一人暮らしの皆さん、月々皆どれくらい電気代がかかってるのか気になりませんか?

実家にいる時は親に任せきりで電気代を気にしたこともなかったと思います。ですが、一人暮らしをはじめ、節約できるものは節約したい!まずは平均を知ることから始めましょう。

そして、節約方法も学び少しでも家計の負担を減らせるようにしていきましょう。

私自身、実家にいた頃は電気代を気にしたこともありませんでした。一人暮らしではそれが自分の給料(貯金)からひかれることになり、この金額は妥当なのか?と慌てて周りの友達にどれくらいかかってるのか聞いてみたりしたものです。

みな意外と知っててやってる節約法知らなきゃ損する情報をお届けしますので、是非参考にされて下さいね。

Sponsored Link

一人暮らしの電気代 平均はいくら?

Light-bulb

女性Aさん
一人暮らしの電気代の平均はいくらぐらいですか?
女性Bさん
独り暮らしの平均といっても、生活スタイルや家電のスペックによっても変わってくるので、皆が皆このくらいとはいえませんが・・・家にいる時間も長い学生の場合、平日は朝と夜しか家にいない社会人の場合と分けて以下にご紹介しますね。

 

学生の場合

  • 春.秋:3000円~4000円
  • 夏.冬:7000円~8000円

 

週に三日以上休みがあり、休みは家で過ごすことが多いと仮定します。そうなると、一般的な平均額よりは少し高くなりますが、冷暖房を使わない春.秋は平均3000円~4000円、また冷暖房を使う夏.冬は7000円~8000円。これくらいが平均金額になります。

社会人の場合

  • 春.秋:2000円~3000円
  • 夏.冬:4000円~5000円

 

社会人の場合は大抵平日は朝と夜しか家にいない、また土日だって仕事の人もいるかもしれません。なので学生に比べ家にいる時間が少ない分電気代も少なめになり、冷暖房を使うか使わないかで、ここまで差が出るということもあるようです。

平均で満足しちゃだめ!

「大丈夫、意外と節約知らず知らずのうちにできてるんじゃない?うちは平均額と同じだ」と思った方もいらっしゃると思いますが・・・ここで満足してはいけません。まだまだ節約方法によっては電気代をもっと減らせる場合だってあるんです。

「エアコンは使わない時期はコンセントを抜き、テレビ、DVDプレーヤー、電子レンジ、炊飯器、充電器などは使う時にだけコンセントを入れ、電源を入れるという方法にしたら、これだけで500円ほど月の電気代が下がった」という人も!これなら簡単に今からでも出来そうですよね。

関連記事)冬のガス代を節約しよう!

電気代 どうやって節約する?

女性Aさん
電気代はどうやって節約することができますか?
  1. 契約プランを見直す
  2. 支払方法を見直す
  3. 家電の買い替え
  4. 家電の使い方を見直そう
女性Bさん
電気代の契約プラン変更は電力会社に電話をすれば可能です。生活スタイルに合わせ、上手に電気料金プランを選べば節約になるかもしれません。また、同時に電気代の支払い方法も見直しましょう。現金でコンビニ払いをするより、クレジットカード払いや口座振替がポイントがついたり、割引があったりするためお得です。

 

10年、15年前にはまだ少なかった省エネ機能、最近の家電ではこの省エネ機能がついたものが多く、例えば15年前のエアコンと、最近のエアコンでは電気代が年間15000円以上の節約になることもあるんです。同様に冷蔵庫やテレビ、炊飯器など様々な家電が最近では省エネ対策されてますので、一度見直してみるのも年間を通すと節約になるんです。

日々の生活の家電の使い方も重要です。こまめにコンセントを抜き、使う時にコンセントを入れる、これだけでも電気代が違ってくるんです。簡単にコンセントのスイッチをON、OFFできる省エネタップが便利です。

基本的な電気代節約方法

  • クーラー:こまめなオンオフは逆にNG、クーラーフィルターはこまめに掃除、自動運転に、冷房時は28度設定、扇風機との併用を。
  • テレビ:見ない時は電源を消す習慣を。
  • 冷蔵庫:設定温度を調整、食品の詰めすぎは控える、扉の開閉時間と回数を減らす。
  • トイレ:ウォシュレットは季節ごとに便座暖房の設定温度を見直そう、暖房便座の場合は蓋をしめましょう。
  • パソコン:一時的に利用しない時間が90分以内であればスリープ状態に。
  • 電気毛布:電気代がひと月35円ほどと安くてお得。寝る前は暖房器具を消し、電気毛布を活用
  • 窓:断熱対策をしましょう。カーテンやブラインドを閉めるだけで窓との間に空気の層ができ、熱を外に逃がしません。また、最近では断熱ボードやシート、フィルターなどが売られています。そういったものを活用しましょう。

契約アンペア変更でラクラク節約!

契約アンペアとは、一度に使える電力の限界値のことで、これを超えるとブレーカーが落ちます。
お風呂上りにテレビや暖房をつけっぱなしにし、ドライヤーを使ったところブレーカーが落ちた!という経験はないでしょうか?それがコレです。

自宅の契約アンペアを知りたい場合は、ブレーカーの左端にある「アンペアブレーカー」を見てください。ここにある数字が契約アンペアです。基本的に契約アンペアが大きいほど電気代の基本料金が高くなるんです。電力会社によっても違いはありますが、だいたいの平均は以下の通りです。

  • 10A:300円
  • 15A:400円
  • 20A:600円
  • 30A:800円
  • 40A:1200円
  • 50A:1400円
  • 60A:1600円
女性Bさん
以上の通り、1000円以上差が出るんです。
電気料金の見直しなどで変更される場合がありますので、詳細は電力会社のHPなどをご覧ください!

 

  • 冷蔵庫:2.5A
  • エアコン:6.5A
  • 照明:2A
  • 電子レンジ:15A
  • テレビ:5A

 

冷蔵庫は普段から電源を抜くことはないと思いますが、一人暮らしなら20Aで十分ということになりますよね。冷蔵庫以外の電源は使う時にだけONにすればブレーカーが落ちる心配もないでしょう。

電子レンジはこんなに消費するんですね。電子レンジ調理法というのもよく聞くので節約になると思っていたら・・・電子レンジで温め、取り忘れ、また加熱ということもよくやってしまったり、来客時人数分ちょこちょこマグカップに入れたお湯を温めてコーヒーや紅茶を作ったりしてましたが、これは結果的に電子レンジじゃなくポットやガスを使った方が安くなるという、使い方が大事なんですね。

関連記事)セスキ炭酸ソーダで掃除!洗濯キッチン床!どんどん汚れが落ちる!

 

Electricity (2)

まとめ

Electricity

女性Bさん
今回のポイントのまとめ!
  • 自分の電気代、契約内容を確認
  • 契約プラン、支払方法の見直し
  • 家電の使い方を見直そう

 

我が家もさしっぱなしになってるコンセントが数多くあります。これはすぐにでも抜き、使う時だけ入れる!すぐに実践しようと思います。

いかがでしたでしょうか?意外とすぐにでも始められる節約方法も多かったんじゃないでしょうか?特に、契約内容を見直すだけで電気量は変えず電気代が節約できる方法は試してみる価値があると思います。すぐに実行してみましょう。あいと

 

女性Aさん
電気代が毎月高くてどうにかしたいと思っていたので、まずは契約内容をを見直し、後は小まめにコンセントを抜くことから始めようと思います、役立つ情報を有難うございました。

 

Sponsored Link

関連記事はこちら!