滋賀県を観光するなら、是非訪れたいのが彦根城

大変有名なお城ですので、お城好きの子供と一緒に出かければ楽しいい時間が過ごせそうですが、現状ではお城に関する知識もそれ程なく、子供をガイドすることにアタフタしそうです。(笑)

そこで今回は、彦根城の魅力を探ると共に、実践的な情報も調べてご紹介したいと思います。

Sponsored Link

 

彦根城ってこんなスポット!基本情報

shiga (3)

 

女性Aさん
彦根城の歴史や特徴をなど教えてください。
案内人Bさん
国宝に指定されている彦根城は、天守をはじめ、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である玄宮園、内堀・中堀などがほぼ完全な形で残っている全国的に見ても大変保存状態のよい城跡です。

彦根城は、徳川四天王の一人に数えられている井伊直政を初代藩主とする彦根藩のお城で、直政の遺志を継いだ子の直継・直孝によって、慶長9年(1604年)に築城をはじめ20年と言う長いの歳月をかけて完成した城郭です。

その築城にあたっては、時の将軍徳川家康も奉行を派遣し、近隣諸国の大名にも援助させたようです。

江戸時代を通して井伊氏の居城となり、明治維新での取り壊しから保護され、江戸時代そのままの城郭の姿が現在に残されています。

案内人Bさん
動画もお楽しみ下さい!

 

 

基本情報

所在地:滋賀県彦根市金亀町1-1

観覧時間:8:30〜17:00 年中無休

問い合わせ先:彦根城管理事務所、TEL : 0749-22-2742

料金:

<彦根城・玄宮園>

一般     600円

小・中学生  200円

<玄宮園のみ>

一般     200円

小・中学生  100円

<彦根城博物館>

一般     500円

小・中学生  250円

<彦根城と博物館のセット券>

一般     1000円

小・中学生  350円

 

 

彦根城に駐車場はあるの?

女性Aさん
彦根城には駐車場はありますか?
案内人Bさん
3箇所の駐車場がありますので、以下を参考にされて下さい。

 

二の丸駐車場

収容台数:普通60台

営業時間:年中無休 8:00〜18:00

料金:乗用車:1日400円

 

桜場駐車場

収容台数:普通110台

営業時間:年中無休8:00〜18:00

料金:乗用車:1日400円

 

大手前駐車場

収容台数:普通25台

営業時間:年中無休 8:00〜18:00

料金:乗用車1日400円

 

Sponsored Link

彦根城へのアクセス方法は?

女性Aさん
彦根城へのアクセス方法を教えて下さい。
案内人Bさん
お車、電車でのアクセス方法はそれぞれ以下の通りとなります。

車の場合

大阪方面より  名神高速吹田ICより約102km 所要時間:約1時間

名古屋方面より 名神高速名古屋ICより約88km 所要時間:約1時間10分

*名神高速道路彦根ICから彦根城域までは、国道306号線を彦根市内方面へ約10分です。

 

電車の場合

新大阪からJR米原駅まで 新幹線で約40分

名古屋からJR米原駅まで 新幹線で約30分

<JR米原駅よりJR彦根駅までの所要時間>

JR東海道線京都方面下り乗車約5分

<JR東海道線利用、JR彦根駅までの所要時間>

京都から新快速で約46分

大阪から新快速で約80分

*JR彦根駅から彦根城域までは徒歩で約10分です。

parking (2)

 

彦根城の楽しみ方は?

Shiga (4)

女性Aさん
彦根城の楽しみ方や見所を教えて下さい。
女性Bさん
いくつかありますので、詳細を以下にご紹介しますね。参考にされて下さい。

 

彦根城

ご自分お足で実際に登ってみると、戦のための要塞だったことが良く分かると思います。

塀や櫓、枡形等の防御のための仕組みが沢山あり、お城の敷地内に侵入してきた敵兵は、鉄砲や弓矢の攻撃を受けたことがイメージ出来ます。

天守の内部には鉄砲狭間や矢狭間が多数みられ、美しいだけでなく実戦への備えも兼ね合わせた素晴らしいお城です。

なお、天守の内部は見学することができます。

また、春にはお堀を中心に約1,200本の桜が咲き誇り、城を取り巻く二重の堀の水面や、櫓の白壁に映える桜の美しさは見事ですし、夜のライトアップでは幻想的な世界を楽しめます。

 

玄宮園

お城の北東に位置する大名庭園で、近江八景を模して造られました。

当時の4代藩主直興が延宝5年(1677年)に造営したとされており、毎年9月には「虫の音を聞く会」、11月には「錦秋の玄宮園ライトアップ」が催され、大名庭園ならではの高貴な趣を味わうことが出来ます。

 

彦根城博物館

江戸時代の彦根藩の政庁であった表御殿を復元したもので、井伊家に代々伝わる美術工芸品や能や茶器の愛蔵品、古文書の展示などを見る事が出来ます。

国宝『彦根屏風』が所蔵されており、毎年春に展示され、また、春と秋にはが催されています。

 

夢京橋キャッスルロード

彦根城のお堀にかかる京橋からすぐにあり、江戸時代の城下町をイメージした町並みの美しさをお楽しみ頂けると思います。

和菓子屋、洋菓子屋、地元ならではの商品を扱うお店を覗きながらのんびり歩かれるのがおすすめです。

 

ひこにゃん

ひこにゃん!ご存知なかたも多いのではないでしょうか?

「国宝・彦根城築城400年祭」キャンペーンのキャラクターとして登場し、元祖ゆるキャラとしてゆるキャラブームの火付け役に。

彦根藩二代藩主井伊直孝を雷雨から救ったと伝えられる招き猫と「井伊の赤備え」と戦国時代に名を馳せた井伊軍団の兜を合体させて生まれたキャラクターです。

このひこにゃんは、通常は彦根城城域に毎日登場する予定となっていますので、お見逃しなく!

案内人Bさん
ひこにゃんの動画もどうぞ!

 

彦根城の口コミは?

twitter 2

 

 

 

最後に

Shiga (2)

彦根城の魅力はお伝えできたでしょうか?

お城としての機能を完璧に備えた大変魅力ある構造ですので、特に男性や男の子に人気があるのではないでしょうか?

城内を歩いているだけで何となくテンションが上がっている息子の姿が目に浮かびます。(笑)

個人的には、玄宮園ライトアップ春の桜が気になりますが、まずはお城を訪れて、子供と一緒に楽しみながら歴史のお勉強が出来ればと思っています。

 

あやより

Sponsored Link

関連記事はこちら