花粉症の季節になると、目のかゆみをはじめ鼻水などつらいですよね。寝坊して天気予報を見損ねた日に限って花粉が飛ぶ日で、つい薬を忘れることもあります。

そんな日はアイメイクが崩れてしまう!でも、目がかゆい!と心の中で格闘しているうちに涙が・・・結局トイレの鏡の前でメイクが崩れないように細心の注意を払って目の際をかいてしまいます。目によくないとわかっていても、ついついやってしまいます。できることなら、事前にしっかり対策をとって少しでも快適に花粉の飛ぶ時期を過ごしたいこところですよね。

今回は花粉症の中でもに関する症状に焦点をあて、のかゆみ充血具体的な対策方法から、花粉が飛ぶ時期のコンタクトレンズの使用について紹介していきたいと思います。

花粉症の目のかゆみ いい対策はある?

女性Aさん
花粉症の目のかゆみにいい対策はありますか?

女性Bさん
花粉症の症状にはいろいろありますが、その中でも今回は目に関する症状に焦点を当ててご紹介していきましょう。

花粉が目につくことによってアレルギー反応が起き、次の症状が引き起こされます。

  • 目のかゆみ
  • 充血
  • 涙が出る
  • 目やに
  • 目の異物感
  • 目の痛み
  • まぶたの腫れ

 

この中でも特に多いのが「目のかゆみ」「充血」です。特に目のかゆみについては、花粉症の9割以上もの人に出る症状です。花粉症のほとんどの人が目のかゆみに悩まされていることになります。目の症状は鼻の症状とは違いマスクで隠すことも難しく、会話をするときに人によく見られるところです。対策でなんとかしたいですよね。まずは目のかゆみ対策についてみていきましょう。

目のかゆみ対策
  • 洗眼
  • 眼鏡
  • 目薬
  • 目を冷やす
  • 前髪が目にかからないようにする

 

洗眼

目についた花粉を取り除くために、目を洗うことは効果的です。まずは顔を先に洗って皮膚についた花粉を落としてから、人口涙液にて目を洗うようにしましょう。ただし、洗眼液水道水で目を洗うことは避けましょう。それは、目の表面を覆っている涙と異なる成分で洗ってしまうと、目の細胞を傷つけてしまう場合があるからです。

女性Bさん
人口涙液の中でも防腐剤入りのタイプがありますが、安全面から考慮すると防腐剤なしの方をおすすめします。

ただし、目の洗いすぎには注意が必要です。目の表面を覆っている涙を頻繁に取り除いてしまうこと潤いがなくなり、ドライアイの原因にもなります。必ず指定された回数を守ことが大切です。

眼鏡

花粉症専用の眼鏡を使用することで、目につく花粉をかなり減らすことができます。花粉症専用の眼鏡は、顔のラインに沿って保護する形になっており、隙間からの花粉の侵入を防いでくれます。最近はおしゃれなデザインや度入りタイプ、子供用の眼鏡も売られていますので、好みの眼鏡を選ぶ楽しさもありますね。

マスクと眼鏡_花粉症

女性Aさん
花粉症専用の眼鏡も様々なタイプがあるんですね。

また、どうしても花粉症用の眼鏡の用意がない場合は通常の眼鏡でも代用可能です。直接目に花粉が飛び込む数が減るので、花粉症用眼鏡よりは効果は薄いですが、何もかけないよりはいいでしょう。

目薬

目薬に含まれる保存料がかゆみを誘発する場合があります。できるだけ保存料が入っていない使いきりタイプの目薬を使用しましょう。また、目薬を冷蔵庫で冷やしておくと効果的です。点眼後はしばらく目を閉じて目頭を軽く押さえると、薬が目から流れ出ることを防げます。

女性Bさん
ドラッグストアでは様々な種類の目薬が置いてあるので、迷う場合は薬剤師に聞いて選ぶといいでしょう。しかし、鼻水など他にも症状がある場合は内服薬と併用することになるので、医療機関で処方してもらうことをおすすめします。

