にんにくは、料理の味を引き立てる隠し味として・食欲をそそる調味料として・疲労回復のためのスタミナとして、いろいろな効果をもつ万能な野菜ですよね。

私は、料理が好きでにんにくを使う機会も多いです。

だけど、1回で使い切るには量が多い・・・

保存方法がわからず困ったり、長持ちさせたいと思ったり・・・

にんにくの保存は、どんなふうにするといいのでしょうか?
保存方法や長持ちさせるコツについてお話しますね。

 

今回は、

  • にんにくは冷蔵庫で保存できるの?
  • にんにくを日持ちさせるために
  • 食べてはだめなにんにくとは?
  • 保存したにんにくの臭い対策に

この4つについて、詳しく説明します。

スポンサーリンク

にんにくは冷蔵庫で保存できる?方法は?

冷蔵保存が適しています!

にんにくは、湿度が高くて暖かい場所に置いておくと発芽します。

発芽により栄養分が芽に吸い取られ、にんにく本来の栄養分が低くなるからです。

 

にんにくを冷蔵保存するイラスト

 

収穫してすぐのにんにくは、風通しがよく涼しい・冷暗の場所に吊るして干しておく保存法もあります。

しかし、

私たちが通常、スーパーなどで購入するにんにくは乾燥させてあるものが大半です。

これらのにんにくは、冷蔵庫に保存する方法をとります。

まるごと1個の場合

新聞紙に包み、ポリ袋に入れて保存。

使いかけの場合

薄皮を取り除き、一粒一粒ラップで包みポリ袋に入れて保存。

すぐに使い切る場合は、常温保存OK!
『にんにくポット』という素焼きの容器で、通気性がよく保存に適しているものも売っていますよ。

冷蔵庫で保存したにんにくを日もちさせるには?賞味期限はどれくらい?

丸ごと1個のにんにくを新聞紙で包みポリ袋にいれて、冷蔵保存した場合の賞味期限は1ヶ月程度です。

使いかけにんにくの冷蔵保存は、賞味期限2週間程度とされています。

 

冷凍保存という方法もありますよ。

1粒ずつにわけ、薄皮をむいてラップに包んで保存します。

冷蔵の場合と同じですね。

 

解凍せずにそのままスライスしたり・すりおろして使うことができます。

 

 

にんにくを選ぶポイント
  • 丸みを帯びているもの
  • 頭の部分がしまっているもの
  • 中の粒が大きいもの
  • ずっしりと重さがあるもの
  • 白いもの

 

これらは水分を含んでいて、新鮮で美味しいにんにくです!

新鮮なにんにくを選ぶことで、日もちさせることにもつながりますね。

 

 

ほかにも、調味料として保存することで日もちにつながります。

たとえば、

  • にんにくのオリーブ漬け
  • にんにく醤油
  • にんにくの味噌漬け

手軽に作れて、2ヶ月程度は保存することができますよ。

大葉や青唐辛子をプラスしたり、自分好みに作れるのもいいですね♪

こうなったら食べるのNG!

食べたらダメなにんにくってありますか?
  • 芯がなくふにゃっとしている
  • 悪臭がする
  • 糸を引いたようにねばーっとしている
  • カビが生えているもの
  • 黄色に変色しているもの

これらのにんにくは食べないこと!

 

にんにくの手触りは『硬い』というイメージではないですか?

腐っているかどうかの見分け方としては、芯がなくふにゃっとしている・悪臭がするなどが挙げられます。

ほかには、糸を引いたようにねばーっとしているなど自分の視覚や触覚・嗅覚を頼りにしてみてください。

 

にんにくの皮の部分に、カビが生えているものもNGです。

黄色に変色しているものは、乾燥作業を行う過程で水分が抜けきらなかったもので腐っていますので処分してくださいね。

 

にんにくの芽には、毒はなく食べることができますよ。

根元の硬い部分を切り落とすなど下処理を行うと、美味しく食べることができます。

スポンサーリンク

冷蔵庫で保存しているにんにくが臭い!対策方法は?

 

使いかけのにんにくを冷蔵庫で保存したら、臭くなったなんて経験ありますよね。

  • にんにくの臭いは、時間とともに変化する
  • にんにくは傷がつくと臭いを発生する

これらが原因です。

 

使いかけのにんにくは、一粒一粒ラップで包んでポリ袋に入れて保存する

丸ごと1個のにんにくは、新聞紙で包んでポリ袋に入れて保存する

 

この2つのことを徹底することで、消臭対策になりますよ。

とくに、新聞紙は消臭効果があるとされていますし、身近にあるものなのでぜひ活用してくださいね。

まとめ

今回のポイントは以下の5つです。

  • にんにくは冷蔵庫で保存できる
  • 丸ごと1個冷蔵保存は、賞味期限1ヶ月・使いかけの冷蔵保存は2週間
  • にんにくを日もちさせるためには冷凍保存がよい
  • 芯がない・悪臭がする・糸を引いているなどのにんにくは食べてはダメ
  • 冷蔵庫で保存する場合は、新聞紙に包む・ラップに包むを徹底する

 

にんにくはもともと保存がきく野菜ですが、保存方法を徹底することで、臭い移りを防ぎさらに日もちさせることが可能です。

にんにくを選ぶポイントなどもおさえて、賢く保存してみてください。

スポンサーリンク

関連記事はこちら!