2017年は仮想通貨元年と呼ばれるほど、ビットコインをはじめとした仮想通貨の認知度が増し、値上がりしました。

投資先の一つとしてビットコインなどの仮想通貨を取り入れる方も急増しました。

しかし、コンビニなどでビットコインを購入できるわけではありません。

今回主婦の私も仮想通貨を購入にチャレンジしてみましたが、購入するにあたり、最も障壁が高いのは、取引所で口座を開設することでした。

初めて開設するには、不安もつきものですよね。

そこで、今回は、テレビCMも流れ日本の取引所でもbitflyer(ビットフライヤー)と並んで有名である

コインチェック(coincheck)の開設方法

を紹介します。

スポンサーリンク

コインチェック(coincheck)の口座開設方法!

開設方法を、画像とともに説明していきます。

STEP(1)トップページを開く

出川さんがポーズを決めたページが、コインチェック(Coincheck)の公式HPのトップページとなっています。

公式HP:https://coincheck.com/ja/

 

Coincheck コインチェック

 

このトップページを見ると、ユーザー登録画面があります。

ここにメールアドレスと、お好みのパスワードを入力しましょう。

とくにこのパスワードは、忘れないよう控えておくように。

 

この時、Facebookのアカウントをお持ちの方ならば、そのアカウントで登録すると10秒という短い時間で簡単に登録することができます。

 

今回は、メールアドレスとパスワードで登録してみました。

STEP(2)メールが送信される

STEP①で登録したメールアドレスに、メールが届きます。

STEP(3)メールを確認

先ほど入力したメールアドレスにて、受信メールを確認してみましょう。

以下のようなメールが届きます。

コインチェック(coincheck)の開設方法の解説

この、届いたメールに表示されているURLをクリックします。

 

この時メールが届かなければ、先ほどの画面内にある「メールをもう一度送る」をクリックして、再度送信してもらうようにしましょう。

中には、迷惑フォルダに届いていることもありますので、メール受信が確認できない場合は、ここもチェックしてみることをオススメします。

STEP(4)本人確認書類提出画面が開く

先ほどのURLをクリックすると、以下のような画面(取引所のホームページ)が表示されます。

コインチェック(coincheck)の開設方法の解説

この表示にある「本人確認書類を提出する」をクリックして、提出しなければいけません。

本人確認書類は、銀行等でも提出を求められるものですが、Coincheck でも必要になります。

STEP(5)電話番号認証

「本人確認書類を提出」をクリックすると、以下のような電話番号認証画面が開きます。

 

ここで電話番号を入力すると、SMSに6桁の番号が送信されます。

この番号を次の画面で入力する必要がありますので、SMS受信可能な電話番号でなくてはなりません。

つまりは、固定電話だとこのメールを受け取ることができないのでNGです。

STEP(6)電話番号認証完了

電話番号の認証が完了すると、以下のようなページが表示されます。

次に、本人確認書類の提出です。

STEP(7)本人確認画面に進む

本人確認をクリックします。

コインチェック(coincheck)の開設方法の解

すると、次のような画面が表示されるので、□にチェックを入れる必要があります。

コインチェック(coincheck)の開設方法の解

STEP(8)各種承諾事項に同意

□にチェックを入れ、「承諾してサービスを利用する」をクリックすると、「各種重要事項に承諾済み」と表示されます。

コインチェック(coincheck)の開設方法の解

STEP(9)本人確認書類の提出物確認

以下のような画面が表示されます。

Coincheck コインチェック

注意事項をしっかり確認し、提出する必要があります。

STEP(10)空欄に入力

まず、以下の空欄に個人情報を入力しましょう。

コインチェック(coincheck)の開設方法の解

STEP(11)IDセルフィー画像のアップロード

本人確認ができる書類(下で説明)の画像(上記で入力した内容の合うもの)と、自分をいっしょに撮影します。

この時、ピントは自分ではなく、書類に合わせるようにしましょう。

コインチェック(coincheck)の開設方法の解

本人確認ができる書類は、

  • 運転免許証(裏面も)
  • パスポート(顔写真ページと住所ページ)
  • マイナンバーカード(表のみ)
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード(裏面も)
  • 特別永住者証明書(裏面も)

などがあります。

 

必要に応じて、表のみ、裏面も合わせた両面2枚の提出をしましょう。

全部を添付したら、「本人確認書類を提出する」をクリック。

ただし、これらすべてを提出し終わっても、すぐに本人確認が完了するわけではありません。

本人確認書類提出後、1〜2営業日待つ必要があります。

これらすべての確認が終わると、メールが届き登録完了です。

中には、書類の写りが悪く確認できないこともあり、その場合は再度撮り直して提出する必要があります。

公式HP:https://coincheck.com/ja/

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

最後に

今回はコインチェックの口座開設方法について、主婦の私が実際に登録しながら開設しました。

特別難しい審査などはなく、本人確認が取れるかどうかがポイントとなるので、それさえ用意できると入力して書類を添付するのみなので簡単です。

登録が完了すると、Coincheckですべての機能が利用することができるようになります。

本人確認ができないと、ホームページの閲覧やアフィリエイトの利用のみなので、ビットコインを購入するとなると個人情報を入力した登録が必要条件となるのです。

これでビットコインなどの仮想通貨を購入することができるようになったので、また買い方の記事なども追加していきたいと思います(*^_^*)

スポンサーリンク

関連記事はこちら!