暖かな春が来るのは待ち遠しいですね。花粉症に悩まされてる人にとってはとっても恐ろしい季節ではないでしょうか。

私もスギ・ヒノキの花粉に長年悩まされております。くしゃみは止まらず鼻水ジュルジュル、目は痒くて腫れてくるため、毎年早目の対策が必要になってきます。

2016年春の花粉症。いつからいつまで悩まされることになりそうなのか?早目の対策をするためにも時期を知っておきたいですよね。

花粉症の中でも患者が多いといわれるスギ・ヒノキ、例年に比べてどれくらいなのか?といった情報をお届けしたいと思います。

Sponsored Link

2016年花粉症の時期、例年より早いって本当?

woman (39)

女性Aさん
2016年の花粉症の時期が例年より早くなるのは本当ですか?
  • 北日本:平年並み
  • 西日本、東日本:早まる
女性Bさん
それには1月2月の気温が関係してきます。西日本と東日本では平年より高く、北日本ではほぼ平年並みの見込みで、この1月2月の気温が平年より高いと、スギ花粉の飛散開始時期は早まる傾向があり、このことから2016年スギ花粉の飛散開始は、北日本では例年並み、西日本、東日本では例年より早いところが多いでしょう。

 

関連記事)花粉症にヨーグルトが効く!!おすすめヨーグルトは?

2016年のスギ・ヒノキ花粉はいつからいつまで?

女性Aさん
2016年のスギ・ヒノキ花粉はいつからいつまでになりますか?
女性Bさん
以下を参考にされて下さいね。

 

スギ花粉のピーク時期

  • 九州、四国地方:2月上旬~3月下旬
  • 関東地方:2月上旬~4月下旬
  • 関西地方:2月中旬~4月上旬
  • 東北地方:2月下旬~4月上旬

ヒノキ花粉のピーク時期

  • 九州、四国地方:3月中旬~4月上旬
  • 関東地方:3月中旬~4月下旬
  • 関西地方:3月下旬~4月中旬
  • 東北地方:4月上旬~4月下旬

Cedar

以上はあくまでもピーク時期であって、花粉はもっと早い時期から少しずつ到来するため1月位からの花粉症対策が必要となりそうですね。終わる時期も同様にピタっと終わるわけではないため、特に関東地方は飛来した花粉が長くとどまり、6月位まで注意が必要だそうです。

女性Bさん
関東地方は注意が必要です。

関東地方は他の地域に比べると、花粉飛来時期が長いといわれています。それは何故?一説によると、気流が関係あるようです。一見山の少なそうな関東ですが、上空の空気はが西から東へ、関東の西にある山梨や長野といった山の多い地方からたくさんの花粉が気流にのって流れ、関東地方に長くとどまり、他の地域より花粉のシーズンが長くなるようです。

2016年の飛散量は例年より多い?少ない?

Sky 5

女性Aさん
2016年の飛散量は例年に比べるとどうなりますか?
  • 東北地方:多め
  • 関東地方:平年並み
  • 関西地方:少な目
  • 九州四国地方:少な目

 

女性Bさん
先日、2016年、スギ花粉、ヒノキ花粉の飛散量について昨年比の情報が発表されました。2016年春の花粉飛散量は、前シーズンと同等、または多少上回る地域が多いとのことです。

2015年の夏、北、東日本では、気温は高く、降水量と日照時間はほぼ平年並みでした。西日本は、低温、日照不足、多雨でした。

このため例年と比べると、花粉をもたらす花芽が多く形成される気象条件がそろった東北地方ではやや多く、それ以外の地域では例年より少なく、特に九州四国地方では非常に少なく、例年の半分以下になるようです。

毎年花粉症に悩まされる私も、1月初旬には病院に行き、薬を処方してもらうなど、少しでも花粉症を軽くする対策をしております。ひどくなる前にする対策がとても大事になってきます。

関連記事)動脈硬化を予防する!米油のすごい効能とは?

まとめ

女性Bさん
今回のポイントのまとめ!

 

  • 花粉の時期は西日本や東日本は早まり、北日本は平年並み
  • 花粉の飛散量は東北は多め、関東は平年並み、それ以外の地域は少な目
  • 関東地方は花粉の時期が長い

 

いかがでしたでしょうか?最近では日本人の4人に1人が花粉症と言われ、今までなかったのに突然花粉症になった!という方もいると思います。

花粉症は時期が来てからの対策では遅いのです。時期を知り、早目早目の対策を心掛けてください。

 

女性Aさん
花粉症の対策を事前にするためにも、来年の花粉時期を知りたかったので、今回の情報が大変役に立ちました。毎年憂鬱になる花粉の時期、来年こそはしっかりと対策をして、少しでも快適に過ごせたらと思っています。

Sponsored Link

関連記事はこちら!