厄年になると気になりますよね、「厄払い」。

絶対にしなくてはならないってことはないし、かといって悪いことがあると「あのとき厄払いしなかったからだ!!」って後悔してもイヤですし。かといって厄払いしたから悪いことがないという保証はないし...。

厄払いしてもらうとなると、料金っていくら包めばいいの?のし袋には何て書けばいいの?前厄、本厄、後厄ってあるけど、毎年お祓いしてもらうと結構な金額になりそう(゚Д゚;)
ってそもそも前厄、本厄、後厄って毎年しなくちゃいけないもの??

自分が厄年になって初めて真剣に考える「厄払い」。知らないことだらけなことに気づきます。ここでは厄払いの料金について説明していきます。

Sponsored Link

厄払いの料金を入れるのし袋は?書き方は?

女性Aさん
厄払いの料金って、どうやって支払うの?
女性Bさん
紅白の蝶結びの水引きののし袋に入れるのが一般的です

”のし”はあってもなくても大丈夫です。表書きは神社なら「御初穂料」「初穂料」「お玉串料」「玉串料」と書きます。お寺なら「御布施」です。「御礼」はどちらでも使えます。下には御祈祷を受ける人の氏名を書きます。

CIMG0697B

のし袋に中袋がある場合は、中袋の表に「金○○○円」と書きます。漢数字は難しい字を使わなくても大丈夫です。また「也」もつけてもつけなくても大丈夫です。裏面には左側に住所と氏名を書きます。

中袋

中袋のないのし袋は、裏面左側に金額と住所、氏名を書きます。

CIMG0701A

一般的にはのし袋に入れますが、白封筒でも大丈夫です。また大きな神社などでは受付で祈祷の申し込み用紙があり、そこに住所や氏名を書き、直接現金で祈祷料を支払うので、のし袋も封筒も必要ない場合もあります。

厄払いの料金の相場ってどれくらい?

女性Aさん
厄払いの料金っていくらなの?
女性Bさん
一般的には3千円~7千円といわれています。

最近では神社やお寺もホームページをもっていて、”厄除け 祈祷料 ○○円”と記載されているので、行こうと思う神社やお寺のホームページを探してみると良いでしょう。
ホームページがない、または「お気持ちで結構です」と明確な金額がわからない場合は、5千円を包めば失礼がないでしょう。

うちの旦那さんが厄払いをしてもらった近くの神社では、ホームページに記載されていたので悩まずにすみました。ちなみに金額は7千円でした。
そこの神社では受付時間によりますが、大体1,2人で御祈祷してくれました。そして祈祷後にいただいたものは、お守り、お札、瓦せんべいのようなお菓子1箱でした。

あらかじめ祈祷後にいただけるものや、一回の祈祷の人数(個別、少人数、大勢)が判っていれば、料金の参考になりますね。

Sponsored Link

厄払いの料金はどこで支払うの?

まず神社やお寺の社務所、または祈祷の受付に行きます。そこで申し込み用紙に住所、氏名、祈祷料などの必要事項を記入します。その用紙を受付の方に渡す際、一緒にのし袋を手渡します。

先にも書きましたが、このような形式で受付をするところが多いので、のし袋ではなくお財布から直接現金を支払うこともありますが、失礼にはなりません。

私も子供の百日参りの時はそのような受付形式だったので、御初穂料はのし袋で用意せず、お財布から直接現金で支払いました。
事前にのし袋に入れていたのならば、それを渡しても大丈夫ですが、神社側も現金受け渡しの方が、スムーズで良いのかもしれません。

a0016_000040

前厄・本厄、後厄で料金は変わるの?厄払いは本厄だけでもいいの?

前厄、本厄、後厄は関係なく、御祈祷の料金なので、金額は変わりません。
また、本厄の時だけ厄払いをされる方が多いのですが、厄が気になるなら、前厄、本厄、後厄と3回しても良いですし、気にならないのならしなくても良いのです。私もしていません。

「親族の不幸が続く」「体調が悪い」「最近身の回りで悪いことばかり起こる」など今の状態を払拭したいときなどは、厄年に関係なく神社やお寺で厄払いの御祈祷をしてくれます。

a0027_002684

最後に

厄払いの料金のまとめ
料金の相場

  • 一般的には3千円~7千円といわれているので、明確な料金がわからないときは5千円を包むと失礼にはならい。
    但し、最近では神社やお寺のホームページに記載されていることが多いので、調べてみること。

のし袋の書き方

  • 紅白の蝶結びの水引がついたのし袋に「御初穂料」(お寺なら「御布施」)と書き、下に御祈祷を受ける人の氏名を書く。
    裏面には左側に金額、住所、氏名を書く。
    中袋がある場合は、中袋の表面は中央に金額を書き、裏面は左側に住所、氏名を書く。

そもそも厄年とは、その年齢の頃に体力が衰えたり、社会的や家庭的に環境が変わりやすい時期であったりすることが多いため、厄払いをするといわれています。
なので「厄年だから厄払い」と決め込まず、自身の気持ちの状態に合わせて厄払いをするのも良いかもしれません。

by hani-

Sponsored Link

関連記事はこちら!