

羽毛布団は、吸湿、放湿性に優れているため頻繁に日干しする必要はない様です。

sky

もし日干しにされる際は、以下のポイントを参考にされて下さいね。

 

月に1回から2回、お天気の良い乾燥した日の午前10時ぐらいから午後3時ごろまでに、両面をそれぞれ1時間から2時間程度日干しして下さい。

取り込む際は、軽く振って羽毛をほぐし、埃などを取り除いて下さいね。
くれぐれも、布団たたきで強くたたく事は避けましょう。

 

お布団は日干しすることで、保温性が増し殺菌効果も得られ、又、フワフワ感が戻り、心地よい眠りへと繋がります。

しかし、日干しするとお布団の色褪せも心配ですので、カバーを掛けてから干すことをおすすめします。

 

毎日外で日干しするよりも、室内で風通しをよくしておくだけで、湿気対策になります。

基本的には陰干しが羽毛の状態良く保てるようですので、あまり頻繁に天日干しをするのは
ダウンや側生地の劣化の原因となってしまいます。
又、極端に熱くなっている、車の上や屋根の上に干すのも避けましょう。

 

羽毛布団は洗濯できるの?したほうがいい?

Dryer

羽毛布団の洗濯は自宅ではしない方が無難なようです。

自宅で洗濯する方法などもありますが、羽毛が水分を含むと羽毛同士が絡まってしまいます。
そうなると乾燥させても離れずに羽毛のかさが減ってしまい、あの羽毛の特徴のフワフワ感もなくなってしまいます。

結果として、羽毛布団の寿命も短くなってしまう可能性あるので自宅で洗濯はしない方が良いとされています。

もしお布団の洗濯をご自宅で、とお考えなら、購入前に羽毛に加工がしてあリ、洗濯が可能なものを選んで下さいね。

クリーニングにだされる時は、普通のクリーニングでは自宅での洗濯と同じ様に羽毛を痛めてしまうので、専門業者寝具専門店を選ばれて下さい。

Sponsored Link

羽毛布団の収納方法は?

Oshiire

暖かくなってくると、羽毛布団の収納を考えるものですが、その際に注意する事はあるのでしょうか?

しばらく使わないものですが、次に使用する時には気持ちよく再会したいものですね。
その為には、収納前にきちんとした段取りを踏んでおくのも大切になります。

①収納する前に、羽毛布団の中の湿気をしっかり発散させましょう。

ー天気の良い日に、風通しの良い部屋や場所で羽毛布団を陰干しして、しっかり湿気を発散させて下さい。
②羽毛ふとん保存ケース、又はバッグに入れて収納しましょう。

ー羽毛布団を購入された際、保存ケース、バッグに入っていたと思います。
そのバッグの中に、湿気を十分発散させた羽毛布団を収納して下さい。

その際、バッグの口をほんの少し開けておくと湿気を防ぐ効果があります。

 

③収納にも気を配りましょう。

ー押入れやクローゼットに収納されることが多いと思いますが、その際、お布団の上に重いものなどのせると羽毛が傷む原因になりますので注意しましょう。

又、風通しを考慮され、時々押し入れの扉を開けて風を通す事もお忘れなく。

そして、羽毛布団の収納に圧縮袋は使わないで下さいね。
これを使いますと、羽毛がつぶれてしまったり、傷んでしまい、羽毛布団が元のフワフワ状態に戻らなくなってしまいます。

最後に

お布団は毎日使うものですから、清潔で心地よい物に包まれて休みたいですね。

羽毛布団のフワフワ感も日頃のお手入れで長く続くものですので、お布団の扱いも優しくされて下さいね。

あやより

Sponsored Link

関連記事はこちら!