40代の皆様、ヘアカラーってどうしてますか?

私もついに40代突入、白髪もだいぶ増えてきました。

30代は子育てに精一杯で自分の髪色を気にする余裕もなく、イベントがなければ美容院にも行くこともなかったので伸ばしっぱなしでカラーも入れずに真っ黒でした。

でも黒髪に白髪は・・・見る人が見れば気づいちゃうんですよね。

 

40代になってから白髪が気になりはじめました。

でもまだ白髪染めをするほどでもないので、カラーでなんとかごまかせないかなと思って・・・。

わかります!

白髪染めって一度してしまうとずっとし続けなければいけないし、髪の毛の質も変わってくるって私の行きつけの美容師さんが言ってました。

えー!

じゃぁ、ぎりぎりまでカラーでごまかしたいなぁ。

かといって若かりし頃のような奇抜な色も抵抗あるし・・・

そうですよね。

では、白髪も隠せて40代におすすめのヘアカラー紹介しちゃいましょう!

 

 

おばさんには見られたくないけど、変に若作りもしたくない。

また、自分に似合う色もどうやって決めたらいいのかも気になるところ。

そんな40代のヘヤカラーについて、おすすめカラーとNGカラー、美容院だけじゃなくておすすめの市販のものも紹介したいと思います。

ヘヤカラーに悩める40代の方はぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

40代のヘアカラーのおすすめは?

40代にはおすすめしたいヘアカラーとNGカラーがあるのでどちらも説明しますね!

おすすめヘアカラー

まずは40代へのおすすめのヘアカラーは上品なブラウン系です。

元々の髪色に近い色なので誰でも挑戦しやすい色ですが、ただブラウン系と言ってもその中でたくさんの種類があります。

そこで40代におすすめなのは主に以下の色になります。
  • アッシュブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • グレージュブラウン
  • ブラウンベージュ

ヘアカラー

聞き慣れない色に戸惑われる方も多いとおもいますので、それぞれ説明していきますね。

アッシュブラウン
最近よく聞くけどアッシュって何ですか?

アッシュ系は透明感がでて若々しい印象を与えることができますし、ダークトーンのアッシュで髪にツヤが出るんですよ!

 

ブラウン系は大人の女性にピッタリと言われています。

アッシュブラウンとは、グレーがかったブラウン系のヘヤカラーです。


室内と外で見え方が違うのも、さりげないおしゃれですよね。

最近は白髪染めにもアッシュブラウンが出てきて人気のカラーです。

 

ナチュラルブラウン

本来の髪色に近い色、ナチュラルブラウンも艶感がでておすすめです。


大人可愛いって、ちょっと最近気になる言葉じゃありませんか?(笑)

ふんわりとやわらかい雰囲気がでますよ。

 

グレージュブラウン

グレーにブラウンよりのベージュを混ぜた色で、グレージュ系は世代を問わず人気です。

欲しいのは、やっぱり艶✨ 少し白髪が目立ちはじめて、グレーカラーに変更したお客様。 赤味が強く‥以前は馴染ませでレッドやオレンジ色のカラーをされていましたが‥ #グレージュブラウン に挑戦!もちろん白髪もカバーして、透明感と艶アップ! ぐん!と大人っぽくなって、とってもお似合い💕でした。 シーズンに合わせてカラーチェンジを楽しんでいただいています。 #いつもありがとう #アローブ #トリートメント #宮崎#宮崎市#宮崎市霧島#美容室#美容師#hairstudoao #あお#カット#カラー#パーマ#ヘアスタイル#エアーウェーブ#クオレ#ミルボン#タマリス#フォード#アデノバイタル#アモロス#ルベル#ヘアアレンジ#イメチェン#気分転換#癒し#感謝

hair studio aoさん(@hairstudioao_ikeda_miyoko)がシェアした投稿 –

白髪もカバーできるなんて、すごく魅力的ですよね!

 私も実はアッシュ系ですがグレージュにしたんですよ。

40代 ヘアカラー アッシュ グレージュ

毛先を巻くとさらに艶が出て、白髪も目立たなくて気に入っています。

 

ブラウンベージュ

柔らかさが出てナチュラルでフェミニンな印象になるブラウンベージュ

春にもおすすめのヘアカラーです。

品良く見える万能カラー、迷ったらまずナチュラルブラウンから試してみるのもいいですね。

 

ブラウン系といってもこんなに種類があるなんて知りませんでした。
どの色がいいか選ぶだけでも楽しくなっちゃいますよね。

NGヘアカラー

おすすめヘアカラーはわかりましたが、NGなヘアカラーも知っておきたいです。
そうですよね、失敗しないためにも以下の色は避けるようにしてみてください。
  • ゴールド
  • 黒色