目を冷やす

かゆみがひどいときは冷やしたタオルで目を覆うと目の感覚を鈍らせ、かゆみが軽減されます。冷やしたタオルのほかに氷や保冷剤の代用も可能です。

前髪が目にかからないようにする

前髪についた花粉が目に落ちてしまわないように、少し短めにしたり横に流すなどして、できるだけ前髪を目から離すうにしましょう。

女性の目

また、静電気で花粉を引き寄せないように、髪の毛にスプレーを使用することもおすすめです。さらに髪の毛は濡れたままだと、花粉が付きやすいので必ず乾かしてから外に出ることも大切です。

女性Aさん
大変参考になりました。ところで、目のかゆみが収まったところで目が充血していては、人と会うのがちょっと恥ずかしいです。充血を治す方法はありますか?

女性Bさん
そうですね。初対面の人と会う約束があったり、写真を撮る日などは何としてでも、充血を解消したいところですね。次は充血を治す方法をご紹介していきましょう。

Sponsored Link

充血を治す方法は?

花粉症の目の症状のうち「かゆみ」と同じくらい多いのが「充血」です。充血の症状が悪化すると「アレルギー性結膜炎」になり、周りの人に感染してしまう場合もあります。そのため、早めに充血は治すようにしましょう。

充血を治す方法としては花粉を目から落とすことが重要であり、先ほどご紹介した目のかゆみと同様の対策を行うと効果があります。そのほか、目の充血には目薬

  • 「ロート アルガード クリアブロック」
  • 「ロ-トアルガードクールEX」

がおすすめです。パッケージには「目のかゆみ」対策として大きな文字で印刷されていますが、充血を治したい場合もよく効くと人気があります。

女性Aさん
ここまで目のかゆみ、充血対策の中で眼鏡についてお話がありましたが、花粉が飛ぶ時期にコンタクトレンズは使用しないほうがいいのでしょうか?

女性Bさん
それでは次にコンタクトレンズはしない方がいいのか、みていきましょう。

関連記事)

コンタクトレンズはしない方がいい?

花粉が飛ぶ時期はコンタクトレンズの使用は避け眼鏡を使用しましょう。

 

コンタクトレンズに花粉が付いて、今まで花粉症ではなかった人も急に引き起こす場合があります。また、コンタクトレンズを使用していると涙による洗浄作用が落ちてしまい、花粉が目の中で溜まりやすくなったり、結膜炎を悪化させることがあります。

そのため、花粉が飛ぶ時期は花粉症の有無を問わず、コンタクトレンズの使用は避け、眼鏡を使用しましょう。仕事などで、どうしても必要な場合は使い捨て一日タイプのソフトコンタクトレンズを使用したり、だて眼鏡を併用すると花粉の付着を防ぐことができます。

女性Aさん
花粉症ではなくても、花粉が飛ぶ時期はコンタクトレンズの使用を避けたほうがいいのですね。

関連記事) 秋の花粉症の原因は?どんな症状?

コンタクトレンズ

最後に

女性Bさん
今回のまとめ!

  • 目のかゆみ対策には「人口涙液による洗眼」「花粉症専用の眼鏡」「使いきりタイプの目薬」が効果的
  • 目のかゆみがひどい場合は目を冷やす
  • 充血におすすめの目薬は「ロ-トアルガードクールEX」
  • 花粉が飛ぶ時期はコンタクトレンズの使用は避ける

花粉症は一度発症するとなかなか治りません。そのため、毎年花粉が飛ぶ時期が近くなるだけで憂鬱になりますよね。友達はスギとブタクサにアレルギー反応を起こし15(スギ)810(ブタクサ)と一年のうち合わせて8ヶ月間も花粉症と闘っています

あまりにもつらいため、レーザー治療なども検討したことがあるようですが、その効果は人それぞれ。仮に効いたとしても鼻水には効果がありますが、目のかゆみなどには効果はないということで躊躇しているとのことです。レーザー治療などの手術はよく検討のうえ、最も自分に合った対策を見つけていきたいですね。

女性Bさん
今回紹介した対策を含めて事前に準備することで、少しでも花粉の時期のストレスを減らして過ごしていきましょう。

女性Aさん
ありがとうございました!

Sponsored Link

関連記事はこちら!