寒い冬に生姜を取り入れることで、身体が温まるという作用があるのは知っていても、どのようにして生姜を摂取してよいかわからなかったりしますよね。

そこで登場するのが、ジンジャーシロップです。
ジンジャーシロップを作って保存しておくと、色んな飲み物や食べ物に応用できるので、大変便利です。そんなジンジャーシロップを自分で簡単にご家庭で作ることができるので、是非トライしてみてください!

Sponsored Link

美味しいジンジャーシロップの作り方は?

女性Aさん
ジンジャーシロップ、どんな材料が必要なのかしら?
女性Bさん
一般的なスーパーで手に入る商品がほとんどなので、作りやすいですよ!

材料

  • 生姜 500g
  • 砂糖 500g
  • 水 約600cc
  • レモン 1/2個
  • スパイス(シナモン1本、クローブ(ホール)2個、ベイリーフ1枚、カルダモン3個など)

作り方

  1. 生姜の皮を包丁でむきます(包丁の背の部分でこすりとるか、ピーラーを使用しても)
  2. 生姜を1mmぐらい薄くスライスします。
  3. 生姜を天板に並べ80~100°のオーブンで30~40分加熱して、乾燥させます。
  4. スパイスを細かく潰し、お茶のパックなどに入れます。(ミキサー、すり鉢やガラス瓶の底を使って細かくしましょう)
  5. 鍋に生姜と、砂糖、水、スパイスを入れて軽く混ぜます。
  6. 中火でスタートして、沸騰したら弱火にし、30~40分煮ます。
  7. 仕上げに、レモンを絞りいれます。
  8. 茶漉しやざるで漉して、冷めてから保存容器に入れます。

オーブンがない場合は、3番のやり方ではなく、鍋に生姜を入れて砂糖をまぶし、30分置いてから煮ましょう。

ポイント!

お砂糖について
上記しましたが、おすすめは、黒糖、てんさい糖、きび砂糖がまろやかな口当たりになるので、是非お砂糖にもこだわってみてください。
グラニュー糖や、上白糖は身体を冷やすとされているので、避けた方が良いですね
スパイスについて
作り慣れてきたら、自分好みのスパイスを調合しましょう!
もっとぴりりとさせたい場合は、唐辛子黒コショウの量を増やしていて調節してみてくださいね。

Sponsored Link

ジンジャーシロップの保存方法は?保存期間は?

保存容器は、ふたがあり、密封性の高い物を選びましょう。細長いビンの方が、注ぎやすいです。
そして必ず、保存容器の煮沸消毒を必ず行うことが大事です。

保存期間は冷蔵庫で約1週間です。なるべく早めに使い切りましょう
自信のない方は、初めは少なめで作り置きすると良いかもしれません。

shouga-5

ジンジャーシロップ、飲み方は?

女性Aさん
ジンジャーシロップをどうやって飲めば良いのかしら?
女性Bさん
たくさんの飲み方があるので、色々試してみてくださいね。

女性Aさん
おすすめはありますか?

女性Bさん
私のおすすめは、炭酸水で割るジンジャーエールです!市販のジンジャーエールが飲めなくなるくらい美味しいですよ。

  • お湯で割る
  • 炭酸水で割る(ジンジャーエール)
  • 紅茶に入れる(夏はアイスティーのガムシロップ代わりに)
  • ビールで割る(シャンティーカフ)
  • 焼酎で割る
  • 梅酒で割る
  • ヨーグルトにかける

shouga-1

ジンジャーシロップは料理にも使える?

  • 煮魚料理に(醤油を加えればできあがり)
  • 生姜焼きにも
  • サラダのドレッシング(オリーブオイルと塩コショウを加えて) など

生姜は香辛料としても多くの料理に使用されているので、ジンジャーシロップを利用することで、時短料理ができますよ。

shouga-3

ジンジャーシロップは冷え性にも効く?ダイエットにもいいってホント?

shouga-4

ジンジャーシロップは、生姜を材料にしているので、女性の大敵、冷え性対策にばっちりです。また血行の循環を良くすることで新陳代謝を活発にするのでダイエットに最適な食べ物と言って良いです。

ですが、ジンジャーシロップは、生姜だけでなく砂糖も多く使われているので、取り過ぎは禁物です。

 生姜の効用

  • 冷え性に
  • 血行不良
  • 肌荒れ
  • 便秘
  • ダイエット
  • 風邪予防

 

まとめ

いかがでしたか?生姜イコール冬の冷え対策というイメージがあるかと思いますが、実は一年中使える野菜なんです。
近年、冷房で夏場の冷えも問題視されていますから、毎日の生活で積極的にジンジャーシロップを利用することで美味しく、簡単に摂取できるのが嬉しいですよね。
そして自分で作ったものだと、何が入っているか材料が分かっているので、安心して飲むことができます。

漉した後の生姜は、天日干しをして砂糖をまぶすと、生姜チップスになり無駄なく使うことができますので、こちらもお試しください。

Mimosa

Sponsored Link

関連記事はこちら