あなたは、人生の節目として厄払いに行きますか?
行くか行かないについては、個人の信仰や信念に基づくものですが、私自身、迷いました。

でももし行かなくて何かあったら・・・と思ったので、結局行きました。あなたも、行くか行かないかもし迷ったら、私は行っておくことをお勧めします。

行くとなると、気になるのが服装。まさか、普段着ってわけにはいかないよね。どの程度正装すればいいの?

神様・仏様に嫌われないための、厄払いでの女性と男性の服装マナーについて紹介していきますね。

Sponsored Link

厄払い、女性の場合はどんな服装で行けばいい?

Woman (3)

女性Aさん
厄払いに女性はどんな服装で行けばいいでしょうか?
  • 服装…濃紺の黒のスーツやワンピース、または着物(振袖、留袖、訪問着)
  • …なるべくフォーマルなローヒールで。

 

女性Bさん
基本的には、決まった服装というのはありません。ただし、仮にも神社・仏閣へお祓いに行くのですから、普段着はNG。神様や仏様に対して失礼のない、きちんとした服装で赴くのがマナーでしょう。

 

女性であれば、濃紺か黒のスーツやワンピースが好ましいです。露出の少ない華美でないものを選びます。スカート丈も短すぎないものを選びます。パンツスタイルもOK。

ストッキングは黒か肌色のものを。柄がついているものはNGです。
女性の服装のもう一つの選択肢として、着物もあります。振袖、留袖、訪問着などが好ましいです。

靴はなるべくフォーマルなローヒールで。
色はスーツに合わせて、黒、紺、または茶色のものを選びましょう。ストラップのついたものや、つま先の出るもの、高いヒールの靴はNGです。

アクセサリーを付ける場合は、シンプルで華美でないものをつけましょう。

神社・仏閣のなかでは、正装で、という指定のあるところもあるようです。事前に確認するようにしましょう。

ちなみに私の場合、シンプルな濃紺のワンピースに濃紺のコートを羽織って行きました。アクセサリーは特につけませんでした。

関連記事)厄払いの料金、相場は?のし袋はどうする?

厄払い、男性の場合はどんな服装で行けばいい?

女性Aさん
厄払いに男性はどんな服装で行けばいいでしょうか?

 

  • 服装…濃紺か黒のスーツに黒か白のネクタイ、あるいは着物
  • …革靴

 

女性Bさん
男性の場合は、濃紺か黒のスーツに黒か白のネクタイ、あるいは着物で行きましょう。
ワイシャツの色は白、靴下の色は濃紺か黒にします。靴はスーツに合わせて黒か紺か茶色の革靴で。

Man (16)

暑い場合でも、ジャケットは着用したままで。脱いでしまうと、神様・仏様に失礼になります。

女性同様、正装指定がないかどうか、確認しておきましょう。

うちの主人は、普段スーツを着る職場ではないため、手持ちのフォーマルスーツで行きました。そのような格好の男性も多かったですよ。

Sponsored Link

帽子やコートはどうする?

女性Aさん
帽子やコートはどうすればよいでしょうか?
女性Bさん
帽子やコート、マフラー、手袋は、通常取るのが礼儀となっています。
祈祷を受ける際にまず待合所に通されるので、そこで脱いでおきます。祈祷が終わって外に出るまでそのままでいましょう。

 

厄払いの時期は寒いです。ご祈祷を受ける本殿も寒くなっていることが予想されますので、貼るカイロやあったか肌着など、しっかり防寒対策をしていきたいですね。

そもそも厄年って何歳?厄払いはいつまでに行けばいい?

a0027_002684

 

女性Aさん
女性の厄年はどうなりますか?
女性Bさん
女性の厄年は、人生で4回訪れます。本厄の前の年が前厄、次の年が後厄と考えられているので、人生で12年、厄年があることになります。厄年の数え方は、数え年です。

 

前厄 本厄 後厄
1回目 18歳 19歳 20歳
2回目 32歳 33歳 34歳
3回目 36歳 37歳 38歳
4回目 60歳 61歳 62歳

 

特に33歳の厄は大厄と呼ばれていて、最もよくないことが起こりやすい年とされています。また、4度目の厄は、地域差・宗教差などがあるようで、男性のみとされているところもあります。

女性Aさん
男性の厄年はどうなりますか?
女性Bさん
男性の厄年は人生で3回訪れます。前厄、後厄と合わせて合計9年は警戒すべき年とされています。

 

前厄 本厄 後厄
1回目 24歳 25歳 26歳
2回目 41歳 42歳 43歳
3回目 60歳 61歳 62歳

 

特に42歳の厄は大厄と呼ばれていて、最もよくないことが起こりやすい年とされています。

女性Aさん
厄払いはいつまでに行けばいいのでしょうか?
女性Bさん
厄払いはいつまでに行けばいいのか、明確な答えはないのです。というのも、厄年に関する風習が地域や神社・仏閣で違っているからです。まず、1年の始まりをいつにするかによって考えが違います。

 

  • 元旦から大晦日までの1年間(1月1日~12月31日)
  • 立春から節分までの1年間(2月4日~2月3日)

 

この解釈により、一般的に言われているのが、次の3つの時期です。

  1. 新年早々に行う。
  2. 節分の時期に合わせて行う。
  3. 年始から節分までに行う。

ですが、どうしてもこの時期までに厄払いをしなくてはいけないという決まりごとはなく、神社・仏閣によっても違いますが、基本的には1年中いつでも厄払いの祈祷を受け付けてくれます。
なので、「あっ、今年は厄年だ」と気付いた時に行って構わないのです。そう考えると気が楽ですね。

関連記事)お歳暮のお礼状はどうする?時期は?

最後に

女性Bさん
この記事では、次のことについてお話ししてきました。

 

  • 厄払い、女性の場合は、濃紺か黒のスーツかワンピース、または着物で。
  • 厄払い、男性の場合は、濃紺か黒のスーツと黒か白のネクタイ、または着物で。
  • 帽子やコート、マフラー手袋は、待合所で脱ぎ外に出てから着る。
  • 女性の本厄は、19歳、33歳、37歳、61歳。
  • 男性の本厄は、25歳、42歳、61歳。
  • 厄払いはいつ行ってもよい。初詣と一緒に行ってもOK。

 

いつ行ってもいいと言っても、年末も押し迫ったときに厄払いに行っても、あまり意味がないような気がしますね。
なのでうちの場合は、新年の初詣のときに一緒にお祓いもしてもらいました。
そうすれば、わざわざ厄払いのためだけに出向く必要もないですし、私としては新年早々に行うのがお勧めですね。

どうでしたか?
厄払いに行く時の服装に関する疑問、少しは解消されましたか?あなたも、神様・仏様に失礼のない服装で、気持ちよく厄払いに行ってきてくださいね。

女性Aさん
厄払いの事は気になっていたのですが、服装に関してなど疑問も多く行く事を躊躇していました。今回、服装のポイントや訪れる時期も分かりましたので、私も新年にお祓いに行こうと思います。役立つ情報を有難うございました。

Sponsored Link

関連記事はこちら

買い忘れはありませんか?