つまり・・・明るすぎても暗すぎても、40代には向かないというわけです。

なぜNGなのか説明していきますね。

ゴールド

黄色く明るい色はかえって疲れて見えます。

実は40代のNGなヘアカラーは若い人に多い「すごく明るい色」なんです。

 


明るい色は若い人だから似合う色なので、20代の頃そうだったからといっていつまでも若かった頃を引きずるのはやめて、大人の魅力を出していきましょう。

 

黒色

明るい色がダメならじゃぁ黒はというと、黒色が濃すぎるのはかっこいいけどシミやクマが目立つのでより疲れて見えてしまうのです。

黒髪は若さの象徴・・・これを言われると弱いですね。

また、真っ黒のストレートヘアは婚活パーティでもNGと言われる程避けた方がいいでしょう。

残念ながら、若い子の艶のあるストレートヘアには勝てません。

スポンサーリンク

自分に似合う色はどう決めたらいい?

おすすめのヘアカラーとNGヘアカラーがわかればわかるほど、自分に似合う色がわからなくなってきました。

大丈夫ですよ。

自分に似合う色はパーソナルカラーを知ることから始まります。

 

 

ちなみに・・・

 

パーソナルカラーとは?

春夏秋冬の4タイプに分けられ、自分の肌や目の色から自分のベースとなっている色を知ることができます。

 

 

このような、パーソナルカラーのタイプによって自分に似合う色を決めることができますよ。

 

 

40代 ヘアカラー 似合う色 パーソナルカラー

パーソナルカラーのタイプ別におすすめの色を紹介します。

春タイプの人は、黄色がベースの肌色でオレンジやナチュラルブラウンがおすすめです。


赤みのあるオレンジが春タイプのやわらかい雰囲気をいっそう際立たせます。

夏タイプの人は、青色がベースでパステルカラーが似合い、ラベンダーやピンクベージュがおすすめです。


色落ちすると赤みのある色に変化するところも楽しみなラベンダーですね。

秋タイプの人は、少しダークな黄色がベースでマロンブラウンやチョコレートブラウンがおすすめです。


いわゆる栗色のマロンブラウンは、艶も出てきれいに見えますね。

冬タイプの人は、クールなブルーがベースでアッシュ系やダーク系がおすすめです。

 


40代でも決まるアッシュは透明感もあり若く見えますね。

 

パーソナルカラーは、サロンやスクールなどで勉強することができますし、美容院で教えてくれるところもあります。

また、化粧品を買う際に無料で診断してくれることもありますよ。

無料で診断するサイトなどもありますので、検索してみてくださいね。

 

40代におすすめのヘアカラーを市販のものから紹介

ところで、ヘアカラー剤の「ヘアマニキュア」と「ヘアカラー」の違いってなんですか?

説明します。

ヘアマニキュアは、 髪に色をのせるイメージで爪のマニキュア感覚で手軽に色を変えられます。

ヘアカラーは色を髪に浸透させるため、しっかりと色を出すことができるので、強く色を出すことができきるんです。

 

自分がどういうふうに色を変えたいのかによってどちらかを選ぶといいんですね!

はい、そうですね。

髪質にもよるので、よく考えてみてくださいね。

でも毎回美容院に行くのも大変だし、市販のヘアカラー剤で何かいいのがありませんか?
では市販のヘアカラー剤でおすすめを紹介しますね。

発色が良くて傷みにくいので、はじめて使う人にもおすすめです。

しっかり泡立てをしてから染めるとうまく染まりますよ。

 

40代になると髪の毛のつやもなくなってきますが、同梱のトリートメントでしっとりつやつやになって若返ること間違いなしです!

 

白髪染めではないけど、しっかり色が染まります。

17種類カラーバリエーションの中からお気に入りの色を見つけてくださいね。

 

他にも40代女性におすすめの記事がたくさんありますので参考にしてください!

 

まとめ

40代におすすめのヘアカラーとNGヘアカラーを紹介しましたがいかがでしたか?

おすすめヘアカラーは

  • アッシュブラウン
  • ナチュラルブラウン
  • グレージュブラウン
  • ブラウンベージュ

でした。

大人の女性にはブラウンがとてもよく似合うということでしたね。

そしてNGヘアカラーは

  • ゴールド
  • 黒色

です。

どちらにしても、極端な色は避けたほうがいいですね。

自分に似合う色はパーソナルカラーで判断するといいということもお伝えしました。

私は春タイプですが、昔から春タイプに合うと言われるオレンジが大好きなので、春タイプにはオレンジやブラウンが似合うというのは納得できます。

 

40代だからおばさんだなんて言われないように、自分に似合う色を見つけて「大人の女性」としていつまでも輝いていたいですね。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!